メルマガ登録
 
2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
twitter
facebook

豊穣な不知火海

「う、うち、は、く、口が、良う、も、もとら、ん。案じ、加え、て聴いて、はいよ。う、海の上、は、ほ、ほん、に、よかった」

 水俣病は経済至上主義による不知火海沿岸住民の生活の侵略であり、ジェノサイドであった。筆舌に尽くしがたい苦しみと恨みを抱いて死んでいった水俣病患者と今なお理不尽な生と戦っている患者の存在は文明病の象徴である。

『苦海浄土』の筆者の石牟礼道子は今年2月亡くなった。詩を書くのが大好きだった彼女は水俣病と出会わなければ、平凡な主婦としてその一生を終えていたであろう。でも、石牟礼が語るように、彼女は語ることのできない死者や患者に捕まって、彼らの目に見えないもの、語り難いものを言葉で表現していった。

 水俣病の全貌はまだ解明されていないが、水俣病は近代化の醜い面を暴き出した。会社は原因が分かっていた排水を海に放出し続けた。行政はなかなか動こうとしなかった。市民は患者を辱め、差別し、忘れようとした。会社が潰れれば、水俣は黄昏の闇になるとチッソを擁護した。

 会社も行政もメディアも患者の病態のみに注視し、その魂には関心が向かない。私たちは群れると真実が見えなくなる。誰もが会社や行政の幹部であったならば、同じ振る舞いをしていたであろう。私たちはシステムの一員として存在しているからだ。何事でも真実を知りたければ、個になる必要がある。孤独を恐れてはならない。

 会社をモンスターにしたのは、私たちが豊かさと便利を求めているがためである。そういう意味では私たちはもう一人のチッソだった。

 患者の一部は激高し、「チッソの社長や幹部、さらにはその家族に工場廃液を飲ませて、水俣病にしてやる。同じ苦しみを味わわせてやる」と叫んだ、それは言ってはならない悪霊の言葉だった。無辜の民をここまで追いやった正体はいったい何なのか。冷静に見れば、社長も凡人で、普通の家族を持っているに過ぎない。けっして悪人ではない。

 患者は当たり前に生きることを閉ざされた。心を通わせて生きることを奪われた。たった一枚の桜の花びらを拾うのが患者の望みだった。苦しみと恨みに心を支配されていても、それでも彼らは「世界は美しい」と石牟礼に語らせた。

 石牟礼は豊穣で、美しい不知火海沿岸の人々を書き続けた。いのちの意味を問い続けた。生命、自然、歴史とのつながりを大切にしようとした。自然や患者とつながっていると感じた瞬間、人は他者に起こった出来事を我が事として考えるようになる。石牟礼が命を懸けた文学の意義はここにあったのではなかろうか。

 ある患者は「許すことにしました」と語る。「人を憎むのは心身によくない。チッソも私たちを蔑んだ人々も許します。全部引き受けます、私たちが」

 この人こそ、来世は観音様か仏様に生まれ変わるに違いない。

 「水俣病患者の存在が水俣を暗くしている」と嗤っていた看護婦たちは中年期になると、手の自由の効かなくなり、水俣被害者手帳を持つ羽目になろうとは想像だにしなかった。現在、水俣市民の50歳以上の半数以上は被害者手帳を持っている。水俣病は終わっていない。

「魚は天のくれらすもんでござす。天のくれらすもんを、ただで、わが要ると思うしことって、その日を暮らす。これより上の栄華のどこにゆけばあろうかい」

 水俣病発生の前の漁師の言葉である。私は水俣病患者のためにも、浄土であるこの世を一瞬たりとも無駄にせず生きていきたい。

 有機水銀を含んだヘドロの海を埋め立てた親水公園に立つと、恋路島の向こうに静かな八代海と天草の島々が見えた。八代海の底ではゆうひらと言う真水が海に栄養を与えていて、「魚湧く海」とも呼ばれている。そこには今でも美しい竜宮城が広がっているに違いない。(了)