メルマガ登録
 
2018年5月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
twitter
facebook

『蜘蛛の糸』その二

 或る日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池の縁を、独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は、みんな玉のように真っ白で、その真ん中にある金色の蕊からは、何とも云えない好い匂が、絶間なくあたりへ溢れて居ります。極楽は丁度朝なのでございましょう。
 やがて御釈迦様はその池の縁に御佇みになって、水の面を蔽っている蓮の葉の間から、ふと下の容子を御覧になりました。この極楽の蓮池の下は、丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます。
 するとその地獄の底に、犍陀多と云う男が一人、外の罪人と一緒に蠢いている姿が、御眼に止まりました。この犍陀多と云う男は、人を殺したり家に火をつけたり、いろいろ悪事を働いた大泥坊でございますが、それでもたった一つ、善い事を致した覚えがございます。と申しますのは、或時この男が深い林の中を通りますと、小さな蜘蛛が一匹、路ばたを這って行くのが見えました。そこで犍陀多は早速足を挙げて、踏み殺そうと致しましたが、「いや、いや、これも小さいながら、命あるものに違いない。その命を無暗にとると云う事は、いくら何でも可哀想だ」と、こう急に思い返して、とうとうその蜘蛛を殺さずに助けてやったからでございます。
 御釈迦様は地獄の容子を御覧になりながら、この犍陀多には蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました。そうしてそれだけの善い事をした報には、出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。幸、側を見ますと、翡翠のような色をした蓮の葉の上に、蜘蛛が一匹、美しい銀色の糸をかけて居ります。御釈迦様はその蜘蛛の糸をそっと御手に御取りになって、玉のような白蓮の間から、遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを御下しなさいました。
 こちらは地獄の底の血の池で、外の罪人と一緒に、浮いたり沈んだりしていた犍陀多でございます。何しろどちらを見ても、真っ暗で、たまにそのくら暗からぼんやり浮き上がっているものがあると思いますと、それは恐ろしい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。ここへ落ちて来る程の人間は、もうさまざまな地獄の責苦に疲れ果てて、泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。
 所が在時の事でございます。何気なく犍陀多が頭を挙げて、血の池の空を眺めますと、そのひっそりとした暗の中を、遠い遠い天上から、銀色の蜘蛛の糸が、まるで人目にかかるのを恐れるように、一筋細く光りながら、するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか。犍陀多はこれを見ると、思はず手を拍って喜びました。この糸に縋りついて、どこまでも登って行けば、きっと地獄から抜け出して、極楽へ入る事さえ出来ましょう。
 こう思いましたから犍陀多は、早速その蜘蛛の糸を両手でしっかりとつかみながら、一生懸命に上へ上へとたぐり登り始めました。しばらく登る中に、とうとう犍陀多もくたびれて、先一休み休むつもりで、糸の中途にぶら下がりながら、遥か下に眼を遣りました。
 すると、一生懸命に登った甲斐があって、さっきまで自分がいた血の池は、今ではもう暗の底に何時の間にか隠れて居ります。この分で登って行けば、地獄から抜け出せるかもしれません。所がふと気がつきますと、蜘蛛の糸の下の方には、数限もない罪人たちが、自分の登った後をつけて、まるで蟻の行列のように、やはり上へ上へ一心によじ登って来るではございませんか。驚いたのと恐ろしいのとで、暫くは唯、莫迦のように大きな口を開いた儘、眼ばかり動かして居りました。この細い蜘蛛の糸が、どうしてあれだけの人数の重みに堪える事が出来ましょう。もし萬一途中で断れたと致しましたら、肝腎な自分までも、元の地獄へ逆落しに落ちてしまはなければなりません。
 そこで犍陀多は登ってくる外の罪人どもに向かって、「この蜘蛛の糸は己のものだぞ、下りろ、下りろ」と大きな声を出して、喚きそうになりました。でも、ふと思い返してみることにしました。己独りでも断れるかもしれないか細い糸なのですから、大勢の人間がぶら下がっても似たようなものだろう。己独り助かっても仕方がない、切れて落ちるときはその時だと観念しました。そうして犍陀多は「お前たちもよくここまで登って来た。もう少しで責苦の地獄から抜け出して、極楽に辿り着けるかもしれない。助け合って登り続けようではないか」と檄を飛ばしました。すると蜘蛛の糸は瞬く間に鋼の綱に変わってしまうではありませんか。罪人たちは歓声を上げて喜びました。そうやって罪人どもは鋼の綱を手繰ってみな極楽まで登り詰めることが出来ました。
 御釈迦様は極楽の蓮池の縁に立って、この一部始終をじっと見ていらっしゃいました。罪人どもが底抜けに明るい顔をして極楽の地に立つのを待つまでもなく、嬉しそうな御顔をなさりながら、又ぶらぶら御歩きになり始めました。そしてこう呟かれました。「わしの役目は終わりを告げた。これで罪人どもは回心し、いなくなってしまった。もはや地獄は要らなくなったので、閉じることにしよう。現世も極楽のような過ごしやすい所となろう」
 蓮の花の金色の蕊からは、何とも云えない好い匂が、絶間なくあたりへ溢れて居ります。極楽はもう夕暮れ近くになったのでございましょう。

(2018年1月25日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)

読み込み中 ... 読み込み中 ...