メルマガ登録
 
2018年5月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
twitter
facebook

年賀状描き

 今日は九州でも今年最大の寒波が訪れ、スポーツクラブに筋トレに行った以外は家で過ごしました。寒いので、家に籠って年賀状描きがはかどるのは悪くはないですね。
 今年から絵を描くようになったため、年賀状はすべて水彩画を描くことに決めました。でも、1日頑張って描いても10枚に届くことはありません。それでも20日くらい続ければどうにか100枚くらいは描けるのではないかと思っています。同じような図柄は数枚に止めていますので、およそ20種くらいの絵を描くことになります。まだあまりうまく描けないのですが、それでも受け取った人に喜んでもらえるのではないかという期待を抱いて描いています。
 絵を描くようになって、世の中が美しく見えるようになりました。ホントです。今まで自然を観察するにしても、ただ美しいなと思っていたのですが、今ではこの自然を描くとしたらどのような構図にするか、どのようなタッチにするか、色彩はどう選ぶかと無意識のうちに考えています。自然観察がぐっと深まった感じです。人物でも同じです。特徴のある顔の方が描きやすいです。皺やほくろやシミがある方がそれを手掛かりに描けます。すると、本人に似て来るので不思議です。美人やイケメンは却って描くのが難しですね。これも絵を描くようになったために気付いたことです。
 今日は今まで最多の9枚の年賀状を描きました。自分で撮影した写真を元に描いたり、図書館で探した絵手紙のモデルを参考としたりしました。描いているときは緊張したり、少々辛かったりしますが、完成したものを見ると、きっと喜んでもらえると思えます。少しだけ苦労して描いた年賀状の方が印刷だけのものよりも好印象を与えることができるでしょう。
 年賀状で心を繋げていきたいです。どうですか、今年の年賀状は絵でも描きませんか。

(2017年12月14日、寺岡伸章)
12345 (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)

読み込み中 ... 読み込み中 ...