メルマガ登録
 
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
twitter
facebook

音楽、美術、体育

 中学校の教科のうち、国数英理社は主要5科目と言われ、音美体は付属的な能力科目と見なされてきた。主要科目ができる生徒が重宝され、受験戦争を勝ち抜き、社会のリーダーとして活躍する機会が与えられるのである。人生の成功を掴むうえで、これらの科目で高得点を得ないといけないのだと信じられてきている。実際に、高度知識社会においては、主要科目の高度な知識は不可欠なのだ。言語を自由に操る能力に加えて、論理的な発想ができないと、複雑に入り組んだ世界を分析、理解し、それを人々に伝え、説得することが難しい。

 発想を変えよう。主要科目の重要性は舶来主義に基づいているように思える。欧米に追いつくために、外来の知識を貪欲に吸収する必要があり、それの基礎学力として主要科目は重要だった。そう考えた方が主要科目重視の理由が分かりやすい。要は、日本文化を軽視し、先進国とされる欧米に追従するだけの国家戦略に沿った行為だったのではなかろうか。

 この戦略は富国強兵な国や物質的に豊かな国を作る上で、うまく機能したと考えられるが、このような浅はかな価値観に基づいて教育の理念が構築されているのだから、それらを優秀な成績で習得したエリートは日本人として優れた素養を備えているとは必ずしも言えないだろう。

 日本人として固有の文化を身に付けていない人物は底が浅くなる。早い話が、国の成り立ちに関わる神話を教え、日本書紀などの古典を読ませ、宗教的な修行を体験させることが必要と思う。政教分離を徹底するのが教育の基本であるという間違った発想の下で、自国の歴史や文化が軽視されている。歴史や文化は自国の独特な宗教と切り離すことは不可能である。政教分離という名の下で、自国を愛せない人々を作り出している。知識だけを詰め込む主要5科目重視には大きな疑問がある。

 主要科目の従属的な位置づけである、音楽、美術、体育の方が人間の本性に忠実であるように思う。小さい子どもを見れば分かるように、みんな歌って、絵を描いて、外で遊びまわることが大好きである。人間の本質に関わることだからだ。感性や人間性を磨くうえで、これらの能力や科目をもっと重視すべきと思う。創造性は感性と強く結びついていて、知識の量とは関係がない。創造性豊かな人間を作る上で、感性教育は非常に大切である。創造的なものは美しく、豊かな音色を持っている。身体が強く求めないものは魅力的でも、セクシーでもない。

 主要科目が得意でなく、これらの付属的な科目ができる生徒は先生から大切に扱われない。劣等感を持ったまま生きている生徒は少なくない。でも、このような能力を持つ生徒こそ大切にすべきと思う。
 現代社会は行き詰っている。人間を不安や不満から解放するためにも、人間に隠された能力を開拓することが大切である。お金や地位にとらわれない価値観を生み出そう。人間の能力は無限である。感性や身体性を駆使して、創造性のある人間を作り出していこう。

(2017年8月29日、寺岡伸章)
[ratings]