メルマガ登録
 
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
twitter
facebook

証言

 文科省の前川前事務次官が加計学園の獣医学部計画を巡り、「総理の意向」の文言が含まれた記録文書が存在していたと記者会見で証言した。松野文科相と文科省は文書の存在を否定しているので、真逆の主張となっている。どちらが本当か。誰が見ても、前川前次官の方だろう。

 前川前次官がなぜこのような証言をしたのかは分からない。薄弱な根拠で規制改革が行われ、公正であるべき行政の在り方が歪められたと述べているが、それが「捨て身」の覚悟で記者会見をした一番の理由と断定することはできないが、正義感の強い人だけに、そのような意向が強く働いたとも推察できる。
 今後の安倍政権の運営にどのような影響が生まれるか予測できないが、この記者会見で前川氏の天下りは完全になくなったと言える。天下り斡旋問題で引責辞任したが、ほとぼりが冷めれば、どこかに再就職先を見つけることができたはずだ。その可能性はなくなった。権力は冷徹である。許さないだろう。

 このような政権や政治家から行政への要請や場合によっては圧力とも受け取られかねないものがあるのが現実である。どの役所も役人もそれは避けられない現実として受け止め、その影響を極小化したり、時によってはそれを利用して組織を大きくしたり、あるいは自分の立身出世に利用したりしている。公正で公平な理想的な行政を行いたいと思っている役人にとっては辛く、耐えられないことになる。一方で、政治家の要請をうまく利用する役人にとってはうま味のあることとなる。政治家と役人は持ちつ持たれつの関係であるからだ。
 そういう意味では、今回の要請は特別のものではないのだが、前川前次官の個人的信念が突き動かし、行動に出たのだと思う。官邸に引責辞任を迫られたことに対する腹いせであるとは思わないし、ましてや安倍政権を揺るがすつもりもないだろう。正義の人なのだ。

 このような政治家と役人の関係はけっしてなくならない。それは民主主義の抱える欠点だからだ。政治家は選挙で勝たなければならないが、それには多くの国民から支持されることがマストだ。国民はマニフェストを読んで、より良い政治を行ってくれそうな候補者を選ぶものという前提があるが、実際は国民は自己の利益に叶う候補者に投票している。投票の見返りとして、政治家に行政に働きかけてもらいたいと考える国民がいてもおかしくはない。政治家の立場からすると、理想的な政治を行いたいと思いつつも、次の選挙に勝たないことには政治家のポストが維持できないので、しだいに国民や知人の要請に耳を傾けることになってしまう。民主主義の制度設計上、避けられないことだ。国民は聖人ではなく、政治家同様に欲望の塊だからだ。

 前川次官は総理の意向が記された文書の取り扱いを巡り、忸怩たる思いだった。そして、記者会見により政治と行政の関係が表面化したのだ。忸怩たる思いで仕事をやっているのは役人だけではあるまい。会社の社員も上司から道理に合わないことをやらされ、悩みながらも家族のためと我慢しながら生きている人も多かろう。多かれ少なかれ、世間で生きると言うのはそういうことなのだ。人々は常に板挟みの状態でもがき苦しんでいる。だからと言って、我慢できなかった前川前次官の証言を批判するつもりは毛頭ない。それは彼の人生の選択である。耐える人やそれを逆手にとって人生を乗り切る人もいるが、おかしい、許せないとして事実を告発する人もいる。どちらが正しい選択とは言い切れない。人生には多様な選択があっていいと思う。

 今年3月まで文科省職員の身分で文科省傘下の法人で働いていたわたしとしては、定年退職後再就職せず、そのような世間とは一線を画し、もっと自由で美しい生き方をすることに決めた。俗世間は煩わしい。
 資本主義は人間をお金の奴隷にしてしまうから嫌いだ。民主主義は政治家を劣化させるから嫌いだ。でも、資本主義も民主主義もなくてはならないシステムなのだ。それが現実だ。
 ただし、その現実を一皮めくると、異なった様相をしたリアリティ(実存)が立ち上がるのではないかと一縷の望みを抱いている。そのヒントは、芸術であり、旅であり、人々の絆である。これらを通じて、世間と関りをもって生活をしつつも、生き甲斐を感じられれば、地球上で生きていける。その可能性に挑戦をしたい。

 スペイン巡礼の旅まで1週間になった。心の半分は日本にない。どのような出来事があり、出会いがあるか不安と期待が入り混じっている。これも人生のダイナミックである。

(2017年5月26日、寺岡伸章)
12345 (3 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)

読み込み中 ... 読み込み中 ...