メルマガ登録
 
2018年6月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
twitter
facebook

自画像

 自分を見詰めるのは辛い。現代の生活は忙しいため、1日のうちで何をやるかに関心が行き、自分の心や精神状態を詳細に観察することはあまりやらない。おしゃれするとき以外は、自分の顔さえ観賞の対象にならない。どのような顔色なのか、内面がどのように表情に現れているかは快適に生きる上で非常に重要なはずだが、そこまで意識して顔を覗くことはあまりない。せいぜい、老けたな、疲れているなと思うくらいだ。心の有り様がその人の幸福度を決定するはずなのだが、幸福度の尺度は定量化されたお金や地位に還元され、顧みられることはない。もっと自分について考える時間帯が多くてもよかろう。

 絵画を描き始めると、風景画や静物画に着手するのが普通なのだが、自画像に面と向かう初心者はあまりいない。自分の顔を描くのは恥ずかしいからなのだが、それは日ごろ慣れていないことをしたくないという気持ちが浮かぶからだろう。さらに言えば、自画像は知らず知らず自分の知らない自分が描き出されるリスクもある。素っ裸で公衆の面前に立ちたくないというのと同じで、内面を曝したくないという気持ちが働く。プライバシーとして隠したがる。だから、自画像は避けられる嫌いがある。でも、自画像に挑戦し続けてきた画家は少なくない。自分をうまく描けなくして、風景や事物を描けるはずはないという思いがあるのではなかろうか。

 自画像と言えば、ゴッホを思い出すが、彼はじつに多くの自画像を描いている。本人は悪戦苦闘して、様々な自画像に挑戦したのかもしれないが、発想を変えてみると、それらのどの絵が本人を忠実に表現しているのだろうか。ゴッホは自分の真実の姿を描いたものだけを追及したのだろうか。それは違うような気がする。
 自分自身はじつに多面的なのだ。昨日の自分と今日の自分は異なる。対人関係でも誰に接しているかで、気持ちや態度がずいぶん違ってくる。それは自分を飾っているからではなく、自分の中の自分を演じているにすぎない。世間で演じられた自分もまた真実の断面なのである。
 そうなのだ、自分は唯一絶対の存在ではなく、つねに揺らいでいる。科学の先端を紹介するまでもなく、揺らぎは人間だけではなく、生物の本質でもある。生物界は多様であるように、人間個人もまた多様であるのだ。個人は固定された存在ではなく、ダイナミックにかつ自在に変貌する存在であるのだ。それは個人に対して分人とも呼べるかもしれない。

 現代社会はストレスが多く、精神の疾患で悩む人は少なくない。人々は最大のパフォーマンスを上げることを常に求められ、その結果によって評価されている。動機や心の状態に関わらず、外に現れた業績で個人の価値が定められる傾向にある。外面と心の間で人は悩み、バランスが崩れると病気になる。自分はダメな奴だと責め続ける人もいる。
 本当はそんなことはない。会社の自分は一人の自分でしかないし、家族の中の自分、運動を楽しんでいる自分、
友と酒を飲んでいる自分、読書や思索をしている自分、神々に祈りを捧げている自分など自分はじつに多彩である。自分は多くの自分(これを分人と呼ぶ)の集合体である。一つの分人がうまく行かなくても、別の分人が活躍することもある。すべての分人で満足する業績を挙げることは不可能に近い。
 そんな個人の構造が理解できるだけで、心の負担がずいぶん軽減されるにちがいない。

 人生は深い。単純ではない。自分を今一度見つめ直そう。

(2017年5月25日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)

読み込み中 ... 読み込み中 ...