メルマガ登録
 
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
twitter
facebook

梅酒作り

 我が家の庭の梅木が青い実を実らせたので、梅酒を作ろうかと思い立った。さっそく、脚立を小屋から取り出して来て、青梅を収穫した。思ったほどにはなっておらず、1.4キロの重量にしかならなかった。少し気落ちしたが、それでも、梅酒の作り方が書かれたものを探し出し、それに従って作業することにした。
 用意するものは、青梅1.5キロ、氷砂糖1.2キロ、35度の焼酎1.8キロ、広口瓶4㍑用とある。広口瓶は母が使っていたのが家にあるので、さっそく氷砂糖と焼酎を買いにスーパーにでかけた。午前中ということもあり、スーパーには男性客はほとんど見かけない。季節がらか、スーパーの入口付近に、氷砂糖と焼酎と青梅が置かれている。私の場合、青海は収穫済みなので、それ以外のものを買って帰宅した。

 まず、広口瓶に氷砂糖と焼酎を入れて、振って氷砂糖を溶かし込もうとしたのだが、氷砂糖は簡単には溶けてくれない。何回も振るのだが、少しずつしか粒は小さくなってくれない。結局、暇を見つけては終日振ったのだが、その日のうちには溶けてなくならなかった。一方、青梅の方は梅の成分が出やすいように、フォークの先で所々穴をあけた。慣れない手つきで、怪我を警戒しながらやったので、少々手が疲れた。

 明日になると、氷砂糖が溶け込んだ焼酎の中に青梅を入れ、密閉することにする。
 参考書によると、5日くらいすると梅の実は浮かんできて、2週間くらいで梅は水分を出してしぼんで梅干のようになるそうだ。1か月でアメ色になり、3か月で飲めるようになると書いてある。取り出した梅の果肉は食べられるが、食べた後の種を割って、中の種核を元の梅酒の瓶に入れておくと、香りも一層しみ出して美味しくなるという。種核に含まれるアミグダリンは薬効が大きいともいう。

 料理はすべて家内任せで来たのだが、こうやって初めて梅酒を作ると、出来栄えが楽しみである。小さいころ、母が作った梅酒を美味しくいただいたが、健康な身体を作るのに大いに役立ったのかもしれない。今更ながら、感謝するしだいだ。
 梅酒は健康に良いとして、ブームの感があるが、地元で摂れるものを食するというのは身体に良いと思う。いたずらに、海外から輸入した食品に飛びつくのはどうかとも思う。
 地元のものは水でも食品でも人でも、その人に合っているのだ。急激なグローバル化は慎まなければならないのではなかろうか。
 自家製の梅酒を飲めるまでの3か月がじつに待ち遠しい。

(2017年5月24日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)

読み込み中 ... 読み込み中 ...