メルマガ登録
 
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
twitter
facebook

絵は人の目を欺くこと

 デッサンを始めて数か月になるが、思うように描けないのがもどかしい。自分の絵が稚拙で想像性がないように思えてくる。それでも、また描きたくなる。対象は何でもよい。時計でも、財布でも、ワインのボトルでも、花きでも、写真の顔でもいいのだ。目に見えるものであれば、何でも構わない。うまくいくかどうかは別して、形を描くことにより、それに生命を吹き込めばいいだけの話だ。

 絵を描くときは集中し、細部を疎かにしないように努めるのだが、まだ技術が未熟なため鉛筆が思うように動いてくれない。花弁の曲線がどうも本物と違っている。消しゴムで消して、再度描いてもあまり似ていない。ストレスが溜まる。こうゆうことを繰り返していると、だんだん全体像が浮き上がってくる。そうすると、B3の鉛筆でもう一度全体の輪郭を描き、再び細部に戻っていく。輪郭を忠実に再現したり、今まで気が付かなかった陰影を探り出して、そこを強調する。自分にしか分からない発見で小躍りする。
 小休止だ。スケッチブックに目を近づけて観察すると、鉛筆の線が弱々しく、生きていないのに落胆する。なぜこうなのだろうか。経験が不足しているためで、繰り返し描くことで上達するものだろうか。
 今度は少し離れたところから見てみる。近くで見えた絵とは異なる表情を見せてくれる。意外にいいじゃないかと嬉しくなることがある。昨夜は海に浮かぶ帆船を描いたが、海面が本物のように感じられる。近くでは死んでいたのだが、遠くでは海が生き返っている。なぜこのようなことが起こるのだろうか。わたしの技量が低いのは前提として認めるのだが、作者が描いた絵は観察者によって再構築されるような気がする。画家は必死になって描き込むだけだ。ところが、観察者の脳裏には今まで経験した海の情景が詰まっていて、それを刺激し思い起こさせるのではないのか。絵はその触媒に過ぎない。その人の海への憧れが強いほどそこに描かれた絵は生き生きしてくる。まさに、絵を鑑賞するということは作者と観察者の共同作業のような気がする。自分の絵は自分で考えるほど下手ではないのではないか。もちろん自惚れてはいけないが、そのような観点も存在するということも忘れてはいけないように思う。
 観察者と被観察者の関係は先端科学の世界でも解明されていない、物事の真理はそれらの関係性で決定されるのだろう。そう考えると、作者がやらねばならないことはただ一つ。魂を込めて絵を描くことだ。生命が宿れば、絵は永遠に生き続け、観察者を感動させるのではないか。希望を持って立ち向かうしかない。

(2017年5月20日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)

読み込み中 ... 読み込み中 ...