メルマガ登録
 
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
twitter
facebook

子には親孝行をさせろ

 孫は可愛い。でも、可愛いからと言って、いつもお小遣いばかりやっていては、本人はそれが当たり前と思うようになり、仕事を真面目にやらなくなる。職に就いても、苦しいことがあるとすぐに辞めてしまう人間になる。世の中はカネ次第という誤った考え方に憑りつかれる。人間として堕落してしまうのだ。お金を渡す方も感謝されず、資産を食いつぶしてしまうことになる。踏んだり蹴ったりだ。このような例は身近なところにいくらでも転がっているのだが、それが繰り返されるのは何とも悲しいことだ。

 親孝行は死語になりつつあるように見受けられるが、けっしてそうあってはならない。この世に生を受け、大切に育てられ、大人になったのは誰のお蔭なのか。そのような基本的なことが理解できずに、世の複雑な人間関係を乗り切れるはずがない。世間での成功を獲得できない。親の恩に報いることは、人間の基本である。
 先輩・後輩、上司・部下、同僚、顧客などの関係をスムーズにこなさなければ、問題を引き起こし、苦境に陥ってしまう。親孝行をすることによって、人の細かい感情を会得できるようになり、他人の気持ちを推察することができるようになる。

 親孝行と言っても、年に一回帰郷したり、お小遣いを送ったりする程度だ。でも、それが大事である。会えば分かることが多い。親はまた年を取ったなと、あの強かった親はどこに行ったのだろうかと、悲しくまた複雑な気持ちになる。数万円のお小遣いでも仕送りすることは大変である。自分の子育てや遊ぶためのお金を削ってそれらの金額を捻りださなければならない。経済的な痛みを伴うが、それでも親への報いをしようとする者は心が豊かになる。人間にとって大切なことが分かってくるのだ。お金を大切に使うようになり、身近な人の気持ちを忖度する能力が身に付き、周囲から信頼と尊敬を得るようになる。人生を進む上で、障害が少なくなり、道が開けるのだ。
 逆に親を大切にしない者は人の心情が理解できず、いつも衝突ばかり繰り返すようになる。毎日が競争と苦境の連続だ。本人はそのような苦しみこそが人生だと思っているのだが、無駄な心労と言うほかはない。ご苦労なことだ。人生はもっと愉快で楽しいはずなのだが、本人はそれに気づかず、孤独なままで死んでいく。救われない哀れな奴だ。

 子どもを立派に育てたいのならば、親孝行をさせることだ。親孝行は親のためではなく、自分が成長するためのものだ。勘違いしてはならない。自分への投資のために親に仕送りをするのだ。これが分かっていなければ、どんなに読書を重ねようとも、どんなに残業しようとも得られるものは少ない。度を過ぎれば、身体かまたは精神を壊してしまうことになる。
 子どもの修練のために親孝行を強制しなければならない。それができて初めて子育て作業の完成なのだ。子どもが親の元から飛び立つ瞬間なのだ。

(2017年5月19日、寺岡伸章)
12345 (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)

読み込み中 ... 読み込み中 ...