メルマガ登録
 
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
twitter
facebook

野性味

 日本の教育に欠けているものは野性味と思う。教室の中で教師の教えることを素直に学び、多く記憶できた生徒が優秀とされ、社会のリーダーとなっていく。教科書で扱われる知識は整理された過去のものばかりだ。きれいにまとめあげられた知識は人工的で退屈でさえある。これらを素直に学ぼうと言う生徒は忍耐力があるにちがいないが、独創的であるとは限らない。
 そもそも人間の営みは過去においても未来でも、うまく説明できないものが多い。知識として体系化されているのは、無理にある価値観で押し込められているものであり、生き生きしたものではない。自分の人生を切り開く価値観は思考実験や失敗を繰り返しながらも、自ら学んでいくしかない。それが役に立つ知識なのだ。人間関係を如何に解決していくかといった大切なことは、教室で教えられることはない。それは知識体系にまとめられないほど複雑怪奇であるからである。心が躍る重要なものほど知識になりにくい。死んでしまい役に立たない過去のものほど知識になり、教えることが容易である。

 教室を飛び出して、街に出よう。さらに郊外に行き、自然と触れ合おう。
 山奥に行けば、神々やご先祖様にも巡り合うことができる。教室の外はリアルな世界だ。そこは実践の場であり、活躍の戦場でもある。人は世間に出て、能力を発揮し、実績を積み重ねていく。各自いろいろな人々と出会いながら、人生を築いていく。人々の信頼を勝ち取るのは知識の豊富さや学齢ではなく、諸問題を解決していく上で役に立つ、生きている知見や経験を所有しているかどうかである。心に響く納得感がなければ、その人に付いていかない。それらの知見や経験は世間や自然から直接学んでいくしかない。その世間の中には尊敬できる先生や先輩や上司も含まれるため、人生の初期の段階でそのような人々に巡り合ったかどうかが大きく影響してくる。大切なものは個人レッスンを通じて教えられる。自然も頭で学ぶものではなく、体感するものである。
 平坦なトラックを速く走れることよりも、舗装されていない傾斜のある野山を着実に走れる方が大切だ。温水プールで速く泳ぐよりも、海や河川の激流の中を溺れずに泳ぐことで多くのことを学べる。自然は偉大な教師である。

 自然の中で鍛えなければ健全な危機感は身に付かない。自然は恵みを与えてくれるだけでなく、脅威を及ぼし生命を危険に陥れる。世間も同じだ。常にリスクと背中合わせである。計算や思惑通りに事が進む可能性はほとんどない。
 人間が文明化される前から生得している「野性味」を活性化することがリスクを回避させる。知識の底に横たわる真実の海の存在を感知し、それを理解することが重要である。その野性味を身に付けないことには困難を乗り越えられない。きつくなると、安易な道を選んでしまわないようにしなければならない。プレッシャー下でも、頭をフルに働かせ、アイデアを生み出していく強靭な精神力が欲しい。
 帳簿を操作し、見せかけの利益を生み出そうとする幹部は会社に要らない。消え失せろ。外部に発散されるエネルギーだけがぎらついているが、もっともらしい政策を振りかざすも知的戦略性に乏しい政治家は議会から去れ。君たちはリーダーになる資格はない。

 ニッポンはどこで人材を育てる道を誤ってしまったのだろうか。野生的思考が大切だ。ヨットから蹴落とされても、這い上がってくる逞しい者が求められている。知識や学歴が豊富でも、ひ弱で体力のない指導者は必要がない。
 野性味こそ求められている。

(2017年5月8日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)

読み込み中 ... 読み込み中 ...