メルマガ登録
 
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
twitter
facebook

庭木の剪定

 母が亡くなって数年間、実家は空き家であったため、70坪程度の庭の樹木は茫々と茂っている。野性味があって逞しいとも言えるが、なんだか品がないようにも見えてしまう。やはり、少しでも人間の手をかけて住人の品格に相当する庭木にはしたいものである。
 庭師に依頼するということも考えたが、無収入の身でもあり、時間もあることからここは新たに経験をしてみることにした。やってみると意外に面白いかもしれない。

 さっそく剪定ハサミとノコギリを新調し、勝手に天に向かって伸びていた庭木の手入れをすることにした。脚立は小屋に収納されていた古いものを使用した。慣れない作業で落ちてしまうと、大けがをするので、無理をして手を伸ばさないように注意した。高いところは散髪されていない。
 初日は30分、翌日は1時間と増やしていったが、さしあたり作業を終えるのに5日間もかかってしまった。でも、面白かった。来年いた今秋もやってみようと思う。大げさに言えば、芸術作品を作っているようなもので、単純に枝葉が短くなったというのではなく、各々の木が散髪をしてスッキリした紳士淑女になったのではないかとも思えないこともない。わたしの腕は超初心者なのだから、刈り損ないが多いのだが、それでも超自然な頭髪よりもましなような気がする。

 ノコギリも剪定ハサミも新しいせいか、切れ味は鋭い。容易に刈れるので、面白くなり、つい刈り過ぎはしないかと気になったが、プロの庭師の仕事を思い起こしてみると、徹底して刈り込んでいたように思える。生前の母は刈りすぎでみっともないと愚痴をこぼしていたのを思い出す。そんなことを思い出しながら、ノコギリとハサミはぐいぐいと仕事をしていく。予想以上に刈り込みのスピードが速い。なんだか子どもが彫刻刀を与えられて、木版を熱心に彫っているような気分になった。
 枝葉が削ぎ落されたので、視野も開けてきた。木々が空間を争うように占拠していたが、勢力範囲が決められて落ち着きを取り戻したようだ。おそらく自己満足だろうが、庭も生き返ったように感じられる。蝶にも気に入られたのか、どこからか数匹が飛んできて、庭で羽を休めている。疲れもあまり感じずに楽しい初体験だった。

 剪定作業の3日目が過ぎたころ、親戚の伯母さんが急いでやってきて、「家屋の南側に植えられた樹木は切るな」とわたしに注意した。家屋や庭木に手を入れるべき季節は決められているため、それに背くと、神々の怒りを買うというのだ。5月は北側と東側の庭木に手を入れ、南側は9月に回せと真顔で忠告された。祟りは恐ろしいとまで言われた。親父が56歳の時急死したのは、家の改築が終わってからすぐだった。やるべき時期を間違えたために、悪い結果を招いたのだと諭された。その因果関係を科学的に探求することはできないが、無理に実行するよりも、ここは話を受け入れた方がよいと思った。南側の樹木はほとんど終わっていたが、残りの作業は9月以降に回すことにした。土地の神様を鎮めるため、塩を庭に撒いて清めた。
 わたしの剪定作業に気が付いた、隣の畑で農作業をしていた農家の方が獲れたばかりの玉ねぎをくれた。急がずにぼちぼちやって下さいと言われた。その言葉の意味は身に沁みてよく分かる。何事にもリズムがあるのだ。必要以上に急いだりすると、怪我や病気など不測の事態を招くことになりやすい。大事なことは急ぐべからず。自然のリズムに合わせて動けばいいのだ。

 こうやって、庭の剪定作業は無事に終わった。仕事や義務としてではなく、庭をいじりつつ自然と一体になろうという試みはスタートしたと思う。田舎生活の魅力は自然や神々や人々との共存である。新しい生活はうまくいっている。今後の展開が楽しみである。

(2017年4月25日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)

読み込み中 ... 読み込み中 ...