メルマガ登録
 
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
twitter
facebook

42年ぶりの帰郷

 高校を卒業し「東へと向かう列車」に乗って、東京に到着して42年が経過した。大学生活を経て国家公務員としての任務を定年退職まで全うし、妻とともに故郷の八代に帰郷した。二人の子どもは横浜と東京で職を得ているのでバトンタッチのような恰好になった。現役世代は何かと大変だが、困難な事態を乗り越えて行って欲しいと思う。

 八代に帰郷すると、新しい生活パターンを作る以前に、やらなければならないことが少なくない。引越し翌日には市役所に行って、転入届と国民保険への加入手続きを行った。近所と親戚・知人への挨拶回りには5日間ほどかかった。みんな大歓迎してくれたのは素直に嬉しかった。ハグしてくれたおばちゃまもいた。

 実家は母の死後、数年空き家になっていたので、住めるようになるために少し整備をしなければならない。風呂を沸かすボイラーは火花を散らすトランスが作動しないため交換しなければならず、灯油も補給してもらわなければならない。業者さんに電話するとすぐにやってきてくれたのは快適だ。玄関は熊本地震で歪み、鍵がかからなくなっていた。改築している近所に挨拶に行ったときにそのことに触れると、そこで働いている大工さんを呼んで修理してもらった。代金は受け取らない。地方の新聞を購読しようと販売店に電話するとその日の夕刊から投かんされ、さらにこちらから何も言わなくても、一週間はお試し購読で無料にしてもらった。
 地域コミュニティは健全なようだ。回覧板が回る地域は11戸なのだが、12戸目に加えてもらった。世話役の方は何か困ったことがないかと様子を見に来てくれた。ゴミ捨ての日にちと場所を丁寧に教えてもらった。

 地域コミュニティ活動の一環として、スポーツや芸術も活発に行っている。会費も格安である。わたしは美術クラブに関心を示し、見学させていただいたが、指導者の方々は地元の方言で優しく説明してくれた。屈託がないのが好印象だ。

 移動の足を確保すべく自動車が欲しいと挨拶回りの際に話題に出すと、ここなら安くしてくれるというオファーが2件寄せられた。トヨタ系とホンダ系だった。また、古くなった実家をリフォームしたいと話すと、こちらも2か所からいい大工さんがいると紹介された。二股をかけないように注意しなくてはならないが、周囲の人たちが気にかけてくれているので快適である。大きなお世話ではなく、小さな親切のほどよい距離間が頼まれているように思える。いい人ばかりに会っているようで、ビジネス中心のギスギスした東京とは別の国にやってきたような気分になる。

 知人からわたしに是非会いたいという人がいると言われ、車に乗せられて出かけてみると、連れていかれたところは市長経験者の会社だった。要件は、4か月後の市長選の候補者が見つからず困っているが、地元の13万人のために汗をかいてみないかという打診だった。現職の市長は市民にも役人にも人気がないため選挙で勝てるかもしれないが、行政や政治の世界で地方貢献するのは「古い発想」と考えているため、その場で断った。政治や経済は市民の生活に大きく影響するが、人間はそのような次元のみで生きているわけではない。モノよりも健康や心や自然の豊かさをもっと重視すべきである。政治は40歳代の若い世代に任せ、我々熟年世代は唯心論の世界を率先して切り拓くべきだと思う。
 この件を除けば、まことに清々しい帰郷となった。

(2017年4月13日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)

読み込み中 ... 読み込み中 ...