メルマガ登録
 
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
twitter
facebook

悠々自適

 いよいろ定年退職後の自由な生活を満喫できるときがやってきた。今まで組織の枠組みの中に閉じ込められたり、勘違い上司や訳の分からない部下に悩まされながら(相手も同じことを考えていたと思うのでお互い様だが)仕事をやってきたのだが、これからは自分の時間を好きなように使うことができる。何をなってもいいし、何もやらなくてもいい。褒められることも、叱られることもない。主人公は自分であるし、評価者も自分なのだ。世界は自分を中心に廻っているのだ。解放感を満喫したい。

 最初の月曜日がやってきた。早朝6時前に起き、NHKのテレビとラジオの語学学習からスタートだ。英語と中国語にブラッシュアップをかけ、さらにスペイン語、フランス語などに挑戦し、その成果を現地で確認したい。時間はあるので、格安の海外貧乏旅行を楽しむためにも外国語は必須である。夢は地球を駆け巡る。

 語学番組が終わると、荒川沿いの徒歩だ。いつもの約14キロコースをできるだけ速いスピードで歩くのだ。平日のため、散歩していたり、ジョギングしている人はやはり少ない。本格的な春で気温も上昇し、汗が出る。競歩の講習会に参加した成果のためか、2時間を切るスピードで帰宅した。平均時速7キロ超に大満足。途中のトップスピードは時速8キロを超えていた。フォームが安定してくればもっと速く歩けるようになるだろう。どこまでいけるか楽しみである。

 帰宅後、国民保険加入と転出手続きのために妻と区役所に出かけた。4月最初の月曜日とあって大変混雑している。年寄りがやたら多い。仕事を辞めたのだから、今後どこに行っても年配者ばかり見かけるようになるだろう。2月に参加した熊本城マラソン大会では周りの選手は若い人ばかりで、違和感を覚えたのを思い出す。42キロも走るというのに、若者はみんな笑ってはしゃいでいた。それが若さというものだろう。でも、区役所では笑い声はどこからも聞こえない。
 結局、手続きが完了するまで2時間もかかった。時間はいくらでもあるからと言っても2時間はかかりすぎる。ITの時代にどうにかならないものかと思うのだが、現状を変えたがらない役所だから変化は期待できないかもしれない。政府や地方自治体の業務が効率化する国が繁栄を勝ち取ることになるだろう。新興国は一発逆転を狙っているような気がする。日本は他の先進国とともに没落するのだろうか。

 自宅に戻ると、引っ越しのための資料の整理が待っている。ほとんどはゴミ箱行きなのだが、中には対応しなければならないものを発見する。住居変更手続きがまだやってなかったり、定年退職の挨拶をやっていなかった知人も思い出す。さっそく、電話をかけたり、メールを出したりする。時間はあっという間に過ぎるというが、それは過去を詳しく思い出せないからだと思う。古い資料を読んでいると、よくもまあこんなに多くことをやってきたものだと感心させられる。さまざま活動に参加したり、多様な人々と会ってきたのだ。名刺やハガキを見ても、顔を思い出せない人がいるのは少し寂しいような気がする。相手はこちらのことを覚えているのだろうか。もしそうであれば、申し訳ない気持ちが湧いてくる。名前を忘れないように、もっと丁寧に人と接するべきなのかもしれないと思う。

 その作業が終わると、近くの区民センターのプールにでかけた。プール利用のプリぺードカードの残高が少し残っていたので、それを使いたかった。収入がなくなったのだから、節約を習慣化しなければならない。50分プールで泳いだのだが、昨日に次ぐ連日のスイムのため肩のあたりに疲労がまだ残っている。途中で上がろうかと思ったが、外は雷が鳴り豪雨のようだ。傘を持ってきていなのだから、外出はできない。しかたなく、プールの中で泳ぎ続けた。平日と大雨のため泳ぎに来ている人はほとんどいない。1コースを完全に独占できた。相手の泳ぎのペースに合わせる必要がないので楽ちんである。

 市民プールを出たところで、傘を持って迎えに来た妻に出くわした。そのころには雨はほとんど止んでいて、二人で苦笑した。せっかくだから、セリ鍋でも食べに行こうかという意見で一致した。知り合いのお店で、別れを惜しんでお酒を飲まされ、競歩とスイムの疲れも相まって、酔ってしまった。でも、セリ鍋は美味しかった。健康的な食事だった。帰宅後は風呂に入るとすぐに布団に潜り込んだ。これが記念すべき1日目だった。

 2日目の火曜日も早起きして、NHKの語学番組を視聴した。朝食後、引っ越しのためにノコギリを使ってテーブルや椅子の解体を始めた。バラバラにして廃棄するのである。ノコギリを使うのは久しぶりのため当初うまく切れなかったが、慣れてくれば面白い。それでも、額に汗が噴き出てくる。休み休みやらないと息が上がってしまう。何事もゆっくり着実にやることに限る。午前10時には一通りの作業を終えた。

 外出だ。まず、歩いて40分の距離にある六義園に向かった。シダレザクラを鑑賞するためだ。昨年は大混雑のなかでライトアップされた大木の桜を楽しんだのだが、今年は空いている時、昼間の桜を見たかった。でも、平日と言うのに入場まで10分待ちの人出だ。ここも年寄りばかりだ。若い人は仕事をしているのだからいないのは仕方ないが。シダレザクラは7、8割咲きというところか。でも、満足した。

 本郷通り沿いにも多くの桜の木が植わっている。それらを楽しみながら、東大総合研究博物館を目指した。東大の先生たちが研究で採集したものを集め、展示してあった。欲を言えば、日本を代表する大学にしてはコレクションが貧弱なように思える。お金がないというのはコレクションに即反映されるのだろう。

 歩き続ける。後楽園を経て、靖国神社でお参りして、桜の名所の千鳥ヶ淵に到着した。ここも人でごった返していた。少々疲れる。時間を見計らって、「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)」のセミナー会場に向かう。
 米国がTPP交渉から脱落したため、米国が含まれていないRCEPの行方が注目されている。今年はASEAN創立50周年ということもあり、一気に交渉がまとまるのか、それともグローバル化や自由貿易のブームが一段落しているため、継続交渉になるのか気がかりなところだ。米国はRCEPは中国主導の枠組みと考えているため、まとまって欲しくないだろう。
 今日のセミナーはセミクローズドで、講師は経済産業省の交渉担当官ということもあり、面白いことが聞けるかと興味を持った。講演後、交渉の内容について鋭い質問が飛ぶのだが、講師はその内容を詳細に語ることはなかった。そのため、質問は細切れになり、仕舞いには予定よりも40分早くセミナーは終わった。役人の立場では、国家間の交渉事であるため、日本の戦略も含めて多くを語ることは許されていないのだろう。でも、質疑応答のやりとりから判断すると、今年中の合意は困難だという印象を強く受けた。米国政府は安心だろう。

 セミナー会場を後にすると、徒歩で王子の賃貸住宅まで戻った。2時間近くかかった。夕食は引っ越し準備のため調理できないので、近くのレストランで食べることにした。わたしはトンカツ定食を注文し、妻はカツ煮定食を食べた。カツ煮は味が濃い過ぎたそうだ。

 明日の朝食をセブンイレブンで買って帰宅した。万歩計は3万7千歩を示していた。毎日3万歩をクリアする予定だが、3万7千は少し多すぎたようだ。風呂に入ると、睡魔に襲われ8時30分に寝てしまった。

 今日も少し頑張り過ぎたかもしれない。これでは仕事をしていた方が楽だなと苦笑してしまった。

(2017年4月5日、寺岡伸章)
12345 (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)

読み込み中 ... 読み込み中 ...