メルマガ登録
 
2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
twitter
facebook

怠惰なサムライ

 日本の大学の世界ランキングは発表の度に、低下が続いている。アジアの大学の中でもトップ100に入るのは前年より2校減って、7校になった。このようなランキングが発表されると、国内の大学から評価指標がシンガポールやマレーシアのような英語教育圏に有利になるように偏っているという批判が聞こえてくる。英語でなく母国語の日本語で高等教育を行っているのは自国文化の高さであり、もしろそれを誇りにすべきであるという根強い議論がある。その結果留学生数や外国人教員が少なくなり、ひいてはアングロサクソン系の評価指標では実力よりも低く位置付けられるというのだ。また、仮に教育で負けていても、ノーベル賞学者数で明らかなように、研究レベルではアジアどころか、世界のトップクラスにあると胸を張る。
 しかし、最近、北京大学や清華大学のような非英語圏の大学に抜かれると、今度は中国はお金があるから教育も研究も何でもできるが、日本はお金がないことがネックになっていると言い直す。巧みな負け惜しみばかり並べ立てている。敗北をけっして認めようとしないのが日本人の最大の欠点になっている。

 中国の大学に限らず、シンガポールやマレーシアの大学はもっとも斬新的な発想に基づいて21世紀にあり得べき大学を真剣に模索してきた。奨学金を出して周辺国から優秀な学生を招き寄せたり、世界中の優秀な研究者を掻き集めたり、ネットを介した米国の有名大学の授業受信などの施策を次々と打ち出してきた。また、文理融合のみでなく芸術の知識も含めた総合的な知見を持つ学生の育成、西洋科学のみでなくアジアの思想も併せ持った人材の養成にも取り組んできている。縦割りの学問の弊害をいち早く察知し、果敢にチャレンジしているのである。

 一方の日本の大学は旧態依然とした組織や運営に閉じ籠もり、世界の潮流から大きく取り残されようとしている。学者も学生も発想が内向きになり、未来を見据えたチャレンジを怠っている。そのような不作為の結果が世界の大学ランキングの低下を招いていると気がついていない。あるいは見ようとしていない。ガラパゴス化が甚だしい。

 明治維新は海外の事情に詳しい開明的な野心的な人々が改革を進めた。当時日本は新興国であったのだから、そのようなエネルギーが内部から吹き出してきたのだろう。現在、そのような新しい時代のうねりはアジアの新興国から起こっている。日本の大学は老大国のそれである。先進的なアイデアや独創的な発想がリスクが大きいと見做されて、敬遠されている。誰もリスクを取りたがらないからだ。

 勤勉で素直なサムライはいったいどこに行ってしまったのだろうか。

(2017年3月21日、寺岡伸章)
12345 (3 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)

読み込み中 ... 読み込み中 ...