メルマガ登録
 
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
twitter
facebook

博士課程に進学しないワケ

 周辺国がきな臭くなっているなかで、日本が生き残っていくためには、安全保障でも経済活動においても科学技術力に頼らないといけないのは明白だが、残念ながら国際社会における日本の研究開発力は目に見えて低下している。主な原因は二つだ。
 一つは他国が積極的に研究開発費を増加させているなかで、日本のみがほとんど増加させていないという現実だ。もう一つは優秀な学生が科学者の将来に希望が持てず、博士課程に進学したがらないという状況だ。
 東北大学物理部門の修士課程でトップクラスで卒業する女子学生に話を聴く機会があった。
「博士課程に進学すると生活のために奨学金を受給せざるを得ないが、それは返済しなければならず、博士号取得の時点で5~600万円の借金を背負うことになる。その上さらに、運よくポスドクの資格を得て、大学や研究機関を渡り歩いたとしても、助教の定職に付くことは難しくその保証はない。じじつ、ポスドクをずっと続けている人は多く、当然給与の上昇は見込めない。人生設計の目途が立てられない。過去においては、そのような厳しい環境下でも、好きな研究に人生を賭けるという生き方もあったかもしれないが、そのようなロマンスに惹き付けられる若い人は少なくなってきていると思う。
 さらに、日本の大学は男性中心の閉鎖空間で、パワハラやセクハラの巣窟である。学生や身分の安定していない女性は自己主張したり、拒否できない掟や雰囲気がある。そのような後進的なところで、生きて行くには逞しさや柔軟性が必要であるが、それらの能力が自分に備わっているとはとても思えない。企業に入って、社会のためになる技術開発をした方が面白いのではないかと考えた。
 そんな理由から進学を断念した。迷いはなかった」

 優れた研究はお金と人材に依るところが大きい。体質を変えられない日本の研究機関に明るい将来はないのではなかろうか。有名大学の博士課程の定員割れが10年以上も続いている。大学院学生を大切に処遇しないのだから、そのツケは次世代が背負うことになる。日本人のノーベル賞受賞者はあと数年続くか、その後は稀になるに違いない。

 教育と科技政策を担う文科省の役人が隠れ天下り手法に腐心しているのだから、何をかいわんやである。うまくいくはずがない。

(2017年3月10日、寺岡伸章)
12345 (2 投票, 平均値/最大値: 3.50 / 5)

読み込み中 ... 読み込み中 ...