メルマガ登録
 
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
twitter
facebook

コーチング

 野球やサッカーの選手が上手くなるために、引退したベテランが技術を伝達するのをコーチングと呼ぶが、これはスポーツに限ったことではない。役に立たないコーチングもある。それは友人によるゴルフのコーチングかもしれない。言われるままにやろうものなら、スイングがバラバラにされて、ポイと捨てられるのが落ちだ。彼らにはこれぽっちも加害者意識がないのはさらに悪いのだが。

 仕事においては、効率的・効果的にに行うには、はやりコツみたいなものが存在する。業務を素早く終えて、早く帰りたいし、高いパフォーマンスを上げて出世したいと思うのは人情だろう。でも、その業務の背景や必要性や意義をきちんと理解していないと、どのように、どこまで課題を解決していいか分からない。ポイントを抑えていないと、無駄な作業をしたり、間違った判断をしてしまう恐れがある。だから、仕事のやり方に精通しているエキスパートに教えてもらえると、本当に有り難い。このようなノウハウにはお金を支払っても高くはなかろう。将来の自分への投資である。このような仕事上のコーチングは日本ではあまり普及していない。先輩や上司から指示されながら、仕事を覚えていくという風土が日本の会社にあるためと思われるが、先輩達がつねに正しいとは限らない。もっと合理的、科学的アプローチがある可能性は低くない。米国ではエグゼクティブ候補者を対象にしたコーチングが普及していると聞いたことがある。

 健康長寿は高齢者だけでなく若い人の高い関心事と言われるようになった。日本人の平均寿命は83歳と世界一を誇っているが、海外の大学の調査によると、2030年には韓国が世界一になり、日本は今よりは伸びるものの世界11位まで落ちるとの予想が最近発表された。理由はよく分からないが、日本人の平均寿命の伸びは勢いが鈍ってきているらしい。海外に比べて規制が緩い農薬や食品添加物の大量使用がじわりと効いてきているのかもしれない。ミツバチの減少で受粉が少なくなっているのは特定の農薬のためだとされるが、政府の腰は重い。

 話はコーチングに戻るが、健康増進コーチングがあってもいいと思うのはわたしだけではなかろう。体質に合った栄養と食事の摂り方、運動の量と質のメニューの提案、病気や医者との付き合い方、精神的生き甲斐探し、死ぬまでの人生設計、資産の運用はどれも健康に大きく影響している。これらを総合的に判断するには相当な知識と経験が必要であるが、不可能というものでもない。一人でコーチングできないのであれば、2~3人のチームを作ってその人に対してコーチングすればよかろう。会社組織にすれば、儲かるのではなかろうか。需要は確実にあると思う。かつては、このようなことは親がアドバイスしてくれたものだが、核家族化し関係が希薄になったこともあるが、最新の科学的知見を踏まえたコーチングとなると、専門家に依存しなければならない。金持ちはいつも得をするように世の中は作られている。

 もし健康コーチングの費用支出を防ぎたいのであれば、質の良い友人を持ち、お互いに経験や知識を交換し合い、自分に合ったものを積極的に取り入れていくことだ。飲み食いの費用だけで、ただの情報が得られるのが嬉しい。ただし、コーチングは権威があるのでその指示に従うが、友人からの忠告に素直になれるかは個人しだいということになる。自分に甘い人には馬耳東風だろう。豚に真珠かな。

 コーチングは突き詰めていくと、人生の何に価値があるということを自分で決められず、指示を待つ人が出かねない。ストレスを溜め、自分が見いだせないノウハウ重視の人には救いの手かもしれない。自分に合わないことに挑戦し続けて、失敗し、傷つくよりも楽しい人生を送れそうだ。そこまで極端でなくても、数百パターンの生き方の一覧表から自分に合った職業や趣味をコーチに選択してもらうというやり方もあるだろう。
 遺伝子分析や知能指数や運動能力を踏まえて科学的に分析すれば、高い確率で「正解」に当たるはずだ。そのようなコーチングは急速に発展している人工知能がもっとも得意とするところかもしれない。

 他人のことは客観的に判断できても、自分のことは分かりにくい。年齢を重ね智恵がつき自分を正しく理解できるころにはすでに手遅れの場合が大半だ。
 たかがコーチング、されどコーチングなのかもしれない。

(2017年3月3日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)

読み込み中 ... 読み込み中 ...