メルマガ登録
 
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
twitter
facebook

太った豚

 大隅東工大栄誉教授はオートファジーの研究成果でノーベル医学生理学賞を受賞した。大隅先生は東大で博士号取得後、教養学部で勤務していたが授業や実習の負担が大きく、研究に専念するために岡崎市の基礎生物学研究所に移籍したのだった。東大という称号にこだわらなかったのだろう。先にノーベル賞を受賞していた大村先生も東大に行っていたら、ノーベル賞受賞に到らなかったと言明している。理系の最高峰の頭脳が集まると言われる東大医学部はまだノーベル賞学者を輩出していない。それどころか、研究不正が疑われる論文が指摘され、現在調査中である。東大医学部の政治力をもってすれば、研究不正は限りなく白だったという調査結果が纏まると予想される。政治力の強さは科学力と反比例するのかもしれない。ノーベル賞受賞を夢見る少年は東大医学部を避けた方がいいかもしれない。いずれにしても、大学入学時の学力と創造力は関係がない。

 大隅教授は若い頃から中途半端な論文を書かないことで有名だった。論文数や被引用数が研究者の評価の基準となって久しいが、そのような俗的な関心がなかったのだ。ただ、オートファジーという生物機能の神秘を解き明かすことに全力を注いでいたのだった。当初酵母のオートファジーを追っていたが、それは酵母以外の生物でも起こっている普遍的な現象というのが分かり、今ではオートファジーがパーキンソン病の原因とまで言われるようになった。これらの成果の基礎は大隅先生を慕って結集した研究者達によって達成されたものだった。水島東大教授と吉森阪大教授は当時の大隅先生の愛弟子だった。

 大隅先生はオートファジー現象を何時間も観察していても疲れなかったと言うほど、研究の虫だった。大村先生も研究が大好きなばかりでなく、多くの学者を育てた伯楽でもあった。このような偉大な研究者達は心から尊敬できるし、本当に頭が下がる。おそらく学者の中でも稀有な存在なのだろう。

 それに比べて、そのような学者や大学を指導しなかればならない立場の文科省の役人は自己利益の追求と保身に溺れ、組織的な天下り斡旋に勤しんでいたとは情けない。人間の価値に、雲泥の差があるとはこのことだろう。指示すればほとんど何でも思い通りにやれる万能感に浸っていると、まわりがバカに見えてくるのだろうか。人間の本当の価値が分からなくなるとは権力とは恐ろしいものである。
 偉大な事業を行うには全身全霊で身を削る努力が必要なのだ。楽をしたり、権力を使って、成功に到る道はないし、それがあるとすれば、それは堕落・腐敗した道なのだ。自食作用でなく、自浄作用が欲しい。
 改めて、大隅先生と大村先生に敬意を表したい。

(2017年2月10日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)

読み込み中 ... 読み込み中 ...