メルマガ登録
 
2018年6月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
twitter
facebook

マラソン大会準備

 2月19日開催の熊本城(復興)マラソン大会まで2週間となり、今日は最後の練習として42キロを走った。荒川土手沿いに走ったのだが、途中ジョギングしている人にバンバン抜かれた。抜いたのは歩いていた人だけだった。スピードはまったく出なかったが、歩くこともなく、5時間17分かかって帰宅。特に足や脚が痛くならず完走したので、満足。気持ちよくお風呂に入り、冷えたビールも2缶飲んだ。残り2週間で疲れを完全に取り除かなくてはならない。

 走っていて思ったのだが、走りに集中する方がいいのか、走りとは関係のないことをぼんやり考えていた方が楽なのか判断は難しい。スピードを出したり、痛みを堪えたりするには、走りに集中すべきであるし、集中力は走っているという実感も高めてくれる。走り終わった後も、満足感は高い。ランニングを100%満喫したと思う。

 一方、走りながら他のことを考えていると、速度は出ないが、ふと現実に戻って気づくと、ここまで来たのかと驚くことがある。好調なときは足が痛くならず、それでもいいが、スピードが上がらないのが欠点である。

 でも、やはり走っているときには、ランに集中すべきである。仕事しているときには、仕事に、遊んでいるときには遊びに、飲んでいるときには飲酒に、女と話しているときには口説くことに。でも、そんな機会は少なくなった、いやほとんどなくなった。
 結局、走ることとと、歩くことしかわたしには残されていないのか。トホト。
 バカヤロー、文科省の天下り役人!

(2017年2月5日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)

読み込み中 ... 読み込み中 ...