メルマガ登録

 
2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
twitter
facebook

Daily Archives: 2017年9月9日

行橋別府100キロウォーク大会準備開始

 やっと猛暑も落ち着き、気温が下がり始めたので、今年10月7~8日開催の行橋別府100キロウォーク大会に向けて練習を開始した。昨日は山間部の道と旧街道を歩くというコースを妻とともに歩いた。クルマのほとんど通らない道は歩きやすい。森林浴も十分できた。昼食でちゃんぽんを食べた時間を含めると、外出時間は7時間だった。33キロくらい歩いただろうか。歩いた後、疲れがドッとでるかと心配していたが、昼寝も1時間くらいだったので、久しぶりの長距離歩行にしては身体はうまく順応してくれたようだ。

 目指す大会まで4週間しかないが、身体を長距離歩行に順応させていかなければならない。本番では14万歩くらい歩くことになるので、毎日3~4万歩歩ける身体を作れば、100キロは完歩はできるだろう。できれば目標とする18時間も切りたいものだ。

 毎日4万歩(25キロ前後)くらい歩いた800キロのスペインのサンティアゴ巡礼で分かったことは、2週間も歩くと、身体はうまく環境に順応してくれることだった。疲れが溜まるのではなく、適応力のために楽に歩けるようになる。疲れを知らない身体に変身してしまうのだ。ただし、これには一つ条件があると思っている。それは自然豊かな道を歩くことだ。人工物が多い街を歩くと神経が疲れるが、自然の中の歩行は逆に精神を癒してくれる作用があるように感じられる。

 この文章を書いているのは33キロ歩行の翌日であるが、昨日の疲れは残っていない。身体がうまく順応してくれたようだ。大会までに毎日少なくとも3~4万歩歩けるようになりたいが、そこまでの身体を作れるかどうか。
 今日はゴルフに行く予定であるが、カートに乗るため歩くのはせいぜい1万4千歩だろう。その後、筋トレをやるためにフィットネスクラブに行って、ローラーの上を走ったり歩いたりしなければならない。併せて3万歩は稼ぎたい。

 スポーツはやって疲れるのではなく、運動しても疲れない身体を作り上げることだ。そのためには、環境が大きく左右する。できれば、自然の中の快適な環境で歩いてみたい。自然から生命力のパワーをいただきたいものだ。

(2017年9月9日、寺岡伸章)
12345 (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
読み込み中 ... 読み込み中 ...