メルマガ登録

 
2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
twitter
facebook

エネルギー

東北大学卒業式

 3月24日、東北大学の学位記授与式(いわゆる卒業式)に列席してきた。学部生、修士生、博士生など合わせて4612名が学位を授与された。女性は1138名で25%、外国人は270名で6%だった。世界を牽引する東北大学としては留学生率6%という数字はけっして高いとは言えない。今後の飛躍を期待したい。

 里見総長の学位授与者に送る言葉いわゆる告辞の内容のポイントは二つだった。
 まず、「よりよい社会とは何か」を再考してもらいたいということだった。6年前の東日本大震災によって学術のあり方も厳しく問われた。震災復興にどれだけ貢献できるのかその存在意義が追究された。人間の福祉に貢献するはずの科学技術の逆襲も起こった。これは東電福島原発事故のことを指摘しているが、原発も原子力という言葉も使われなかった。その理由は分からないが、事件が風化するのを心配する。
 いずれにしても現代社会の発展のエンジンである科学技術の負の側面が顕在化したのである。さらには、遺伝子解析や生殖医療(この言葉も使われなかった)により生命倫理のあり方が問われるようになっている。科学技術の発展により状況が変わり、何だ正しいのか、どうあるべきであるのか、人間は岐路に立たされている。そのために、原点に戻り、よりよい社会とはいったい何なのかを考え直さなければならなくなってきていると言うのだ。卒業生の皆さんはそのことを常に考えて本学で学んだ専門性を活かして社会に貢献してもらいたい。

 総長の二番目の主張は、「他者を感じる力」を身につけてもらいたいというものだった。世界を見渡すと、文明の衝突や難民の移動が起こっているがそれを排斥しようという反動も起こっている。多様性を認め受容するという態度も失われているように思われる。地球環境問題の解決に当たっても自分の利益を優先するのではなく、人類全体の利益や他者の気持ちを感じ取る力が必要である。自分が生きて行くにも厳しい状況がやってくるかもしれないが、どうか他者の気持ちを忖度することを忘れないで欲しい。

 この二つの点が里見総長の言いたかったことではないかと思う。
 最後に、留学生に向けて英語でのスピーチも追加された。東北大学は一層国際化を目指すというメッセージとして英語のスピーチが行われたのであろう。

 学位記授与式終了後、優秀な学生・大学院生、クラブ活動の優秀学生、研究で優れた業績を挙げた教員、教育で業績を挙げた教員、貢献した技術支援者などを対象に授賞式が行われた。東北大学は勉学だけでなく、クラブ活動で頑張った学生や、教育や研究支援で優れた業績を挙げた人々にも脚光を浴びせているのは素晴らしい伝統と思う。
 東北大学は「研究第一」を標榜しつつも、大学に携わるすべての人々に目配せをしている証拠である。静かで厳かな雰囲気の印象に残る卒業式だった。
 ただ、式典の前にワーグナーの奏楽があるものの、国旗掲揚や国歌斉唱が行われないのは議論のあるところと思う。大学は国家権力から一定の距離を保つのはその役割として当然としても、国民統合の象徴としての国歌が歌われないのは寂しいような気がする。

(2017年3月27日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

還暦

 日の開ける前に起きた。辺りはまだ真っ暗であるが、わたしがもっとも好きな時間帯である。心が落ち着く。
 今日は還暦の誕生日だ。人生を振り返り、さらに未来を展望するに当たり、もっとも関心のあることを吐露してみようと思う。人生の分岐点にいるという意味で、自分に対しても再確認ができていいかも知れない。いや、それは重要なことであり、そうすべきなのだ。孔子は40歳にして「惑うな」と唱えられたが、いまだ惑ってばかりの人生だと思う。他人はどうであれ、未熟であるから仕方がない。

 わたしは小さいころから哲学や原理的なことや、それらを自然の中で実践する科学に興味があった。数学や理科の勉強が好きであったように思う。当然であるかのように、大学は理工系を選択し、その勢いで仕事も科学技術に携わることになった。公務員として、科学技術行政で飯を食べてきた。

 科学の発展は目覚ましく、その成果に触れると心が躍る。それは昔と変わらない。脳や身体の謎が解き明かされるたびに、生命の凄さが実感できるし、宇宙の神秘や地球の歴史に新しい解釈がなされると、物質世界はこうなっていたのかと感心してしまう。サイエンスは面白いと思う。文化の大事な一つを担っているとも思う。

 しかし、科学の成果を人間が利用する段階になると、いろいろと問題を引き起こす。科学的知見を活用して生み出された技術は我々の生活に影響を与えていく。それは便利さや快適さとなって益をもたらすかもしれないが、当然のように負の側面もある。環境破壊は典型的な例だろう。我々の周囲はますます人工的なもので覆われていく。科学者はそれを人類の勝利と心から信じているのか疑問に思うことがある。わたしは大都会の便利さよりも、自然の美しさに触れるときが幸福感を感じる。原子世界の原理を解明してくれるのは面白いが、原発を作り、それが甚大な事故を引き起こしてしまうと、多くの無辜の人々の生活を破壊する。実際に世界中で何度も起こったことだ。それでも、止められないという。我々の将来の生活のためという。本当か。不幸を背負わされた人々は不運だったというわけにはいかないのではないか。同じ過ちはしなというが、それは実証されているのか、それとも場当たりの言い訳に過ぎないのか。心が濁っているのではないのか。

 食料危機に備えて遺伝子組換え食物が開発され、食卓に供されている。開発した技術者は安全性を主張し、それが理解できないのは科学を知らない人間だとせせら笑う。人々は科学的に思考していないかもしれないが、遺伝子組み換え穀物に大きな違和感と不安感を抱いている。それが存在するのは事実だし、それらの感情は科学の名のもとに否定されるべきものではない。遺伝子組換え食物の歴史はまだ浅く、その影響がすべて解明されたわけではない。科学的に安全だと言っても、それは一部のデータに依拠して言っているに過ぎない。心から安全と言うのであれば、放射能で汚染された米や遺伝子組換えトウモロコシを可愛い孫に食べされればいい。

 人間は何かの仕事に就いて給料を得ていかなければ、生きていけない。原発や遺伝子組換え食物に関与して生きている者たちは、それらが社会から否定され、排除されてしまうのを極端に恐れている。維持しようとするのは人間の未来のためというのではなく、自分の利益ためであろうか。

 科学は面白い。でも、その成果となると、現実世界で矛盾を発生させてしまう。これらの矛盾を解決するのは人文科学や政治や行政の仕事であるが、利害が交錯するため、一筋縄ではいかない。権力や金力を持つ者が通常勝つのだ。人間の歴史を振り返るまでもなく、弱者はいつも犠牲者になるのだ。民主主義は人間の不幸を最小化するためのシステムだが、それが万全に機能しているとはとても言えない。不完全でかつ欲望を持つ人間がやることだから、かならず過ちを犯す。こう考えてくると、わたしの心はちりじりになってしまう。どうにかジレンマを脱し、解決の道はないものなのか。

 人間は物質世界に生きているものの、心象世界でも生きている。この世をどのように解釈し、どのような気持ちで生きているかは千差万別で、本人にしか分からない。物質世界という現実は一つかもしれないが、個々人はそれぞれ異なる次元で生きていると言ってよい。現実の見え方や感じ方はまったく異なっていると言ってもよい。家族は緊密な利害関係の中で生きているが、それでも親と子どもでは生きている世界も価値観も違うのである。

 ここに物質世界で不幸に陥っている人々を救うヒントがあるのではないのか。心象世界だ。唯心論かもしれないが、その人にとって心象世界こそが真実の世界である。実感できる人生そのものである。この心象世界をもっとリアルなものにするために何が必要なのだろうか。単なる言い逃れの場にしないために、なすべきことは何なのだろうか。それは心から分かり合える人々との絆であり、豊かな自然に抱かれているという安心感ではなかろうか。きっとそうに違いない。大震災に見舞われたとき、被災者を救ったのは人々の絆であり、美しい自然であった。自然はときとして猛威であるが、大地の母でもある。さらに進めて、絆と自然の先にあるもっと根源的なものは何なのか。それは神々だと思う。

 便利な生活やモノの溢れる豊かな生活を生んだ「近代」は神の否定から出発した。近代の矛盾が解決できない段階に至っているのであれば、もう一度神を再生させてはどうか。神は安心感の根本原理である。人間は移ろいやすいが、神は不変だ。
 何百年も神を否定してきたのだら、すぐに神が戻ってくるものでもない。神を感じ、それをリアルな段階まで昇華させるには体験と時間が必要だ。毎日祈ることは大切なのだが、感覚を鋭敏にし、それを受け入れるアンテナを磨かなくてはいけない。ドコモではないが、1本よりも2本、2本よりも3本のアンテナを立てる必要があるのだ。アンテナが多ければ、感度は上昇する。

 神は自然とともに存在する。日の出の太陽に向かって手を合わせよう。昔の百姓さんはみんなやってきたことなのだ。太陽の恵みで我々は生きているのだ。技術のお蔭ではない。山に行こう。山々には神が待っておられる。神社やお寺に足を運ぼう。大木にも神が宿っておられる。
 古道を歩こう。古道は幾千万の人の思いが沁み込んでいる。当時の人々と触れ合う重要な機会である。彼らは何を思いながら、この道を歩いたことだろうか。近代の前の中世の人々は何を大切にして生きていたのだろうか。どんなときが一番幸せだったのだろうか。歩きながらその問いに神経を集中させると答えが浮かんでくる。

 還暦以降の人生は多くの分かり合える人々との絆を深め、近代に侵されていない自然の中を歩き、神々との出会いを深める旅になろう。
 お遍路さんになって四国を巡礼してみたい。カソリックの聖地のサンティアゴ・デ・コンポステラの大聖堂までスペインの大地を歩いてみたい。中世の人々の思いを汲んでみたい。足腰は100キロウォークの訓練で鍛えた。英語をブラッシュアップし、スペイン語も学習しなければならない。経験談を旅行記にまとめ、世界の人々との交流をもとにした小説にも挑戦してみたい。

 近代を終わらせ、成熟した世界を導くために、個々人がほんとうに大切と思う価値観に沿って行動すべきときだ来ている。物欲を追う軽薄な近代とはおさらばじゃ。百の議論よりも行動だ。感性を磨こう。心の平安と安心を取り戻す旅に出ようではないか。

(2016年10月28日、寺岡伸章)
12345 (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

モーニングコート

 モーニングコートをウィキペディアで調べると、乗馬用に前裾を大きく斜めに切った形状(カットアウェイ)で、18世紀のイギリス貴族の乗馬服に由来する。貴族が朝の日課である乗馬の後、そのまま宮廷に上がれるようにとのことから礼服化して、19世紀には公式な場でも現在の背広の様に着用されるようになった。コートユニフォーム(日本の大礼服に相当する宮廷服)やフロックコートが廃れて行くに従い、昼間の最上級礼装とされるようになった。
 日本では、内閣総理大臣・最高裁判所長官の親任式、認証官任命式の際や、信任状捧呈式、勲章親授式等で宮中に参内するときなどに使用される。ただし、昼間においても特別な盛儀の場合や、勲章親授式のうち大綬章(大勲位菊花大綬章、桐花大綬章、旭日大綬章、瑞宝大綬章)を授与する場合には、モーニングコートではなく燕尾服が着用されることがある。また逆に、親任式などは、夜間に行われるときもモーニングコートを着用することが慣わしである。その他、結婚式での新郎や新郎新婦の父、卒業式での学校長、各種式典での主催者代表や主賓が着用することもある、とのこと。

 先日、モーニングコートを試着しに行った。大臣に就任するためではなく、新郎の父親としての立場からだ。試着は初めての経験だが、袖を通すとじつに気持ちがよい。鏡に映る自分を見ていると、急に威厳が出てきたように見える。自分でいうのも変だが、馬子にも衣裳とはこのことだと苦笑した。日本の文化である紋付き袴はもっとよく似合うのではないかと思う。モーニングコートはレンタルでもいいが、紋付き袴は着る機会が少なくても自分用のものをいつか買いたいと、夢が膨らむ。人生は年齢とともに楽しいことが減少してくるが、礼服を着用するのも快適な経験の一つに違いない。

 試着を終えた後で、結婚式が行われる予定の教会に打ち合わせのために向かった。ミサにも出席したらと誘われていたので、助言に従った。これも初めての経験だった。ミサは厳かな雰囲気のうちに行われた。讃美歌が美しい。

 ミサの中で、東日本大震災被災者のための祈りが捧げられた。

父である神よ、
すべての人に限りないいつくしみを注いでくださるあなたに、
希望と信頼をこめて祈ります。
東日本大震災によって今もなお苦しい生活を送り、
原発事故によって不安な日々と過ごす人々の心を照らし、
希望を失うことがないよう支えてください。
また、亡くなられた人々には、永遠の安らぎをお与えください。
すべての人の苦しみを担われたキリストが
いつもともにいてくださることを、
わたしたちがあかしできますように。
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

 原発事故という言葉が心を打った。キリスト教はイエスを信じ、貧しい人々や弱い人々に愛を注ぐ宗教である。権威が安全と言っていた原発は大事故を引き起こした。災害を受けた人々は非難を余儀なくされ、生活の場とコミュニティと人生を破壊された。個々人の心に触れると、まったく理不尽な事故だった。
 原子力事故はまだ終わっていない。事故は継続中なのだ。被災者のために祈りたい。苦しみが少しでも軽減しますように。

(2016年9月21日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

グループシンク

 志が低く、責任感がない。
 自分たちの問題であるにもかかわらず、他人事のようなことばかり言う。
 普段は威張っているのに、困難に遭うと我が身かわいさからすぐ逃げる。
 これが日本の中枢にいる「リーダーたち」だ。
 政治、行政、銀行、大企業、大学、どこにいる「リーダー」も同じである。日本人は全体としては優れているが、大局観をもって「身を賭しても」という真のリーダーがいない。国民にとって、なんと不幸なことかー。
 福島第一原子力発電所事故から5年が過ぎた今、私は、改めてこの思いを強くしている。

 残念ながら日本のエリートは、いざという時に明言を避け、「知らない、忘れた、聞いていない、関与していない」と責任逃れをする人が圧倒的に多い。それが世界にわかってしまったことが、今回の原発事故が日本に与えた一番大きなインパクトの一つだったと思う。
 日本の中枢にいる人たち、ひいては国家の信用そのものが、メルトダウンしているのではないかー。これが日本国民の一番の懸念ではないかと思うのである。

 世界への影響が非常に大きな事故だからこそ、この事故から学び、そこで得た知見を世界と共有し、現在も続く汚染水問題やこれからも起こり得るアクシデントに生かしていく姿勢が重要だ。
 しかし、日本という国には、その姿勢が欠けている。このままでは10年後、20年後の日本はダメになる。いや、すでにダメになっているのかもしれない。原発事故に限らず、日本が再び大きな問題と直面した時に同じような失敗を繰り返し、決定的・不可逆的に国際社会で孤立し、信用をなくしてしまうだろう。
 福島第一原発事故は終わってはいない。この事故を機に変わらなければ、日本の将来は極めて危うい。そのことを、国民ひとり一人に強く意識していただきたいと、熱に願っている。

以上は、黒川清『規制の虜 グループシンクが日本を滅ぼす』(講談社)から引用。

東電福島原子力発電所事故はまだ終わっていない。

 日本人には相手の立場になって考えることができる思いやりや、原理主義に対する嫌悪感など優れた特質があるが、過去の過ちの原因や責任を追及することなく、容易に忘れてしまう悪癖がある。将来日本民族が滅びるとすると、繰り返される失敗から何も学ばないために起こると思う。そうならないために、十分な留意が必要である。原因はしつこく追及されるべきだと思う。

 福島原子力発電所事故は終わっていない。
 これは世界の原子力の歴史に残る大事故であり、科学技術先進国の一つである日本で起きたことに世界中の人々は驚愕した。世界が注目する中、日本政府と東京電力の事故対応の模様は、世界が注目する中で日本抱えている根本的な問題を露呈することとなった。
 想定できたはずの事故がなぜ起こったのか。その根本的な原因は、日本が高度経済成長を遂げたころにまで遡る。政界、官界、財界が一体となり、国策として共通の目標に向かって進む中、複雑に絡まった『規制の虜(Regulatory Capture)』が生まれた。そこには、ほぼ50 年にわたる一党支配と、新卒一括採用、年功序列、終身雇用といった官と財の際立っ組織構造と、それを当然と考える日本人の「思いこみ(マインドセット)」があった。経済成長に伴い、「自信」は次第に「おごり、慢心」に変わり始めた。入社や入省年次で上り詰める「単線路線のエリート」たちにとって、前例を踏襲すること、組織の利益を守ることは、重要な使命となった。この使命は、国民の命を守ることよりも優先され、世界の安全に対する動向を知りながらも、それらに目を向けず安全対策は先送りされた。そして、日本の原発は、いわば無防備のまま、3.11 の日を迎えることとなった。
 3.11 の日、広範囲に及ぶ巨大地震、津波という自然災害と、それによって引き起こされた原子力災害への対応は、極めて困難なものだったことは疑いもない。しかも、この50 年で初めてとなる歴史的な政権交代からわずか18 か月の新政権下でこの事故を迎えた。当時の政府、規制当局、そして事業者は、原子力のシビアアクシデント(過酷事故)における心の準備や、各自の地位に伴う責任の重さへの理解、そして、それを果たす覚悟はあったのか。この事故が「人災」であることは明らかで、歴代及び当時の政府、規制当局、そして事業者である東京電力による、人々の命と社会を守るという責任感の欠如があった。
 この大事故から9か月、国民の代表である国会(立法府)の下に、憲政史上初めて、政府からも事業者からも独立したこの調査委員会が、衆参両院において全会一致で議決され、誕生した。今回の事故原因の調査は、過去の規制や事業者との構造といった問題の根幹に触れずには核心にたどりつけない。私たちは、委員会の活動のキーワードを「国民」「未来」「世界」とした。そして、委員会の使命を、「国民による、国民のための事故調査」「過ちから学ぶ未来に向けた提言」「世界の中の日本という視点(日本の世界への責任)」とした。限られた条件の中、6か月の調査活動を行った総括がこの報告書である。
 被災された福島の皆さま、特に将来を担う子どもたちの生活が一日でも早く落ち着かれることを心から祈りたい。また、日本が経験したこの大事故に手を差し伸べてくださった世界中の方々、私たち委員会の調査に協力、支援をしてくださった方々、初めての国会の事故調査委員会誕生に力を注がれた立法府の方々に深い感謝の意を表したい。
                   東京電力福島原子力発電所事故調査委員会(国会事故調)委員長 黒川 清

適応人間の限界

 学生時代には好きなことばかりやっていても許されるが、社会人になると、余り好きでないことや嫌なこともやらなくてはならなくなる。みんなが好きなことばかりやっていては、会社も社会も成り立たなくなってしまう。職場の環境に適応していくことで、少年は鍛えられ角が取れ、世間や人間の気持ちが分かる大人になっていく。これは人間に具わる「適応」の能力である。

 しかし、一方でこのようなことを何年もやっていると、自分が本当にやりたいことが分からなくなってしまう。「本来」自分がやりたかったことは何だろうかとふと疑問に思うようになる。おそらく、誰もが経験があることではなかろうか。自分とはいったい何者かということになる。

 昨夜、バラエティに富んだ、面白い経歴の人に会った。大学を卒業後、証券会社に入社し、途中からブライダル産業に転じ、さらに農作業を1年間経験し、今では安全で安心できる農産物を生産・販売しながら、地元活性化の活動を担っている人だ。目まぐるしい人生だ。詳しい経緯は聞かなかったが、おそらく自分が本当にやりたかったこと、やりたいことは何なのだろうかと素直に自分に向き合い、考えた結果なのだと思う。他人ごとであるが、元気そうな表情からはその選択でよかったのだと思う。
 人間の持つ「適応」の能力よりも「本来」を重視した選択であったのではないだろうか。ある意味で、勇気を持って次の段階に踏み出していったのは立派なことだったのではないか。普通の人にはなかなかできない。「適応」と「本来」の間で悩みつつも、行動に移せない人がほとんどだからだ。

 生物の進化や人間の文明も似たようなものだったと思う。進化のエンジンは「適者生存」という言葉で表現されるが、それは一面でしかない。その発想は、急激な変化を容認する「近代」という価値観を正当化するためのものだ。伝統重視の社会を否定し、近代社会を生み出し、さらに前に押し進めるためには、「適応」を重視せざるを得ない。近代の個々人は学校制度や会社組織への適応を強く求められ、「本来」を上位価値観に置く人にとっては息苦しい世の中だ。自分の素直な心を曲げて生きなくてはならないからだ。

 近年、伝統や文化を重視する機運が生まれているが、それは社会の「本来」のあり方に立ち返って再考しようという運動と同じだと言えるのではなかろうか。科学技術が急速に進展し、それに適応できなりつつなる人は少なくない。近代的価値観で言えば、能力がないとして判断されてしまいがちであるが、それは本来のその人のもつ存在としての価値観とは関係がない。適応し過ぎて、能力を発揮し、ある日ふとこれは自分が目指した道なのかと疑問に持つ人になりかねない。

 人間社会はエネルギーなくしては成り立たない。近代という時代は大量生産・大量消費を基本にしている。多くを消費することは楽しいし、人を幸福にすると信じられているからだ。また、資本主義はそのような価値観を社会や人々の心の隅々まで浸透しないと成り立たない思想だ。ところが、昨今のデフレ現象は資本主義のあり方に疑問を投げかけている。個々人が大量消費に飽きが来ているのだ。モノの豊かさに疲れてきているようにも思える。

 現代文明は石油文明と呼んでも差し支えない。安価で大量の石油があればこそ、大量生産・大量消費を実現することができた。でも、日本ではエネルギー消費量は人口の減少を上回るスピードで下降線を辿りつつある。家電製品やシステムの省エネ化が一層進めば、年4%の減少も夢ではないと、専門家は言う。東日本大震災は大きな犠牲を伴ったが、潜在的に人々の意識を変えつつある。身の丈に合った生活をすればいいのではないかと思いつつある。実際に、アベノミクスの大合唱に関わらず、家計の支出は減少を続けているのだ。

 原発の再稼働が進められているが、それを支持しない国民は支持する国民の二倍に上っている。放射性物質を処分しなければならない、エネルギー源は汚いと思われているため、原子力の強力な支持は得られていない。一方で、風力、太陽光、地熱などの自然再生エネルギーが注目されつつある。石油なきあとを考えると、自然エネルギーだけですべてを賄えるわけではないが、モノの大量消費を願わなければ、もっと少ないエネルギーでも社会は成り立つ。いや、得られるエネルギーに応じた生活スタイルを構築していけばいいのではないのか。欲望に適応するのではなく、与えられた状況に適応し、本来の人間のあり方をより大切にする生き方である。

 適応型人間よりも本来型人間が多くなれば、社会は変貌していく。近代の次にやってくる社会は未知数だ。国民国家、資本主義、民主主義、合理主義という近代というシステムが綻び始めているが、人間が選択する次世代は予測がつかない。混沌の時代は数十年、いや数百年のオーダー続くかもしれない。人間の心と同じように、社会も混沌すればするほど、本来の姿に戻ろうとするのではなかろうか。

(2016年2月29日、寺岡伸章)
12345 (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
読み込み中 ... 読み込み中 ...