メルマガ登録

 
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
twitter
facebook

環境・生命文明

秘境・五家荘

 九州中央の山地の五家荘は平家落人の里と晩秋の紅葉で有名なのだが、まだ行ったことがなかった。平成合併で五家荘が八代市に組み入れられ、地元の一部になって以来いつかは訪問しないといけないという気持ちばかりが募っていた。今回の帰郷が大きなチャンスになった。

 八代市で5月12~14日開催された九州国際スリーデーマーチの初日の選択の一つは前泊し五家荘の新緑を楽しむウォーキングのため、妻と二人で出かけた。総勢22名の参加があったというが、昨年は熊本地震の影響で定員に達していなかった。北海道や福島などの遠来の客も含めてこれだけの参加者が集まったのは、熊本地震復興のために地元民を元気付けようというためである。ありがたいことである。

 五家荘は渓谷も深く、鬱蒼とした森林に覆われた自然が豊かなところだった。新緑が眩しい。山桜も最後の力を振り絞って咲き誇っていた。標高1000メートルに満たないが、市内とは別世界である。道路は舗装こそしてあるが狭く、対向車とのすれ違いは離合地点まで引き返さないといけない。街を悩ましている黄砂やオキシダントは無縁な世界だ。空気が澄んでいて、爽やかである。思わず笑顔が弾ける。眉間に皺を寄せている人はいない。

 民宿のような旅館の夕食も良かった。マスの刺身、鹿肉のたたき、鹿肉の天ぷら、新鮮なタケノコ、地元の特産の豆腐、山の幸が所狭しと並ぶ。ビールや焼酎を飲みながら初対面でもすぐに古い友人のように打ち解ける。食べきれないくらい料理が次々とやってくる。他愛のない話題も何だか深遠な意味を含んでいるかのように心に響く。受ける側も深い山奥で健康的な鋭敏な感覚になっているからだろう。会話はお風呂の制限時間まで続くが、また会いたいと思わせる人ばかりだ。良い人が集まっているのではなく、秘境の里が人を良くするのだろう。心も浄化してくれているような心地よさを感じる。

 強く印象に残ったのは70歳代の元気の良さだった。歩いていてもバスの中でも会話と笑いが途切れることがない。体だけでなく、心もすこぶる健康な人たちだ。団塊の世代は幸せだったという思いが湧いてくる。自信に満ち、結束が固い。なんでも制御できると思っているし、実際にやり遂げてしまう。

 ウォーキングの終盤、雨が降ってきたが、それでもゴール地点で鑑賞した「せんだんの轟」(滝の意味)は日本滝100選に選ばれているように、見ごたえがあった。高低差は70メートル前後という話だった。

 五家荘には紅葉の季節に再訪したい。カラフルな絨毯のような山奥はふたたび心を癒してくれるに違いない。

(2017年5月13日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

邪馬台国は熊本県にあった?

 4月29日、熊本歴史学研究会の主催する講演会に行ってきた。演題は、「邪馬台国九州所在説をめぐる問題」-邪馬台国、肥後中北部・筑後南部説を改めて提言する-で、講師は九大名誉教授丸山雍成(やすなり)教授だった。
 邪馬台国の所在地を巡って九州説と畿内説が論争しているが決着はついていない。畿内説を唱える学者の声が大きいが、真実を多数決で決める訳にはいかない。そもそも邪馬台国論争自体がブームから取り残されているように思える。再びブームに火が付くのだろうか。
 ご存知のように、魏志倭人伝に邪馬台国への行き方が記されている。日本の古代史最大の謎の邪馬台国と卑弥呼の比定を海外の文献に頼らざるを得ないのは日本人としてなんとももどかしい。日本に記述が残されていないのが悔しいし、情けないし、歯がゆい。中国人が日本人を下に見る根本原因がこのようなところに隠されているのではないか。

 魏志倭人伝の記述の中に出てくる伊都国は現在の糸島市にあったのは間違いがなかろうが、それ以降の経路が諸説あるから混乱してくる。脱線するが、糸島市と言えば、2週間前に110キロウォーキング大会に出場してきたばかりで、開会式の挨拶に立った糸島市長も誇らしげに伊都国という言葉を使っていた。糸島半島は玄界灘に突き出した肥沃で風光明媚なところだから、魏から遣わされた使者も荒れる玄界灘を無事に通過し、ここに辿り着いたとき安堵のため息をついたのではなかろうか。
 魏志倭人伝によると、伊都国から百里東南の方向に、奴国(ぬこく)があると記載されている。距離を表す「里」が長里か短里で所在地の場所は大きく異なる。当時の魏では短里が使われていたという学者の説が有力とも聞いたことがある。また、方角については魏使は真夏に来訪しているので日昇の位置が実際の方向とは時計回りで45度ずれているので、それを補正すると「東南」とあるのはじつは「東」と丸山教授は断じている。この発想の真偽はわたしにはよく分からない。ただ、先進国の魏の役人がそのような単純な間違いを犯すのだろうかという違和感はある。

 魏志倭人伝の邪馬台国に至る記述は、伊都国、奴国、不弥国、投馬国、邪馬台国、狗奴国の順になっているが、丸山教授は伊都国以降の国は伊都国から順次に考えるのではなく、伊都国を基点に放射状に考えるべきと言うのだ。伊都国は邪馬台国の対外交渉の門戸であり、事務を管掌する重要な使館が設けられていたであろうと教授は推測する。順次説か放射状説かでその後の所在地がまったく異なってしまうので、この点は説得力のある根拠を示してもらいたいと思う。

 投馬国へは水行二十日、邪馬台国へは水行十日陸行一月と魏志倭人伝に書かれている。それまで里という距離で記述していたのが、水行と陸行に変更されている。これは魏使が実際に訪問したのは伊都国と奴国までであり、それ以降の国々は倭人から聞いた話であるからであろう。
 それにしても、水行二十日や陸行一月は相当遠い距離だ。邪馬台国の比定が困難な理由はここにもある。素直に読むと、水行で八代市(わたしの故郷で現在住んでいる場所だ)に至り、陸行で球磨川に沿って歩き九州山地を突き抜けて宮崎県日向市に至るという学説もある。丸山教授はそのようには解釈しない。国防上の理由から外国の使臣をストレートに近距離で国都に案内することはしていないというのだ。意図的に大きな数字を倭人が述べていたと教授は唱える。安全保障上の理由はよく理解できるが、それを言うならば、出鱈目を教えた可能性もあろう。このようなことが背景にあるため、邪馬台国の所在地を比定することは困難になっている。

 丸山教授はその他遺跡や遺物の発掘成果も併せて総合的に考えると、邪馬台国は肥後北部か筑後地域にあった可能性が高いと断じている。肥後北部と言えば、菊池川流域に当たる。講演当日の熊本日日新聞のトップは菊池流域が「米作り、二千年にわたる大地の記憶」として日本遺産に登録された記事だった。タイミングが良すぎると思わざるを得ない。肥沃な土地であるだけに、古代から生産性の高い地域だったのに違いない。日本遺産登録と邪馬台国の点をつなぐ線を誰かが解明してくれないものだろうか。興味が強まってくる。

 正直言って、丸山教授の学説でもって邪馬台国論争が決着したとは考えられない。本人も十分自覚されている。邪馬台国の比定に必要なことは、王宮、城址、王墓の発見である。これなくして、論争は決着しない。これは相当困難かも知れない。当分の間、古代史ファンは邪馬台国と卑弥呼の夢を描く楽しみが味わえそうだ。

(2017年4月30日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

庭木の剪定

 母が亡くなって数年間、実家は空き家であったため、70坪程度の庭の樹木は茫々と茂っている。野性味があって逞しいとも言えるが、なんだか品がないようにも見えてしまう。やはり、少しでも人間の手をかけて住人の品格に相当する庭木にはしたいものである。
 庭師に依頼するということも考えたが、無収入の身でもあり、時間もあることからここは新たに経験をしてみることにした。やってみると意外に面白いかもしれない。

 さっそく剪定ハサミとノコギリを新調し、勝手に天に向かって伸びていた庭木の手入れをすることにした。脚立は小屋に収納されていた古いものを使用した。慣れない作業で落ちてしまうと、大けがをするので、無理をして手を伸ばさないように注意した。高いところは散髪されていない。
 初日は30分、翌日は1時間と増やしていったが、さしあたり作業を終えるのに5日間もかかってしまった。でも、面白かった。来年いた今秋もやってみようと思う。大げさに言えば、芸術作品を作っているようなもので、単純に枝葉が短くなったというのではなく、各々の木が散髪をしてスッキリした紳士淑女になったのではないかとも思えないこともない。わたしの腕は超初心者なのだから、刈り損ないが多いのだが、それでも超自然な頭髪よりもましなような気がする。

 ノコギリも剪定ハサミも新しいせいか、切れ味は鋭い。容易に刈れるので、面白くなり、つい刈り過ぎはしないかと気になったが、プロの庭師の仕事を思い起こしてみると、徹底して刈り込んでいたように思える。生前の母は刈りすぎでみっともないと愚痴をこぼしていたのを思い出す。そんなことを思い出しながら、ノコギリとハサミはぐいぐいと仕事をしていく。予想以上に刈り込みのスピードが速い。なんだか子どもが彫刻刀を与えられて、木版を熱心に彫っているような気分になった。
 枝葉が削ぎ落されたので、視野も開けてきた。木々が空間を争うように占拠していたが、勢力範囲が決められて落ち着きを取り戻したようだ。おそらく自己満足だろうが、庭も生き返ったように感じられる。蝶にも気に入られたのか、どこからか数匹が飛んできて、庭で羽を休めている。疲れもあまり感じずに楽しい初体験だった。

 剪定作業の3日目が過ぎたころ、親戚の伯母さんが急いでやってきて、「家屋の南側に植えられた樹木は切るな」とわたしに注意した。家屋や庭木に手を入れるべき季節は決められているため、それに背くと、神々の怒りを買うというのだ。5月は北側と東側の庭木に手を入れ、南側は9月に回せと真顔で忠告された。祟りは恐ろしいとまで言われた。親父が56歳の時急死したのは、家の改築が終わってからすぐだった。やるべき時期を間違えたために、悪い結果を招いたのだと諭された。その因果関係を科学的に探求することはできないが、無理に実行するよりも、ここは話を受け入れた方がよいと思った。南側の樹木はほとんど終わっていたが、残りの作業は9月以降に回すことにした。土地の神様を鎮めるため、塩を庭に撒いて清めた。
 わたしの剪定作業に気が付いた、隣の畑で農作業をしていた農家の方が獲れたばかりの玉ねぎをくれた。急がずにぼちぼちやって下さいと言われた。その言葉の意味は身に沁みてよく分かる。何事にもリズムがあるのだ。必要以上に急いだりすると、怪我や病気など不測の事態を招くことになりやすい。大事なことは急ぐべからず。自然のリズムに合わせて動けばいいのだ。

 こうやって、庭の剪定作業は無事に終わった。仕事や義務としてではなく、庭をいじりつつ自然と一体になろうという試みはスタートしたと思う。田舎生活の魅力は自然や神々や人々との共存である。新しい生活はうまくいっている。今後の展開が楽しみである。

(2017年4月25日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

人生は素晴らしい

 文部科学省で定年退職の辞令をいただくとともに、永年勤務者表彰式に出席し、今帰宅した。再就職問題で組織が揺れ動くなかでの誠に残念なタイミングの退職だが、人生後半は故郷の八代市に帰省して生きていきたい。今までお世話になった方々に心からお礼を申し上げるとともに、今後ともご支援とご鞭撻をいただきたくお願い申し上げます。それにしても式典での挨拶の終盤で、事務次官は涙声だった。醜聞のために退職者の再就職の機会を奪ったという申し訳ない気持ちと、組織が法令を守れず腐敗・堕落したという無念さから来ていると思う。

 でも、来週から背広と満員電車から解放されるのは素直に嬉しい。九州に戻れば、仕事中心の生活からスポーツ、芸術、読書、語学学習、ボランティア、旅行などの活動へと激変する。失職し平凡なおじさんに戻ることになる。真の人間力が試されるようになろう。社会システムの一部からごく自然の状態に戻るのだ。時代の最先端はシンプルライフであり、スローライフを享受することだろう。1日に一つ良いことや気づきがあれば十分だ。
 でも、精神は崇高のままでありたい。地方からグローバル金融資本主義と戦いたい。世界分断の諸悪の根源であるからだ。地方から森里川海の連環を再構築したい。人間存在の基盤であるからだ。地方から文化や伝統を大切に保存し復活させたい。人間の尊厳の基礎であるからだ。
 2週間後の土日は、福岡県糸島市で開催される110キロウォーキング大会に出場するが、九州の大地を15万歩踏みしめて、大地の神々に帰省の挨拶をしたい。神々は歓迎してくれるだろうか。完歩の後押しもお願いしたいものだ。

 スペイン巡礼徒歩の旅に備えてスペイン語を勉強しているが、こんな文章がある。Pan con jamon y vino, eres todos.意味はパンとハムとワインがすべてだ。人生にはこれらのものがあれば十分である。仕事も人間関係もお金も煩わしいことはみんな忘れよう。そんなものがなくても生きていける。モノや栄誉を所有したり抱え込むのではなく、シンプルな生活に戻ろう。豊かな自然と神々と文化伝統に囲まれて、生きている実感を感じながらゆっくりと生きていきたいものだ。
 都会には何でもあるが、大事なものは何もない。今後ともお付き合いのほどを宜しくお願い申し上げます。
 La vida es maravillosa. 人生は素晴らしい。

(2017年3月31日、寺岡伸章)
12345 (3 投票, 平均値/最大値: 4.33 / 5)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

人生は気づきの積み重ね

 文科省の定年退職を前にしてわたしの心は清々しい。役所は天下り問題で存亡の危機に瀕し揺れていて、定年退職者は再就職できず「浪人」という中途半端な状態に置かれていて可哀想だが、「俗世間」で生きることを諦めた者としては気は楽だ。これからの人生は余計なことはせず、シンプルに生きたいと思っている。過去の栄誉も失敗もしがらみも要らない。60歳にして生まれ変わるのだから。

 村上春樹の小説『1Q84』の世界では、空中に2つの月が浮かんでいるが、主人公以外には誰もその存在に気が付かないという場面がある。みんな忙しくて下を向いて歩いていて、空を見上げようとしないからだ。月が2つもある世界は奇妙だが、その存在を認知できないのも変だ。でも、妙なリアリティがある。

 わたしはウォーキングが趣味の一つに持つが、真っ暗な夜明け前に着替えて外を散歩することがある。散歩しながら体が温まってくると、幸せな気分になる。周囲は次第に明るくなり、山の稜線も確認できるようになる。それからしばらく歩いていると、太陽が地上に顔を出す。地球創造の瞬間だ。地球は毎朝新たに生まれ変わっていることに気が付く。なぜこんな単純なことに今まで気が付かなったのだろうか。いろいろ本を読んだり、議論したりしてきたものだが、地球誕生のことは認知することはなかった。まさに認知症に罹っていたようなものだ。自分はバカだったと知らされる。

 日の出はじつに有り難い。天の恵みであり、生命の源だ。太陽によって生物は生かされているのがよく分かる。自然と両手を合わせてしまう。感謝しています、今後ともよろしくお願いしますと心の底から祈る。日本人は戦前、日の出を拝んでいたが、今では誰も拝まなくなった。その存在さえ人々は忘れてしまったかのように見える。ちょうど、2つの月が天空に浮かんでいるのに気が付かないのと似ている。人は見ようとしないものは目に映らない。もちろん心にも投影されないのだ。

 世の中は神秘と創造性に溢れている。神は美しい自然を我々に遺してくれている。それを楽しまない手はない。過去の芸術家や科学者は絵画、音楽、建築、小説、科学などを後世の我々に遺してくれている。文明のエッセンスが凝縮している人類の最高の財産である。これを享受しない手はない。そこには「人生は素晴らしい」という大切なメッセージが込められているからだ。

 ある程度年齢を重ねて来たら、肩の上の荷物を降ろしてシンプルに生きよう。今まで気が付かなかったことを大切にしよう。おてんとうさまに向かって手を合わせよう。みんなに感謝しよう。鎮守の森に出かけて神仏に向かって手を合わせよう。それをやるだけでも今まで知らなかった世界が見えてくる。唯物論や合理主義の立場で気が付かなかったじつに大切なもの、それは普遍的な言葉で説明できないが、それが分かるはずだ。

 早寝早起きはバイタリティーの源泉なのだから、即実行しようではないか。

(2017年3月28日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

実存、そして生きると言うことの意味

 小説を描くのは楽しいが、登場人物を実際にいる者のように描くのは容易ではない。そのため、素人の書く小説は実際に著者が経験したことを元になっている場合が多くなる。経験談は自分の心が感じたことを書けばいいのだから、リアリティが出てくる。それを文章に忠実に書き起こしさえすれば、読者は追体験することになるため、現実に起こっていることのように思え、共感を覚えることが可能となる。小説の面白さを感じることができるのだ。

 しかし、経験していないことを小説として書こうとした瞬間に大きな壁が聳え立つ。白い原稿用紙を前にしていったい何を書けばいいのだろうか、どのようなプロットで物語を進めればいいのだろうかと思い惑う。もちろんプロの作家は経験していないことでも書けてしまう。これが素人とプロの違いなのだが、それはどこから来るのだろうか。その差はいったい何なのだろうか。

 プロ作家は幼少の頃から大方本の虫である。膨大な読書を経験しているため、人間の性格や筋書きは脳に蓄積されていて、それを常に思い出しては新しい物語の可能性を無意識のうちに試行錯誤している。
 人間の生き方や価値観が無数にあるように、物語の可能性が尽きることはない。それに加えて、作家は文章の練達を何年も繰り返しているため、想うことを描き出す筆力に優れている。特定の人間を本物のようにリアルに書くには描写力が必要だ。その人物のセリフ、身につけているもの、態度、さらには情景描写を詳細にかつ的確に書くことで存在が浮き出て来る。平板でステレオタイプの人にしか見えなければ、それは生きている人物を描いているとは言えない。
 では、どのように書けばリアルに感じさせられるかを教えられるかというと、そんなに簡単ではない。そのため、素人作家や自称作家は身近な人物をモデルとして書こうとする傾向になってしまう。

 人間のリアリティや実存とは生きている実像が感じられるかである。ロボットのような人に読者は共感したり、感情移入したりしない。また、当然のことながら、その人物がある分野の優れた能力を持っていたり、成功者だったりする必要はない。それは俗世間の価値観であり、それが読者の共感を惹き付けるものではない。人間の本来の心持ちや態度が自然に描かれている必要があるのだ。ぐうたらな登場人物に存在感や人間の魅力を感じることだって大いにあり得る。

 以上は小説の世界の話だが、実世界でも似たようなことは起こっている。生き甲斐、生きている実感や悦び、自分がここに存在するというリアリティを確かに感じられる人は幸せである。それは過去に為した事柄の重さとはあまり関係がない。なぜならば、人生とは過去の知識や経験を基にして形成された自分が世界(モノ、人、事で形成される自分以外のすべて)との関わりにおいて、将来の何かに向けて、今何を選択し為すかということの積み重ねである。過去の実績が重いほど、未来もまた重いものを志向する。選択は死ぬまで続くが、それらは何かに向けられているものの、何かが実現できるかどうかは本人の達成感に違いはあるがそれは重要ではない。むしろ一瞬一瞬に自己の存在を十分認識し、実感できているかが重要である。それは何かによって償われるものではなく、それ自体が意義のあることなのだ。

 努力をせよと先生や親や上司は熱心に説く。その結果はうまくいく場合もあるが、そうでない場合もある。失敗したとき、それまでのプロセスは次に成功するための反省材料になるが、だからと言ってそれが否定されるべきものではない。そのプロセス自体に価値があるのだ。それを素直に認めることが大事なのだが、現代はあまりにも結果重視の価値観に偏重している。結果がすべてだという短絡思考に陥っている。だから生きていくのが息苦しいのだ。将来が不安に感じられるのだ。

 大学の研究現場でもその成果である論文の善し悪しばかり議論の対象になり、その科学者がプロセスにおいて何を考え、トライし、何を感じたのかという平凡な日常性がまったく考慮されない。人生の価値はその瞬間にこそ意味があると同様に、科学も科学者の日常性に意義があるべきと考える。科学者は科学そのものや国家の奴隷ではなく、生身の人間であるからだ。

 これらは大学の問題であるばかりでなく、会社や役所でも似たような現象が起こっている。結果ばかりが大手を振り、脚光を浴び、途中の過程が極度に軽視されている。ここにメスを入れない限り、現代人はいつになっても救われることはない。
 人々は厳しい仕事環境にあるばかりでなく、結果主義という非人間的な評価軸でがんじがらめにされている。現代の人間は解放されるのを待っているのだ。

(2017年3月27日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...