メルマガ登録

 
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
twitter
facebook

マラソン

悪くない一日

 今日は木曜日ですが、昨日のことを思い出しながら書いています。
 まず、いつものように早朝6時30分に起床し、NHKラジオで英語、ドイツ語、スペイン語、フランス語、中国語を学習しました。複数の外国語を同時に勉強すると、頭のなかがこんがらかってしまうため、避けた方がいいという人もいますが、果たしてそうでしょうか。実際にやってみないと分かりません。自分を実験台として実験中です。数か月経てばその結果が分かるかもしれません。楽しみです。

 それから朝食を摂り、午前中は水彩画を描きました。花の咲いているヨーロッパの庭園です。花は人間への偉大な贈り物と思います。模写ですが、予想以上の出来栄えに大変満足しています。こうやって集中して描くと、旅情が沸き起こりますね。またヨーロッパの田舎を歩いてみたくなりました。

 午後は、来月のマラソン大会に備えて30キロ走に挑戦しました。冷たい風の吹くなかでの7回目のトライアルでしたが、徐々にタイムが縮まってきています。目標の5時間切りまでもうひと踏ん張りといったところでしょうか。本番まで4週間を切り、身の引き締まる思いです。

 帰宅して、お風呂に入りゆったりした後、ビールを飲みます。まさに、至福のひと時です。苦労して走ったのですから、楽しいことがないと報われません。
 夕食後、1時間睡眠を取ったら頭が冴えてきました。再び、お花の水彩画を描きます。自分としてはまずまずの仕上がりだったのですが、妻に見せると、「いまいちね。次は頑張って」というつれない返事。

 でも、今日は悪くない一日でした。上出来でないが、少しいい、あるいはそんなに悪くない毎日を送っていきたいものです。
 時間のたっぷりある退職者の身にはこのような生き方がピッタリ合っているのでしょうか。

(2018年1月25日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

年間スケジュール

 今年1年間やりたいことややるべきことを書き出してみた。
 1月。2月中旬の熊本城マラソン大会に向けた走り込みとして30キロ走8回。新たに水彩画絵と源氏物語の英訳読解に挑戦開始。
 2月。マラソン大会5時間切りの目標。それが終われば、家族で大宰府への1泊旅行。梅の花を観賞し、名門旅館でゆったりしたい。
 3月。初孫が無事出産すれば、初対面のため上京。ついでに、かつての職場の仲間と同窓会をやったり、美術館巡りを楽しみたい。4月からのサンティアゴ巡礼に向けて準備。
 4月。結婚28周年で天草か南阿蘇の旅館でくつろぎたい。下旬にはサンティアゴ巡礼の徒歩1000キロの旅に出かける。
 5月。ずっとスペインを歩いているはずだが、巡礼終了後は芸術の都パリで、美術館巡りだ。
 6月。いよいよ始まるワールドカップサッカー大会でテレビ釘付けになるだろう。
 7月。特段の予定はまだないが、ゴルフ三昧の日々か。
 8月。展覧会に水彩画を出品するために、絵描きに集中。神経を休ませるために、水泳を楽しもう。
 9月。10月の行橋別府100キロウォーク大会に向けて特訓。
 10月。100キロウォーク大会は16時間台が目標だが、果たして達成できるか。20日の地元の花火競技大会は桝席で鑑賞したいものだ。
 11月。妻と奄美大島を歩いて一周したい。250キロくらいあるかな。23日は世界文化遺産に登録されたお祭りを堪能したい。母の7回忌を迎える月でもある。
 12月。今年も年賀状はすべて手書きの水彩画を描き上げたい。
 一年間の予定はこんな感じになった。健康に留意しつつ、スポーツと文化を享受する年にしたい。新しい出会いも大切にしたい。予定外の楽しいことがあれば、さらに素晴らしいだろう。
 あなたにも自分に合った良い1年を過ごしてもらいたい。

(2017年1月4日、寺岡伸章)
12345 (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

減量にはランニングよりウォーキングが効果的

 わたしは自分でやったことしか納得しない。人が言うようなことは専門家と言えどもわたしにとって間違っている可能性があるため、すぐに信用しないことにしている。自分の人生は自分のもので、人はどうのこうのと一般化なんかしておられないのだ。

 ウォーキングを始めたのは生活習慣病から脱出するためだった。当時、高血圧、高脂質、高尿酸などの処方薬を飲んでいたが、血圧サラサラの薬の影響で鼻血が止まらず、2日間連続で救急車に乗る羽目になった。2日目の手術では危うく母の葬儀に出席できなくなるなるほどだった。葬儀欠席という親不孝は免れたが、これも天からの啓示と思い、遺伝体質だから一生薬を飲み続けなければならないという医者の忠告を無視し、副作用を懸念してキッパリ服用を止めた。

 それまで薬に依存していたため、止めればリスクがある。それを回避するためには運動が必須だと考え、ウォーキングを始めたのだった。最初は毎日8千歩から開始し、しだいに歩数を増やすにつれて体重は減少していった。それに合わせるように、高血圧、高脂質などの数値も改善していった。専門家に依存せず、自分の下した判断は正しかったと思っている。毎日の生活で疲労感を感じることはなく、体調は万全である。

 故郷で発生した熊本地震の復興を記念してマラソン大会が開催されると聞き、一役買おうと参加することにした。開催当日まで半年だが、ジョギングはやったことがなく。20分しか走れなかった。それでも少しずつ距離を伸ばし、どうにかフルマラソンを走られる持久力を付けていった。半年間の土日はマラソン完走のために使ったと言っていい。投資は大きかったが、見返りは得た。結果は目標時間により少しオーバーで完走したのだが、奇妙なことが起こった。

 それはウォーキング中心からランニング重視へと変えるに従って、体重がむしろ増えたのだった。距離は変えていないが、走るようになったため、運動している時間が短くなり、体脂肪を燃やす機会が短くなり、体重増に結び付いたのだ。体重を減らすのには、ウォーキングの方が向いていると身に染みた。さらに、長距離のランニングをした翌日は疲労感が重くのしかかった。ランニングの方がはるかに身体への負担やダメージが大きいのである。ウォーキングのメリットを悟った。

 熊本城マラソン大会後、ハムストリングスの筋肉を痛め、2週間の休養を余儀なくなされた、その後ウォーキングの生活に戻っている。

 先週の土曜日、競歩の入門コースの講習を受けた。正しい姿勢で歩くこと、腕は前ではなく後ろに振ること、そして大地をしっかり踏みしめてハムストリングスを意識し後ろに押し出すように歩くことの3つのポイントを教えてもらった。前に早く歩こうとするのではなく、腕と脚の力を後方に使い、その推進力で前に進むという発想だ。当然と言えば当然なのだが、それにはなかなか気づかないものだ。

 その翌日、42キロウォーキング大会に出場した。今まで時速6キロ前後でしか歩けなかったが、マラソン大会へ向けた走り込みと、競歩研修の成果を生かそうと、時速6.5時間の高い目標を設定し、最初から飛ばしていった。後半くたびれて失速し、目標には到底及ばないと思った。でも、それまで見なかった時計をゴール時点で確認して驚いた。6時間15分でのゴール。時速に換算すると6.72キロを記録していた。夢のような感覚に襲われた。7時間15分の間違いなのではないかと何回も確認したが、夢は現実のものだった。

 自分がそんなに早く歩けるなんて今でも信じられないくらい嬉しいできごとだった。この喜びを嚙み締めつつも、安住することなく、時速7キロの次のステージを目指したい。さらなる喜びを感じたい。充実した人生を送りたい。そして、若い人に何でもやればできると伝えたい。

(2017年3月13日、寺岡伸章)
12345 (4 投票, 平均値/最大値: 4.75 / 5)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

元気をいただいた

 2月19日故郷の熊本城(復興)マラソン大会に出場してきた。震災復興に向けて地元に元気を与えるつもりだったが、逆にゴールまで途絶えない応援の人々に元気をいただいた。地震がなければ、フルマラソンを走るつもりはなかった。

 半年前まで20分しか走れなかったのだから、今思えば飛躍的な発展だ。目標の5時間切りには及ばなかったが、60歳代男性の部では真ん中より上位だった。地に落ちた元文科省職員としての誇りと意地から最後まで歩かなかった。ゴールは涙が出そうなくらい感動した。

 素晴らしいランナーとも交流した。スタートラインで寒い震えていた今回が4度目の70歳代の男性、スタート前に大丈夫と激励してくれた千葉県から来た男性、スペイン巡礼の楽しい経験談を話してくれた横浜の男性、日本の応援が凄いけど寒いと流ちょうな日本語の台湾人、殿様のコスチュームで人気を集めていた被災地・益城町の青年、身体を揺さぶって走っていた関西出身の現役東大生、5時間切りで完走し交通事故から復帰したと喜んでいた福岡の熊本大好き男性、裸足でフルを走り抜いた男性、応援の人々とのハイタッチに熱心な女性。みんな笑顔が素晴らしかった。

 ランナーも応援も一体となり、大地震からの復興支援に邁進だ。やるぞ復興、必ず成功。
 みんな、ありがとう。
 一刻も早く、熊本城の天守閣に登ってみたいものだ。

(2017年2月21日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

肌年齢

 熊本城マラソン大会の前日、会場の花畑公園にゼッケンを受け取りに行った際、第一生命のブースでお肌年齢を計測をしてもらう機会があった。頬と掌をセンサーに当て、10秒ほどで結果が分かる。係の人の話では、肌表面の水分量や電導度で肌の若さを測定するという。肌の年齢は加齢とともに、緩やかなカーブを描いて衰えていく。平均的な計測値と年齢の相関のグラフは実測値をベースに完成しているので、被験者の計測値が得られれば、その人のお肌年齢が分かるという仕組みだ。

 列に並んで15分くらいだ過ぎた。二人前の女性はお肌年齢は50歳と計測器がはじき出した。でも、50歳よりは若く見える。本人はショックだったのだろうか、うつむき加減に会場を後にして行った。
 わたしの前の男性のお肌年齢は65歳と判断された。この男性も65歳よりもずいぶん若そうに見える。わたしは結果を恐れ、たじろぎ、その場から消え去りたかった。でも、そんな気持ちを隠すように、
「わたしのお肌年齢は100歳くらいかな」と独り言を言った。
「そんなことはないですよ。でも、この機械は実際よりも厳し過ぎる値が出るようなんです」と係の女性は慰めるように言った。
「手心を加えて、被験者が喜ぶような値を出さないと、第一生命の保険が売れませんよ」とわたしは強がりを言ったが、それには返答がなかった。

 測定の前に、年齢、身長、体重、運動頻度などの情報を入力する。それが終わると、左右の頬と掌の4カ所に金属センサーを当てて測定をするのだ。グラフが少しずつ描き出されていく。ドキドキする。
「いい結果かもしれませんね」係の女性の明るい声が飛び出す。それから、細長い紙が印刷されるのだ。女性はそれをちぎり取ると、
「凄い! A判定ですよ」と大きな声を出す。
 わたしは測定値の紙を受け取った、年齢よりも11歳も若い結果だ。心が跳ね上がった。思わず、
「第一生命に鞍替えしようかな」という軽口も飛び出す。
 わたしは年甲斐も無く、浮き浮きした気分でその場を離れた。

 お肌の大敵は紫外線と乾燥だと言われる。でも、屋外での活動が多い割には、紫外線対策はまったくやっていない(お陰でシミが増えた)し、化粧水を塗るなどの乾燥対策も皆無だ。それにもかかわらず、今回好成績が得られた理由はよく分からないが、よく運動をしているため代謝年齢が若いからではないだろうか。
 精神年齢はもっと若い(バカい)が、今回は測定対象外である。心の若さを測定する装置があってもよいと思う。身体の若さを左右するのは難しいが、心を操作する方が優しいかも知れない。
 自然や芸術を愛し感性を磨くこと、人の良い面を観察し褒めてあげること、そして努力を怠らず他人と比較せず誇りを持って生きること。これらが心の若さを決定つけているような気がする。
 そして、おそらく、お肌と心の年齢には強い相関関係があるのだろう。病気は気からと言うが、お肌年齢も気持ちからだ。厚く上塗りしても実態を覆い隠すことはできない。

 若いお肌年齢の測定結果のお陰で心も軽くなり、翌日のマラソンも気持ちよく走ることができた。長距離走もやはり心の状態が大切なのだ。

(2017年2月21日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

マラソン大会準備

 2月19日開催の熊本城(復興)マラソン大会まで2週間となり、今日は最後の練習として42キロを走った。荒川土手沿いに走ったのだが、途中ジョギングしている人にバンバン抜かれた。抜いたのは歩いていた人だけだった。スピードはまったく出なかったが、歩くこともなく、5時間17分かかって帰宅。特に足や脚が痛くならず完走したので、満足。気持ちよくお風呂に入り、冷えたビールも2缶飲んだ。残り2週間で疲れを完全に取り除かなくてはならない。

 走っていて思ったのだが、走りに集中する方がいいのか、走りとは関係のないことをぼんやり考えていた方が楽なのか判断は難しい。スピードを出したり、痛みを堪えたりするには、走りに集中すべきであるし、集中力は走っているという実感も高めてくれる。走り終わった後も、満足感は高い。ランニングを100%満喫したと思う。

 一方、走りながら他のことを考えていると、速度は出ないが、ふと現実に戻って気づくと、ここまで来たのかと驚くことがある。好調なときは足が痛くならず、それでもいいが、スピードが上がらないのが欠点である。

 でも、やはり走っているときには、ランに集中すべきである。仕事しているときには、仕事に、遊んでいるときには遊びに、飲んでいるときには飲酒に、女と話しているときには口説くことに。でも、そんな機会は少なくなった、いやほとんどなくなった。
 結局、走ることとと、歩くことしかわたしには残されていないのか。トホト。
 バカヤロー、文科省の天下り役人!

(2017年2月5日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...