メルマガ登録

 
2018年6月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
twitter
facebook

宗教

庭木の剪定

 母が亡くなって数年間、実家は空き家であったため、70坪程度の庭の樹木は茫々と茂っている。野性味があって逞しいとも言えるが、なんだか品がないようにも見えてしまう。やはり、少しでも人間の手をかけて住人の品格に相当する庭木にはしたいものである。
 庭師に依頼するということも考えたが、無収入の身でもあり、時間もあることからここは新たに経験をしてみることにした。やってみると意外に面白いかもしれない。

 さっそく剪定ハサミとノコギリを新調し、勝手に天に向かって伸びていた庭木の手入れをすることにした。脚立は小屋に収納されていた古いものを使用した。慣れない作業で落ちてしまうと、大けがをするので、無理をして手を伸ばさないように注意した。高いところは散髪されていない。
 初日は30分、翌日は1時間と増やしていったが、さしあたり作業を終えるのに5日間もかかってしまった。でも、面白かった。来年いた今秋もやってみようと思う。大げさに言えば、芸術作品を作っているようなもので、単純に枝葉が短くなったというのではなく、各々の木が散髪をしてスッキリした紳士淑女になったのではないかとも思えないこともない。わたしの腕は超初心者なのだから、刈り損ないが多いのだが、それでも超自然な頭髪よりもましなような気がする。

 ノコギリも剪定ハサミも新しいせいか、切れ味は鋭い。容易に刈れるので、面白くなり、つい刈り過ぎはしないかと気になったが、プロの庭師の仕事を思い起こしてみると、徹底して刈り込んでいたように思える。生前の母は刈りすぎでみっともないと愚痴をこぼしていたのを思い出す。そんなことを思い出しながら、ノコギリとハサミはぐいぐいと仕事をしていく。予想以上に刈り込みのスピードが速い。なんだか子どもが彫刻刀を与えられて、木版を熱心に彫っているような気分になった。
 枝葉が削ぎ落されたので、視野も開けてきた。木々が空間を争うように占拠していたが、勢力範囲が決められて落ち着きを取り戻したようだ。おそらく自己満足だろうが、庭も生き返ったように感じられる。蝶にも気に入られたのか、どこからか数匹が飛んできて、庭で羽を休めている。疲れもあまり感じずに楽しい初体験だった。

 剪定作業の3日目が過ぎたころ、親戚の伯母さんが急いでやってきて、「家屋の南側に植えられた樹木は切るな」とわたしに注意した。家屋や庭木に手を入れるべき季節は決められているため、それに背くと、神々の怒りを買うというのだ。5月は北側と東側の庭木に手を入れ、南側は9月に回せと真顔で忠告された。祟りは恐ろしいとまで言われた。親父が56歳の時急死したのは、家の改築が終わってからすぐだった。やるべき時期を間違えたために、悪い結果を招いたのだと諭された。その因果関係を科学的に探求することはできないが、無理に実行するよりも、ここは話を受け入れた方がよいと思った。南側の樹木はほとんど終わっていたが、残りの作業は9月以降に回すことにした。土地の神様を鎮めるため、塩を庭に撒いて清めた。
 わたしの剪定作業に気が付いた、隣の畑で農作業をしていた農家の方が獲れたばかりの玉ねぎをくれた。急がずにぼちぼちやって下さいと言われた。その言葉の意味は身に沁みてよく分かる。何事にもリズムがあるのだ。必要以上に急いだりすると、怪我や病気など不測の事態を招くことになりやすい。大事なことは急ぐべからず。自然のリズムに合わせて動けばいいのだ。

 こうやって、庭の剪定作業は無事に終わった。仕事や義務としてではなく、庭をいじりつつ自然と一体になろうという試みはスタートしたと思う。田舎生活の魅力は自然や神々や人々との共存である。新しい生活はうまくいっている。今後の展開が楽しみである。

(2017年4月25日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

悪い奴ら

 悪とは何だろう。ウソを言ったり、表面ばかり取り繕う人とはあまり付き合いたくない。でも、そのような人は悪い人かもしれないが、真の悪とは言い難い。こちらが注意すれば、被害を最小限に食い止めることができるので、たいした悪ではない。

 では、本物の悪とはどのようなものなのだろうか。振り込め詐欺はどうか。これは知能犯だが、これも冷静に対処できれば、問題が起こることはない。騙される方の防御に問題がある場合があるので、極悪とは言えない。還付金があると言われて、ATMの前で相手の指示通りに操作するのは、還付金というエサ(欲)に釣られているからだ。つまらない欲を捨てれば、罠に嵌まる恐れはない。

 真の悪は悪の顔をしておらず、むしろ善のように見えるのではなかろうか。これは怖いし、騙しから逃れることは難しい。なぜならば、我々は常に善を為そうとしているためである。善を追っていくと、いつの間にか迷路に入り、知らないうちに悪に荷担していることがあるのではなかろうか。戦争を嫌悪し平和を叫ぶ人々によって却って戦争への道が整備されることがあるような気がする。あるいは、小さい悪を許容できないが故に、大きな悪を招き入れる場合があるのではないのか。つまり、どんなに善人ぶっていても、心の中には常に悪が浮かび出そうとしているからだ。ちょうど、体内でいつもがん細胞が発生しているが、免疫細胞がそれを叩いているため、がんが顕在化することは滅多にないのと似ている。免疫細胞はつねに正義の味方かと言うかと、それが正常細胞を過剰に攻撃し、病気を発生させてしまうことがある。善悪の区別も身体も深淵である。

 では、このような人は悪なのか善なのか。世の中は結局のところ、搾取する側とされる側に分けられており、この世を楽しく過ごすには前者の立場にいたほうがよい。このような発想は悪なのか、それともニュートラルであり、真実を語っているに過ぎないと考えるべきなのか。搾取する側は権力とお金を持ち、人々を支配したり自己の欲望を叶えようとする。支配は悪とは言い切れない。リーダーシップと言い換えれば、イメージが180度転換し善になる。権力は突然暴力的になる可能性があるから、恐ろしい。悪になることもある。お金はどうか。お金には罪はないが、お金持ちはそれを利用して、横柄に振る舞う場合があり、迷惑だ。このとき悪に転じる。

 これは未解決の問題だ。でも、社会の法令に抵触せず、権力を得たり、お金持ちになろうという行為は許される。社会はそれを認めている。人間の価値は所有する資産の額や社会的地位に比例すると考えている人は少なくない。すくなくとも資本主義という社会システムはそうなっている。拡大再生産が資本主義のエンジンだが、そこには悪が潜むと考えてもおかしくはない。人間の諸問題の原因はお金の不足にあること(例えば、貧窮や差別)を考えると、社会システムが正当化されても、それを信奉する人々は悪ではないのか。少なくとも悪の萌芽を孕んでいる。じつはこのような行為は発展のエンジンでもある。資本主義は発展をメカニズムを巧妙に取り入れているのだ。欲望という悪の萌芽が社会を進歩させるのだが、その小さい動機は社会の大きな歯車を回転させ、結果として悪を社会にもたらす可能性がある。少なくとも悪をゼロにすることはできない。

 我々の心の隅で悪が浮き沈みしているように、社会にも悪が蔓延っている。もちろん、善も健在だ。悪を退けて、善を行うと人々は軽々しく言うが、本当のところは極めて難しい。でもこれだけは確かに言えよう。人々の苦しみを少しでも軽減化するする行為はその時点においては絶対的に善であると。
 人間性を大切にすることは大事なことだが、その人間性には欲が潜む。欲がなければ、人間の物語は進展しないし、面白くもない。そう考えると、やはり、人間は人間的に生きようと思えば、悪なしには生きられない。善なる神がこの世を創造したとき、なぜ人間の心の中に悪やサタンも造ってしまったのかという命題は神学論争の一つだが、わたしには難しすぎて答えが分からない。

 人間は罪深き存在である。「善く生きる」ことがわたしの人生目標であるが、それは容易なことではない。

(2017年2月28日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

正月三が日

 今年の元旦は近くの荒川の土手で初日の出を迎え、清々しいスタートだった。
 おせち料理は食べず、お雑煮を食するだけの簡単な食事となった。正直言って、おせち料理はあまり美味しく感じられないからだ。その代わり、朝食にはカンパチとブリの刺身、昼食は豚肉のステーキ、夕食は毛ガニ一匹をそれぞれ食べ、大満足の元旦になった。やはり好きなものを好きなだけ食べるに限る。

 2日は、東京駅6時30分発の鹿島神宮行きの高速バスに搭乗した。暗いうちからの始発であるためか、乗客は少なかった。バスの中からも日の出を拝むことができた。幸運だ。2時間の搭乗は、往復ともスペイン語の単語学習に充てた。まだ記憶力は健在のようだ。
 鹿島神宮は、茨城県南東部の北浦と鹿島灘に挟まれた鹿島台地上に鎮座する。大国主の国譲りの際に活躍した武甕槌神(タケミカヅチ)を祭神とする由緒ある神社である。武道で篤く信仰される神社でもある。昨年大活躍した鹿島アントラーズのスタジアムまでは2.5キロの距離である。アントラーズに敬意を表した。
 鬱蒼と茂る鹿島の森の空気は美味しかった。神気を十分吸収させていただいたので、今年は攻めの姿勢で突っ走れそうである。思い出に残る初詣となった。

 3日は、5時間走だ。年末年始のランニングの総仕上げになる。午前6時20分に家を出て、荒川土手伝いに上流方面に走り、2時間30分後に折り返してくるコースだ。この日も日の出に向けて手を合わせた。富士山もくっきり見えた。この日の箱根駅伝の復路は大学生5人で5時間以上を走るが、わたしは一人で5時間を走るのだ。どうだ凄いだろうと心の中で思った。でも、ジョギングのペースだが。
 北風が吹いたためか、復路は往路よりもいいタイムで走り切りことができた。2月19日の故郷の熊本城(復興)マラソン大会で目標としている5時間切りには、もっとスピードを上げないといけない。残された時間は7週間を切っている。練習メニューの改善などやるべきことはたくさんある。
 帰宅後、風呂に入って、足を入念にマッサージした。疲労を取るのも重要な練習メニューのうちだ。バスタブで解放された気分に浸った。風呂上がりのビールも美味しい。昼食後の昼寝も気持ちよかった。

 正月三が日はこうやって過ごした。
 神への祈り、美味しい食事、ビールと日本酒、長距離走、スペイン語と英語の学習、ランニング後の風呂と昼寝。
 さあ、今年もいい年になれそうな予感がする。頑張らなくちゃ。

(2017年1月4日、寺岡伸章)
12345 (1 投票, 平均値/最大値: 3.00 / 5)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

夜明け前

 人は若い時に時間を有効に使いたいと、深夜遅くまで飲んだり、遊んだりして、活動するものであるが、だんだん年を取ってくると、夜遅くなると眠くなるし、まだ外が暗い早朝に目が覚めるようになる。
 でもこれを悪い習慣と考える必要はまったくない。漆黒の世界に飛び出し、外を歩こう。ひんやりした空気が精神を引き締めてくれるので、気持ちが良い。しばらく真っ暗な中を歩くと、心細かった自分に慣れてくるせいか、安心がやってくる。心が落ち着く。
 明けない夜はないという有名なフレーズにあるように、少しずつだが辺りが明るくなってくる。そのペースは遅いが、確実だ。わたしが大好きな瞬間である。何もなかったところから、山の稜線が現れてくる。ぼんやりしていたその線ははっきりしてくる。一度明るくなるとそのスピードは速くなる。
 宇宙の誕生だ。地球が立ち上がってくる。自然や人工物が姿を現す。物質世界は毎日生滅を繰り返しているという感覚が蘇るのだ。自分もまた、地球とともに蘇る生命の一つである。
 最後に太陽が昇ってくる。いきなり強い光線を身体に浴びせてくる。身体の中の生命を活性化させる。元気になる。

 地球の果てまで、長いフライトに揺られながら、時差ボケにも負けず、出かけて行って、絶景を楽しむこともよかろう。地球環境が美しいうちに経験しておくことは意味がある。でも、身近なところにも、感動を与えてくれる瞬間があることを思い出して欲しい。漆黒の夜から宇宙が誕生する瞬間は何度経験しても飽きることはない。

 早朝に目覚めるのは神からの贈り物なのだ。そのメッセージを受けとるかどうかで、時間の価値がずいぶん変わってくる。

(2016年12月27日、寺岡伸章)
12345 (1 投票, 平均値/最大値: 4.00 / 5)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

神社で目覚めよ!

 昨日、神田明神で開催されたシンポジウム「神社で目覚めよ!」に参加して来ました。テーマは一刻の猶予のなくなった地球温暖化問題に神社はどのように対処すべきかを議論する会合でした。安倍総理昭恵夫人、山本良一東大名誉教授、神社本庁総長、鹿島神社の宮司、浅見帆帆子作家などが登壇し、意見を交換していました。

 昨今のパワースポットブームで神社参りの人気が出ていますが、映画「君の名は。」にも神社が舞台となっているのは偶然ではないと思っています。みんな心の安らぎを求めているのです。映画の最後の再会の場面は四谷の須賀神社がモデルになっていますが、わたしの職場から近いので先日行って来ました。聖地巡礼をしている方々も見かけましたよ。
 
 戦後、占領軍のGHQのプレスコードで、日本は神の国であるという報道や神話がタブー視されてきましたが、それが今解放されつつあるようにも思えます。やっと正常に戻りつつあるのです。わたしが神社や寺院に関心を持つようになったのは、東電原発事故以降ですが、世相も変わりつつあるのかもしれません。もう二度とあのような事故は起こしてもらいたくないです。原発がなくても生きていけます。

 大阪の牧岡神社の宮司の話では、数年前からお笑い神事を始めたところ、昨年は2千人まで膨れ上がり、20分間もみんなで笑い続けたというのです。心の窓がパカッと開き、笑いの神と結びつくのでしょう。今年12月23日には、神話を知っていただくために、お笑い神事に合わせて演劇も行うとのことです。

 登壇された宮司の方々は注目されるようになり、自信を取り戻しつつあるようにも見えました。

 さらに、ゲストスピーカーとして、7名のアイドル歌手グループ「神様アイドルプロジェクト」の2人の女の子が紹介されていたのも印象的でした。プロデューサーは神社関係者とのことですが、このような形で神話が若者に浸透していくのかもしれません。

 自然、歴史、文化、環境保護、地域活性の再興を神社を通じて行うというのは日本人に心にフィットするように思えます。神道が政治に利用されるのは警戒しないといけませんが、神社や祈りのブームがやって来ていると思うこの頃です。

 キリスト教の聖地のサンティアゴ・デ・コンポステーラの大聖堂まで歩いて巡礼しようというブームがフランス、ドイツだけでなく、韓国や米国でも起こっているというのは偶然ではないのかもしれません。毎年20万人以上が歩くと聞きます。来年の夏、妻と800キロ歩いて、ブームを確認して来ようと思っています。

(2016年12月20日、寺岡伸章)
12345 (1 投票, 平均値/最大値: 3.00 / 5)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

歴史を循環させよ

 歴史は古代、中世、近代と発展してきたと信じられている。現在の先進国が採用している民主主義と資本主義が歴史の終着点であるという米国の学者もいる。本当にそうだろうか。
 人々の資産の格差は広がるばかりで、近代文明の恩恵を受けられずに、国外に流出されてしまう難民も少なくない。人類の活動のために地球環境は劣化し続けている。人類の生産・消費に抗して自然が首尾よく循環するには地球が4個も必要だと言う。それほど人類の存在は種が減り続けている地球上の生物や環境そのものにとって「迷惑」な存在となっている。
 ホモサピエンスは地球上のほぼどこにでも分布し、80億匹?まで膨張しているのだから、完全な独り勝ちである。自分たちだけよければいいという態度にみられても仕方がないだろう。

 このようになってしまった大きな原因は発展史観にある。ホモサピエンスは数が増えるだけでなく、そのエネルギーや食料の消費量が半端でない。それらを支えてきたのは科学技術なのだが、地球との共存に転換しないと大変なことになる。21世紀末には地球の平均気温が少なくとも2度上昇するというのだから、大きなインパクトを与えることはまちがいがない。

 近代の始まりは神を殺し、共同体意識を解体し、個人の自立を促すことだった。自立と言えば聞こえはいいが、一方で孤立や孤独を促進していった。誰もが共同体を脱し、特定の組織の下で賃金を稼ぐことが強要されるようになった。大都会が砂漠と呼ばれるのは何かの理由で賃金を稼げなくなった人々の心象風景である。

 行き詰っている近代を救うために歴史を循環させよう。神々がまだ信じられ、共同体が機能していた中世を復活させよう。人々は神々や自然に感謝しながら生きていたはずだ。縄文時代は1万年も続く、平和で安定していた時代だった。近代のような急激な発展はなかったが、人々は自然と共存して生きていた。

 人間にとって幸せなのは発展があるからではなく、神々や自然や人々に温かく包まれているという安心感である。進歩はあくまでも二義的な意味しかない。近代の物質的な豊かさを捨てよというのでは決してない。近代が失ってきた大切なものを取り戻そうではないか。それが中世に信じられていた信仰心であり、縄文時代の自然共存意識である。これらを復活させられれば、人間は不安を取り除き、もっと幸福になるはである。進歩崇拝は結局のところ、強欲な金銭崇拝者を利するだけである。彼らは人々の温かい絆は金銭的価値のないものとして無視する。自然を汚したり、破壊しても罪の意識もない。破廉恥なのだ。

 毎朝、神棚や仏壇で手を合わせよう。神社にも出かけよう。日の出に手を合わせよう。山や海に偉大さを感じたら、祈りを捧げよう。モノを大切に扱おう。そこには霊が宿っている。食べ物に感謝し、残さないようにしよう。人と接することには、その人の背後にいる祖先も意識して振舞おう。人間は完全な個人ではない。祖先や郷土や自然とつながっているのだから。

(2016年12月19日、寺岡伸章)