メルマガ登録

 
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
twitter
facebook

エッセイ・小説

裸になれ

 人間は生まれたときは裸であるが、恥ずかしさを知るにつれ、衣服を身に付けるようになる。これは自然なことであるので、特段非難するようなことではない。しかし、心の問題になると、そう単純には割り切れない。人間は自分を護るために心に壁を作ってしまうのだ。心を開放し、他人を受け入れるのは本当に難しい。でも、これができるようにならなければ、人と心から交流するようにはなれないし、人として真の喜びを味わうことはできない。人間は心の存在であり、究極的な幸福は心の交わりであるからだ。

 比喩的に言うならば、自分の家に人を招くことができるかどうかだ。人を家に挙げるとなると、掃除をしたり、いろいろと気を遣ったりしなければならないから、面倒だ。人間は面倒なことを避ける傾向があるため、多くの人は自宅への招待は避けようとする。友人には「いつでも来てよ」と言っても、本心からそれを言っていないと、相手からお愛想や外交辞令と見透かされ、家にやってくることはない。

 もちろん、心を開かなければ、生きていけないわけではない。なんらかの才能があれば、一門の人間になれるし、所得も社会的地位も得られるので、それなりに充実した人生を送ることができるだろう。しかし、それでも人を自宅に招くことができるように、勇気をもって自分から心を開くことで、相手の心を開かせ、親密な関係を築ければ、人間は真の幸福を獲得することができるだろう。
 これは言うは易いが、実行は難しい。幸福そうな表情をしている老人を見るにつけ、ありのままの自分を曝け出し、それでいて自然で愛すべき存在に見える。目指すべき一つの理想形である。この領域まで達することができれば、財産なんか要らない。お金を求めて、あくせく働いている人が愚かに見えることだろう。

 これはわたしにとって重要なテーマだ。
 来週、頭を3分の坊主にする。髪の毛は自己をよく見せかける一歩であり、自己保身の象徴でもある。これをばっさり切り捨て、ありのままの自分に帰るのだ。そして、四国お遍路にでかけ、心の壁を取り除くのだ。そうすれば、誰に対しても心のしこりがなくなり、ゆったりした恍惚の心境で生きることができるようになるだろう。

 人は裸で生まれて、知恵をつけて、心を飾るようになるが、その心を開放できるかどうか。このあたりに人間の器の指標があるような気がする。これができるようになれば、涅槃の境地に至るだろう。果たしてできるかどうか。人生は修行である。
 心を開け!
 と自分に言い聞かせながら、生きていこうと思う。

(2017年10月4日、寺岡伸章)
12345 (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

犬も歩けば棒に当たる

 定年退職を機に、美術を始めた。小中学生のときのことを思い出すと、音楽と体育はまったくダメだったが、美術はそこそこの成績を収めていた。さらに、自宅に放置してあった荷物を整理していると、高校時代に獲得した西日本読書感想画入選の盾が出て来た。すっかり忘れていたのだが、当時の模様が鮮明に思い出される。これも何かの啓示なのだと思い、美術を始めたのである。じつに43年ぶりのことだ。

 まずは基本からと考え、デッサンに取り掛かった。有名な絵画の模写、自分や身近な人の顔写真の写生、果物や野菜などの静物画に挑戦した。やってみると、意外にもいい出来栄えだ。もちろん、半分は自惚れているのだ。何の責任も果たさなくてもよい悠々自適な生活を得たのだから、少しぐらい自画自賛してもよかろう。こんなことは人生のほんの一時期にしか起こらないことなのだから。

 デッサンを数十枚描いて気づいたことがある。描く対象の欠点が重要な要素であり、描く上でのカギとなる。例えば、顔の写生を行う場合、ほくろ、皺、シミをうまく発見して、描き出すことが、その人の個性を引き出すうえで大切なことのようだ。目も左右で異なるし、鼻も曲がっているし、唇も不格好である。これらの崩れを見抜き捉えないといけない。そうすると、自然と画用紙に浮かぶ顔が本物に似てくる。

 果物でも同じである。傷やシミのない果物はじつに描きにくい。欠点があるほど、描く材料が増え、描きやすくなる。人間も同じようだ。
 ただ、それらの欠点はしっかり観察しないと発見できないことが多い。微妙な影や皺はぼぉーとしていては分からない。対象物としっかり対峙しないといけないのだ。真剣勝負と思わないといけない。
 果物からすると、描いてくれてありがとうと、言われるくらいになりたいものだ。作者にとっては、果物は画材にもなり、食しても美味しいのだから嬉しい限りだ。今までただ食べるだけで気づかなかった果物の表情が分かるようになったようだ。果物冥利に尽きるだろう。

 こんなことをやっていると、思わぬところからオファーがやってくる。太鼓を叩いている裸の男性の写真を差し出され、これを描いてみないかと言われたり、肥後六花を描いたグラスを地元の特産品として販売したいが、花の絵をイラストできないかと誘われたり、新聞のモノクロギャラリーに投稿してみたらと催促されたりするようになった。
 どれも、駆け出しの私にとっては身に余る光栄であるが、同時に身が引き締まる。仕事で感じた感覚が呼び起こされるのだ。これが快適か不快かで、ことの成否が決まるのだろうか。私の場合どちらに転ぶのだろうか。

 犬も歩けば棒に当たる。死ぬまで、完全に解放してくれそうもない。

(2017年9月26日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

世間は悪魔と鬼ばかり

 ある大学教授と話していたのだが、今の大学生は他の学生と異なることを実行するのを極度に恐れているという。みんなと似たような価値観を持っていれば、誰からも責められたり、のけ者にされたり、虐められたりする恐れがないからだろうか。決められた路線から外れて生きることに恐怖を抱いているともいう。心の中に不安を抱えて生きているように思える。まるで、年老い、死を怖がる高齢者のように。就職活動に失敗したり、留年したりしただけで、自らの命を絶ってしまうか弱い学生は少なくないそうだ。

 みんなと同じようなことをやったり、流行を追っていては、独創的な仕事を行うことはできない。国際的な厳しい競争に曝されている企業の立場からすると、斬新な発想を創出し、それを実行できる人材を欲しているのだが、学生のほうはそれとは逆の方向に行っているように見受けられる。これが本当だとすると、日本企業は競争に敗れていくことだろう。

 先輩後輩の関係は西欧にない奇妙な人間関係なのだが、親孝行の慣習は弱くなっても、若者の間でも一向に弱体化していない。東日本大震災を契機に人々の絆が大切にされるようになったが、身近な人的関係ばかりが強調され、内向きになっているようだ。真面目で覇気がないとされる所以だろうか。

 西欧社会は神と個人の関係が基本となっているため、社会的権威や伝統がなんと言おうと、神の意思に忠実であれば、わが道を進むことができる。死後救われるし、困難に陥っても精神的支えになるからだ。世間や仲間の価値観や世間の自分を見る目はあまり重要ではない。神を信じる限りにおいては、人間はあらゆる束縛から自由なのだ。

 日本にはそのような万能の神が存在していないためか、個人が共同体の中で相対的に位置づけられるようになる。自分の価値や評価は外から規定されるのだから、周囲の目を気にするようになるのだ。

 でも、自然や大宇宙を神として捉え直し、それとの絶対的関係において自分を規定できないものだろうか。かつて日本でも「お天道様が見ている」とよく言われたものだ。お天道様に申し訳ないことはやらないと考えて自分の行動を抑制したものだ。お天道様は自然崇拝の一つの形態と考え、それを神に見立てて、契約を結び、自由の身となって人生を切り拓いていくのだ。

 パワースポットや聖地巡礼が見直されている。それが自然崇拝へと進み、新しい「神」の発見へとつながっていけば面白い。ただし、そこには悪魔もあなたを狙っている。自然崇拝の顔をした新興宗教があなたの心だけでなく、財産も狙っている。金太郎飴のような人生を嫌い、自分らしい意義のある独自の道を歩もうと思った瞬間、悪魔が近づき耳元で甘い言葉を囁いてくるであろう。それは振り込め詐欺よりも恐ろしい。

 渡る世間は鬼ばかりである。しかし、じつは世間は楽しいことで溢れかえっている。この世は天国でもある。それを見極められるかどうかで人生が決まるのだが。

(2017年9月24日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

小説『歩禅』

 八代市内の宮嶋スポーツ財団の駐車場は約100人のウォーカーで混雑していた。八代から薩摩街道沿いに八女の卑弥呼公園まで100キロの道のりを24時間以内に歩く大会が開かれようとしている。出場者は主催者の山田会長の挨拶もそっちのけで、不安そうに黒い雲ばかり見上げていた。天気予報は90%の降雨と発表され、いつ雨が落ちてきてもおかしくはなかった。
「アキ先生、卑弥呼公園で待ってますけん、必ず完歩して下さい」
 高専の学生たちが応援に駆けつけてきていた。出場を知らせてはいなかったが、どこかから情報を入手したらしかった。
私には大会への明確な目標があった。がんで入院中の綾子叔母さんの無事の退院を祈念することだ。私も最後まで頑張るので、叔母も頑張って元気になって欲しい。子どもに恵まれなかった叔母は幼少の私をわが子のように可愛がってくれた。
 正午のスタート後、臨港線から薩摩街道に入るころには天から雨が落ちて来た。ポンチョを取り出して着るのだが、雨が小降りになると、ポンチョをリュックにしまった。しばらくなると、また雨がひどくなり。そんなことを繰り返しなり、雨は勢いを増していった。天は手加減をしてくれそうもない。
 綾子叔母のためにも簡単に負けるわけにはいかない。暴風雨は私の覚悟を試しているように勢いを増していく。厳しい試練である。私は歩くことに集中した。土砂降りになるほど、わたしの闘争本能に火が付いた。余計なことは何も考えず、人間機関車になるのだ。ざぁざぁと脚を勢いよく前に踏み出す。昨年は苦しさから逃れる方法ばかり考えていたが、今年はへなちょこな私はそこにいなかった。どんな豪雨でも明日になれば消えてしまい、青空が広がる。自然がどんなに私を苛めようが、それに屈しなければ勝利はこちらに転がってくる。敵は苦難から逃れようとする弱い自分だ。辛くても心は燃え盛っている。
 それでも、靴の中は雨水が侵入し、ずぶ濡れになっている。足の裏には肉刺ができ、痛み始めていた。足の甲や下半身の筋肉は悲鳴を上げ、歩きを止めろという信号を発している。痛みは今まで経験したことのないレベルに達してきた。トラックは雨の中でもスピードを緩めず、水たまりの泥水を蹴散らしてウォーカーに浴びせる。屈辱感を覚える。弱い自分はこんなバカなことはもう中止したらどうか、ほとんどの人はリタイアするのだから恥ずかしくはない、ここまで頑張った自分を褒めて上げられよ、そんな気持ちが心から湧いてくる。でも、発想を変えると、病床に横たわる患者は命を天に委ねるしかないが、健康な身体を持つ自分は完歩かリタイアかを判断できる立場にいる。自分で運命を決められるのだ。
 田原坂に差し掛かると、一層風雨は増した。県境では暴風雨になった。大会が中止になっているかどうかさえ分からない状況になった。痛みは背中まで這い上がってきた。もうこんなバカなことは止めよう。叔母の健康を祈ったからと言って、それが通じるとは限らない。自分の身体をこれほど痛めていったい何になるというのだ。後遺症が残ったら、みんなに嗤われるだけだ。私は世界一愚かで、思いあがった人間はなかろうか。
後ろから誰かが歩いて迫ってきた。でも、抜いていく様子はない。私は振り返ってみたが、誰もいない。そんなことが何回か続き続き、はっと気づいた。4年前に亡くなった母なのではないか。苦しんでいる息子を励ますために、後ろから付いてきているのだ。死んでもなお息子を大切に思う気持ちに心が熱くなった。それに比べて、母の生前私はどれほど親孝行をしたのだろうか。自然の試練がどんなに厳しくても、それを上回る応援を母はしてくれているのだ。母に頭を深く垂れた。
 私は歩きに集中した。過去も未来も私には変えることはできない。自分が立ち向かっていけるのは現在しかない。現在にすべてを賭けずして、生きていくことの意味がない。人生は暇つぶしではない。ここでは敗北は絶対あり得ないのだ。あとどれだけ距離が残っているかではなく、今の激痛に耐え、次のエイドステーションまで辿り着くことだけを考えた。一息つけば、エネルギーが身体から湧き出てくるかもしれない。ボランティアが熱いお茶を持ってきて、頑張って下さいと声をかけてくれた。歩いている私たちよりもテントの中で夜通し立ち尽くしている彼らの方が辛いと思った。少なくとも私にはできそうもない。
 深夜3時頃には雨が急に止んだ。やはり、豪雨がどんなに激しくても終わりは確実にやってくるのだ。空が晴れ、月と星が輝き始めた。じつに美しい光景だった。太陽が昇り、大地、川、田畑を形成し始めた。
ついに、ボランティアと学生たちが拍手で迎えるなかをゴールした。100キロウォークの恐ろしさを知らされた2日だった。お前はよくやったと自賛すると感激の涙が溢れた。身体の痛みは消えていた。綾子叔母さん、やったよ。これで無事退院できるよ。願いは必ず通じるから。そう思った。でも、しばらくすると、全身から汗が吹き出し、意識が遠のくのが分かった。自分の身体に何が起こっているのか分からないまま、意識が消えて行った。
 意識が戻ったときは病院のベッドの中だった。低血糖症と告げられた。歩きに集中する余り糖分の補給を怠ったのが原因だった。再び激痛が身体を包み込んでいた。鏡の中の自分の顔色は悪く20歳以上も老け込んでいた。

 半月余りが過ぎ足の疲れも取れたので、ウォーキングを再開した。ゲートボール場から大きな声がかかってきた。
「アキちゃん、どけ行くとね?」
 張りのある声が聞こえると、女性が近くに駆け寄ってきた。綾子おばさんだった。手術を受けて一回り小さくなったものの、顔色はよく、元気に溢れていた。大手術を受けたとも思えなかった。
「アキちゃんは大学の先生で偉かけん、おどんま百姓とは違うたい。武者んよか体育着ば着て、恰好よかね。もっと田舎もんにならんと、付き合いにっかたい」
 相変わらず直截的な話し方だった。本当に元気になってよかった。私の祈りは効き目があり過ぎたのかもかもしれない。これでいいのだ。来年も100キロウォーク大会に出場しようと決心した。(了)

(2017年9月15日、寺岡伸章)
12345 (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

防空壕を作ろう

 わたしの故郷八代市が米軍の戦闘機B25によって爆撃されたとき、死者は49名だったと記録されている。もちろん戦前のことである。
 戦前は日本全土に防空壕が盛んに作られたが、それは爆風から身を護るためだった。それでも、近くに防空壕のないときに戦闘機にかち合ったらどうすればいいだろうか。それは川に飛び込み、手で目と耳を抑えて爆風から身を護ることだ。目と耳は爆風に弱いから、護らないと、目は飛び出し、鼓膜は破れてしまう。これは戦時中の常識であったが、平和な時代が長く続いたためすっかり忘れられてしまった。

 北朝鮮がICBMミサイルと水爆と思われる核兵器の開発に成功し、脅威は急激に増した。北朝鮮の狙いは核弾道の開発で米国を交渉のテーブルに引き出し、金体制の存続の保証を取り付けようとしていると考えられているが、本当にそうなのだろうか。北朝鮮の幹部はそこまで冷静に米国等の動きを分析しているのだろうか。水面下で両国の交渉は進んでいるのだろうか。
 北朝鮮が仮に韓国や日本に先制攻撃を加えた場合、一斉に反撃され金体制が崩壊することは自明である。そのような合理的な判断をする仕組みがまだ維持されているのであろうか。そうであるならば、安心である。横須賀基地や佐世保基地が攻撃される可能性はない。

 しかし、何が起こるか分からないのが世界の歴史である。相手の出方を読み間違えることもあり得る。北朝鮮の暴発が第三次世界大戦を招くという危機も潜んでいるように感じる。核戦争になれば、世界中が放射能に覆われるため、2週間程度は核シェルターの中で待機し、地上に出ない方がよいと言われている。庶民は核シェルターを持ち合わせていないので、そうなれば命の保証はない。諦めるしかない。
 核戦争にならないまでも、通常兵器による戦争はあり得る。少なくとも個人レベルでいざという時に備えておくべきではないのか。お金持ちはシェルターを購入すればいいが、庶民は戦闘機がやってくれば近くの川に飛び込むか、時間的余裕があれば戦闘機がやって来ない山奥に疎開するしかない。

 北朝鮮が賢ければ、日本や韓国の大都市圏でミニ核爆弾でテロを起こして社会を攪乱する戦法を取る可能性はあろう。ミサイルや核兵器と言ったビッグな脅威に目を向かせておいて、都心でテロ爆発を起こし、高度情報社会を混乱させると言うやり方だ。エージェントを多数送らなければならない。そこまでやってしまうと、日本政府は手の施しようがなくなり、北朝鮮の要望を聞かざるを得なくなるだろう。そこまで考えているのかどうか。

 首都圏を人質にして交渉する能力があるなのかどうか。それは分からない。

 防空壕を掘ろう。川に飛び込もう。田舎に疎開しよう。少なくとも心の準備はしておくべきではないのか。物騒な世の中になったものである。

(2017年9月6日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

人生100年時代

 ○○××博さま、いつも鋭いご指摘に感銘を受けています。 

 昨日は早朝からゴルフラウンド(スコアは秘密)、昼寝の後で地元の製紙工場見学、夕刻から工場主催の夏祭りを堪能してきました。福引では木下サーカスの無料券を2枚ゲットしましたので、良い一日となりました。

 今年4月の帰郷後は特定の活動に専念することなく、まずはできるだけ多様な活動に顔を出し、人的ネットワークの拡大を行っているところです。フィットネスクラブに週に2~3回、ゴルフ週に1~2回、美術クラブ週1回、文芸クラブの合評会月1回、小生主催の勉強会年数回、高校OBのハイキング月1回に参加しています。その他、市立博物館の友の会会員、商店街主催のウォーキングラリー、歩け歩け大会などにも参加。スポーツと芸術のバランスを上手く取るのに苦労しますが、優れた人材にも巡り合い、良い交流ができると楽しみにしています。

 毎朝NHKの語学講座で外国語の習得に励んでいますが、こちらは継続することに意味がありますので、ボチボチと言ったところです。海外駐在経験8年半の私にとって、海外は私のライフワークの一つですので語学学習は必須です。
 また、行政経験が長かったせいもあり、自治体の首長や議員をやったらどうかという誘いもありますが、カリスマ性に欠け、かつ実現すべき未来が「見えない」ため、うまく当選したとしても、特別にユニークなことはできないと思っています。政治や行政は権力が好きな人に任せましょう。

 それに今までの延長線上で人生を生きるよりは、学生の頃の気持ちに立ち返り、新しいタイプの人生を切り拓いていきたいものです。それがどのようなものであるかは、私にも具体的にイメージできませんが、少なくとも人類が遺してきた「遺産」は人生を豊かにするものばかります。それを十分享受しない手はありません。人生100年時代にふさわしい生き方とはどうあるべきか、模索と挑戦が続きます。自分にしかできないオンリーワンの生き方があるはずです。
 そうは言っても、まずは今日1日を大切にして有意義に生きることですが大切ですが。余談ですが、今秋四国のお遍路の「通し打ち」を企画中です。自由人の私には長旅が合っているようです。
 
 新時代にふさわしい後輩たちのモデルとなる生き方ができれば、最高ですね。

(2017年8月23日、寺岡伸章)
12345 (2 投票, 平均値/最大値: 3.00 / 5)
読み込み中 ... 読み込み中 ...