メルマガ登録

 
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
twitter
facebook

エッセイ・小説

帰郷のご挨拶

八代の未来を科学する会の関係者各位

 「八代の未来を科学する会」の開催について、ご理解とご協力をいただき、大変ありがとうございます。謹んでお礼を申し上げます。
 当会の連絡幹事役を務めてきましたわたしこと、寺岡伸章は本年3月末日で文部科学省を定年退官し、4月7日に故郷・八代に移住してきました。今後とも、地域活性化のために当会を開催してまいりますので、引き続き宜しくお願いするしだいです。

 なお、本日固定電話が接続され、ネットワーク環境が整ったため、こうして連絡を差し上げることができるようになりました。そのため、メールの発信が遅くなったことをお詫び申し上げます。

 帰郷 し、一か月半が過ぎますが、八代が如何に住みやすい街であるかを再発見し、妻ともども新しい生活を享受しているところであります。東京の満員電車と背広から解放され、人間性を復活させているところです。
 今後はあらゆるものから自由になり、想像力を発揮することに価値観をおき、生きていきたいと思っています。ちょうど束縛的な大学受験が終わって自由気ままでアカデミックな大学生活をエンジョイしたように、現在公務員生活という拘束された生活から解放され、二度目の青春時代がやってきたと喜んでいるところです。

 学生時代に国内外を気ままに旅行したように、今後とも八代の善良な人々との交流を深めつつも、ふたたび国内外を探索していきたいと考えています 。八代の将来を考える上でも、ヒントになることが地球上に散らばっているはずです。
 6月上旬からスペイン北部の世界遺産の道800キロを踏破する旅に出ます。学生時代の気分に戻り、8キロのリュックを担ぎ、妻とともに40日間歩き続けます。この旅は宗教的な修行であり、また人生そのものでもあります。旅の間、飲み食いするだけでなく、田舎風景やカテドラルをスケッチしたり、旅行記を書いたりして、芸術的な生活を送りたいものです。想像性は無限です。帰国は7月中旬を予定しています。

 次回の「八代の未来を科学する会」は8月の開催を予定していますが、講師や演題が決まりしだい、ご連絡しますので、みなさまの奮ってのご出席を賜りたいと思います。
 宜しく お願い致します。

 最後に一言申し上げます。
・他人を評価するとき、資産高や社会的地位や学歴で判断するのは止めましょう。その人の心の有り様を凝視すべきです。
・お金の話題を止めましょう。自然や神々や先祖との関係性に目を向け、心を寄せましょう。お金は人を卑しくします。
・クルマを捨て、歩きましょう。時間に拘束されてはいけません。歩けば、今まで気づかなかったものが見えてきます。
・他人と比較するのを止めましょう。あなたは唯一無二の存在です。自分の価値の向上こそ、務めるべきことです。
・虚栄心も捨てましょう。世間や他人からの評価ではなく、自分に誇りち自信をもって生きましょう。
・想像力を磨きましょう。発想次第ですべては異なって見えます。過去も未来も自由に変えることができます。

では、また。
Hasta,luego.

寺岡伸章(連絡幹事)

二度目の青春

 わたしの高校時代は受験勉強に明け暮れたため、上京し大学に入学した時、好きなことができると解放感に満たされていた。大学生時代にはアカデミックなキャンパスの空気を満喫し、1000冊くらい本を読み、人生観や世界観について友人たちと夜遅くまで酒を飲みながら議論したのを覚えている。自由と真理追究の最高の時間を謳歌した。もう二度と帰らぬ充実した日々だった。

 それから35年間霞が関で公務員生活を経験し、定年退職を迎え、再び自由の身となった。今度はスローな生活を送るために故郷に戻ったのだが、1か月半が過ぎ、大学に入学した頃解放された自由な精神が再び蘇ってきた。身体の内側からエネルギーが湧いてきているのだ。何でもできるし、何でもやりたいという意欲が生まれている。
 まだ読んでいない名作を読書するのも良し、好きな絵を描き始めるのも良し、新鮮な空気を求めてハイキングするのも良し、新しい外国語を学び海外旅行に出かけるのも良し、新鮮な野菜を栽培し料理して食べるのも良し、早朝に起き散歩するのも良し、上京して美術館巡りをするのも良し、気の置けない古い友人と居酒屋で談笑するのも良し、ゴルフや卓球などの球技に戯れるのも良し、郷土の歴史を勉強するのも良し、市立博物館の学芸員の講演を聴くのも良し、自ら演台に立って何やら講演するのも良し、100キロウォーク大会に出場するのも良し、フィットネスクラブで筋トレやストレッチをやるのも良し。これからの人生は良し尽くめなのだ。どれもこれも、自由と想像性の賜物である。
 わたしは再び青春時代を享受しているのだが、どうして他の人たちは仕事を続けようと思っているのだろうか。そんなに仕事が楽しいのか。不思議で仕方がない。時間を持て余すのを心配し、再就職先を斡旋する人も数人いるのだが、要らぬお節介である。こっちは青春時代を謳歌していると言うのだが、相手は怪訝な顔をしている。信じてはもらえぬらしい。精神がすでに老化し、思考が硬直化しているのではなかろうか。
 先日あった高校の先輩は、高校のOB会の会長に指名され、憂鬱な日々を送っていると言っていたが、顔はまんざらでもないという表情だった。このような建前と本音を使い分ける「大人の世界」には興味がない。そのような閉鎖された空間が好きであれば、そこで生きればいい。ポストで自分を再評価するのを重視しているのかもしれないが、自由で開放的な精神とはかけ離れている。

 人間の歴史はあらゆる束縛から解放されることであった。貧困からの解放、古い因習や伝統からの解放、政治的抑圧からの解放、お金からの解放、名誉や虚栄からの解放。これら自由精神を束縛しようとしている種々のものから解放され、永遠の神に対峙するとき、人間は真の自由を獲得するのだ。心が解放され、あらゆる事物や事象が輝いて見えるようになる。超人になれる瞬間かもしれない。
 さて、ブログ書きを終えて、昼食を食べることとしよう。美味しい食事を愛する人と摂ることもまた、至福の時である。

(2017年5月20日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

女性は美しく逞しい

 上京し、美術館と博物館めぐりを堪能してきた。「オセローのナビ展」(三菱一号館美術館)、「茶の湯」(東京国立博物館)、「シャセリオー展」(国立西洋美術館)、「スケーエン-デンマークの芸術家村」(国立西洋美術館)、「ミュシャ展-スラヴ叙事詩」(国立新美術館)、「草間彌生の永遠の魂」(国立新美術館)、「大英自然誌博物館展」(国立科学博物館)。天才たちの才気に圧倒され、自分が如何に矮小で何も知らない存在であるかを痛感させられた。でも、これらの体験を小説や絵画に生かしていきたいものである。
 なかでも、「草間彌生の永遠の魂」はチケット購入に1時間、入場に40分も時間を消費した上で、創造性溢れる草間彌生ワールドのエネルギーに打ちのめされ、会場を後にするころにはフラフラな状態だった。上野駅近くのホテルに戻って2時間半ものシエスタを貪り、夜の席に着いたのは40分の遅刻という有様だった。

 人間は何のために生きているのだろうかという一つの回答を強烈に感じた4日間だった。人間はもっと自由で想像的であらねばならぬ。けっして会社やお金の奴隷になってはならぬ。大自然と戯れ、自らの美的表現能力を最大限発揮するとき、人間は神に近づき、魂を浄化できるのである。至福の瞬間に、人生の賛歌が聴こえる。人生は素晴らしい。生きることは奇蹟の体験である。

 それにしても、どこに行っても女性は美しく、好奇心に満ち溢れていた。鑑賞者の8割は女性だったように思う。男性が会社で想像力を摩耗させられ、凡庸になっているとき、女性は想像力を蓄え、人間力を身に付けようとしている。芸術の神・ミューゼに変身しようと企んでいる。カネを稼ぐという近視眼的なことに励んでいる男たちがミューゼに勝てるはずがないではないか。
 男は形式的に女よりも優位にあるのかもしれないが、その姿は完全に形骸化している。女は美しく賢く、かつ逞しい。男は子どものまま成長できないでいる。会社にエネルギーを吸い取られ捨てられた男は世間から孤立し、自宅に引き籠っている。その間、女たちは街に出て美味しい食事をし、楽しいおしゃべりをし、美術館で感性を磨き、デパートでショッピングを楽しみ、防腐剤入りの食べ物を避け、戦争反対のデモに参加し、ときには郊外に出て自然の中で自分を解放する。女は素晴らしい存在だ。この世はすでに女性に征服されている。
 男は朽ち果てるしかないのか。再生する手段はただ一つ。女のするように振舞え。女の愛し、熱狂する場所に行け。そこは生命エネルギーと想像性で溢れているのだ。

(2017年5月19日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

生活が第一

 定年を迎え仕事を辞めると、暇になると思っていたが、そうではないことが分かってきた。毎日の生活を送るうえで、結構忙しいのだ。
 昨日は電車に乗って、熊本市のデパートまで買い物に行った。ゴルフウェアのパンツ、半そでシャツ、アンダーウェアを買ったのだが、最終的な選択に行き着くまでどれが似合うかと妻と話し合いが続く。どれもこれも欲しいのだが、それなりの色とデザインのものに落ち着いた。
 今まで試着は面倒と思っていたが、やってみると面白い。ショッピングも楽しめるようになれそうだ。生活を充実させるための重要な要素であるにちがいない。仕事で何かを生み出すこととは異なる世界がそこにはある。仕事が価値があり、ショッピングは単なる消費にすぎないとは思えなくなってきた。それにしても、購入した3点の商品の価格はゴルフ会員権よりも高価であるのは複雑な気分だった。ゴルフは大衆のスポーツになったけれど、ファッション業界は新しいデザインと素材を創造し続けているということなのだろうか。

 わたしの買い物が終わると、妻の服を買うべく、婦人服売り場に向かった。妻のショッピングはまずフロワァー全体を一周して見渡し、その後気になったお店に入って自分のお気に入りのものを探し出そうというやり方だ。わたしも後ろから付いて歩き回ったのだが、婦人服は紳士服と違ってデザインも色彩もじつに豊富である。このような素敵な服を着た女性が街に溢れていたら、どんなに世の中は楽しいことだろうかと思った。一つ一つを念入りに見ると、デザイナーの工夫が偲ばれる。美的感覚に優れていないと気を引くものが作れない。わたしは最近絵画を描くようになったためか、構図や色彩に目が行くようになった。偏見があるかもしれないが、自分や他人の着る服に関心がないようでは、絵画は上達しないのではないかとさえ思う。
 美術クラブでも、美しい絵を描ける女性は美しい人が多いように感じる。美の追求が人生のワイフワークになっているのだろう。自分も化粧をして合致した服をまとい美しい女性でありたいし、自分の内面の感情もキャンバスに美しく描き出したいという一心なのだ。美こそ人生。なんと素晴らしいことなのだろうか。

 ショッピングを終えて、電車に乗って八代に帰ってきると、雨が降っていたが、フィットネスクラブに出かけることにした。最近は身体を柔らかくするストレッチと筋力増強の筋トレが面白い。まだ、クラブに通うようになって1か月足らずだが、少しだけ硬い身体が曲がるようになったと感じる。筋トレも負荷重量が増えて行くのは面白い。7つの筋トレマシーンで10回づつ、3セットやっている。楽と感じるマシーンは2.5キロづつ荷重を増やしていっている。限界はどこまで先にあるのだろうかと楽しみにしている。身体全体が逞しい筋肉で武装されていくような心地よい気分になる。でも、電車に乗ると席を譲ってもらうとき、複雑な気持ちになる。わたしは年寄りなのだろうか、それとも100キロを歩く超人なのだろうかと。

 ひと汗流して、帰宅すると、知り合いが新車の見積もりを持ってやってきた。わたしは運転しないが、運転手役の妻の気に入った車が決まった。トヨタのハイブリッド車のアクアにした。何回も販売店に足を運び試乗した後に、購買すべき車種が決まったのである。これで生活基盤がまた一つできたと言える。行動の範囲と機会がグンと増えることになるだろう。

 生活が第一である、と謳った政党があったが、まさにその通りである。仕事は生活に必要なお金を稼ぐ場でしかない。なるだけ多くのお金を楽して稼ぎたいのが人情であるが、どうせ拘束されるのであれば、自分の好みと能力に合ったものがいいに決まっている。でも、それが分からないのが課題である。多くの友達が定年退職のときに自分はこの仕事に合っていなかったので、ずいぶん苦労したとこぼしている。本当にそうなのかどうかは検証してみないと分からないが、人生は苦労はよく覚えているということなのかもしれない。
 他人と比較してはいけない。自分の人生は自分で切り開くしかないのだ。苦労も楽しみに変えていく柔軟な発想があるかどうかが多くのことを決するような気がする。
 今日一日はとても長かったが、でも充実していた。夢を抱いて前に進もう。

(2017年5月10日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

野性味

 日本の教育に欠けているものは野性味と思う。教室の中で教師の教えることを素直に学び、多く記憶できた生徒が優秀とされ、社会のリーダーとなっていく。教科書で扱われる知識は整理された過去のものばかりだ。きれいにまとめあげられた知識は人工的で退屈でさえある。これらを素直に学ぼうと言う生徒は忍耐力があるにちがいないが、独創的であるとは限らない。
 そもそも人間の営みは過去においても未来でも、うまく説明できないものが多い。知識として体系化されているのは、無理にある価値観で押し込められているものであり、生き生きしたものではない。自分の人生を切り開く価値観は思考実験や失敗を繰り返しながらも、自ら学んでいくしかない。それが役に立つ知識なのだ。人間関係を如何に解決していくかといった大切なことは、教室で教えられることはない。それは知識体系にまとめられないほど複雑怪奇であるからである。心が躍る重要なものほど知識になりにくい。死んでしまい役に立たない過去のものほど知識になり、教えることが容易である。

 教室を飛び出して、街に出よう。さらに郊外に行き、自然と触れ合おう。
 山奥に行けば、神々やご先祖様にも巡り合うことができる。教室の外はリアルな世界だ。そこは実践の場であり、活躍の戦場でもある。人は世間に出て、能力を発揮し、実績を積み重ねていく。各自いろいろな人々と出会いながら、人生を築いていく。人々の信頼を勝ち取るのは知識の豊富さや学齢ではなく、諸問題を解決していく上で役に立つ、生きている知見や経験を所有しているかどうかである。心に響く納得感がなければ、その人に付いていかない。それらの知見や経験は世間や自然から直接学んでいくしかない。その世間の中には尊敬できる先生や先輩や上司も含まれるため、人生の初期の段階でそのような人々に巡り合ったかどうかが大きく影響してくる。大切なものは個人レッスンを通じて教えられる。自然も頭で学ぶものではなく、体感するものである。
 平坦なトラックを速く走れることよりも、舗装されていない傾斜のある野山を着実に走れる方が大切だ。温水プールで速く泳ぐよりも、海や河川の激流の中を溺れずに泳ぐことで多くのことを学べる。自然は偉大な教師である。

 自然の中で鍛えなければ健全な危機感は身に付かない。自然は恵みを与えてくれるだけでなく、脅威を及ぼし生命を危険に陥れる。世間も同じだ。常にリスクと背中合わせである。計算や思惑通りに事が進む可能性はほとんどない。
 人間が文明化される前から生得している「野性味」を活性化することがリスクを回避させる。知識の底に横たわる真実の海の存在を感知し、それを理解することが重要である。その野性味を身に付けないことには困難を乗り越えられない。きつくなると、安易な道を選んでしまわないようにしなければならない。プレッシャー下でも、頭をフルに働かせ、アイデアを生み出していく強靭な精神力が欲しい。
 帳簿を操作し、見せかけの利益を生み出そうとする幹部は会社に要らない。消え失せろ。外部に発散されるエネルギーだけがぎらついているが、もっともらしい政策を振りかざすも知的戦略性に乏しい政治家は議会から去れ。君たちはリーダーになる資格はない。

 ニッポンはどこで人材を育てる道を誤ってしまったのだろうか。野生的思考が大切だ。ヨットから蹴落とされても、這い上がってくる逞しい者が求められている。知識や学歴が豊富でも、ひ弱で体力のない指導者は必要がない。
 野性味こそ求められている。

(2017年5月8日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

美しい人生

 100キロウォーキング大会のゴールまでの最後の休憩所に這う這うの体でやってくるウォーカーは、蟹股で、腰や背中が曲がり、表情は老人のそれである。みんな実年齢よりもまるで20歳くらい年老いたようだ。それでも眼光はゴールまで辿り着くのだと光り輝き、精神は燃えている。そして、さらに苦しみの中で10数キロ歩き通し、ゴールテープを切った瞬間に喜びが爆発する。その表情は青春真っ盛りの若者のようだ。肉体も心も美しく、光り輝いている。この一瞬の歓喜のために、それまでの地獄のような長い苦しみに耐えるのだ。それは掛値なしに美しい。

 茶の湯に使われる器は完全な形のものばかりではない。造形が崩れていたり、釉が塗ってなかったり、色彩がくすんでいたりする。でも、親しみを覚えたり、ユーモアで和み易かったり、ときには永遠を感じたりする。一体となってもいいとさえ、思えることがある。そこに永遠の美意識を感じる。器だけでなく、人生の意義や美しさが立ち上がってくる。生きている実感が溢れる瞬間でもある。

 女手一つで3人の子どもを立派に育て上げ、子どもたちから尊敬を得ている女性がいる。その生活は決して豊かでないかもしれないが、それは美しく、頭の下がることだと思う。この女性はお金には恵まれず、名もなき人であるが、それでも人生の成功者とはこのような人のことなのだと思う。人生は深遠で、味わい深い。

 昔からあるシンプルな和菓子が美味しいと感じるときがある。どうしてだろうか。洋菓子店に並ぶ着飾った高級ケーキは味が洗練されていて旨い。値段だけのことはある。多くの人々が買い求める人気商品なのだから、客観的にみて美味しいケーキに違いない。それはそれでいいし、非難するつもりは毛頭ない。でも、昔から馴染んだ和菓子の味に妙に愛着を抱き、非常に美味しく感じることがある。それはいつもとは限らない。そのときに求めている味覚にピッタリ合うときに美味しいと感じるのだろうか。左党もまた美しい人生の一つの断面である。

(2017年5月7日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...