メルマガ登録

 
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
twitter
facebook

教育

博士課程に進学しないワケ

 周辺国がきな臭くなっているなかで、日本が生き残っていくためには、安全保障でも経済活動においても科学技術力に頼らないといけないのは明白だが、残念ながら国際社会における日本の研究開発力は目に見えて低下している。主な原因は二つだ。
 一つは他国が積極的に研究開発費を増加させているなかで、日本のみがほとんど増加させていないという現実だ。もう一つは優秀な学生が科学者の将来に希望が持てず、博士課程に進学したがらないという状況だ。
 東北大学物理部門の修士課程でトップクラスで卒業する女子学生に話を聴く機会があった。
「博士課程に進学すると生活のために奨学金を受給せざるを得ないが、それは返済しなければならず、博士号取得の時点で5~600万円の借金を背負うことになる。その上さらに、運よくポスドクの資格を得て、大学や研究機関を渡り歩いたとしても、助教の定職に付くことは難しくその保証はない。じじつ、ポスドクをずっと続けている人は多く、当然給与の上昇は見込めない。人生設計の目途が立てられない。過去においては、そのような厳しい環境下でも、好きな研究に人生を賭けるという生き方もあったかもしれないが、そのようなロマンスに惹き付けられる若い人は少なくなってきていると思う。
 さらに、日本の大学は男性中心の閉鎖空間で、パワハラやセクハラの巣窟である。学生や身分の安定していない女性は自己主張したり、拒否できない掟や雰囲気がある。そのような後進的なところで、生きて行くには逞しさや柔軟性が必要であるが、それらの能力が自分に備わっているとはとても思えない。企業に入って、社会のためになる技術開発をした方が面白いのではないかと考えた。
 そんな理由から進学を断念した。迷いはなかった」

 優れた研究はお金と人材に依るところが大きい。体質を変えられない日本の研究機関に明るい将来はないのではなかろうか。有名大学の博士課程の定員割れが10年以上も続いている。大学院学生を大切に処遇しないのだから、そのツケは次世代が背負うことになる。日本人のノーベル賞受賞者はあと数年続くか、その後は稀になるに違いない。

 教育と科技政策を担う文科省の役人が隠れ天下り手法に腐心しているのだから、何をかいわんやである。うまくいくはずがない。

(2017年3月10日、寺岡伸章)
12345 (2 投票, 平均値/最大値: 3.50 / 5)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

小学校のクラスメイト

 小学校のクラスは社会の縮図だ。
 高校や大学や会社になると、ある基準や好みで選抜された人々の集合体になるため、「偏り」がでてくるが、小学校の段階では無差別に生徒が集められているため、それが将来の社会を構成するメンバーになると考えてよい。この頃のクラスの顔ぶれを思い出すと分かるのだが、勉強のできる奴、運動の得意な奴、芸術に長けている奴、周囲を楽しませるおもしろ奴がだいたい1割程度ずついて、その他6割は特技のない平凡な生徒に分類されるのではなかろうか。これは厳密に調べた訳ではなく、単なる印象に過ぎない。しかも、当時そのように分けていたのではなく、今になって振り返るとそのようになっていたと漠然と思っているに過ぎない。

 勉強のできる奴は、中学、高校、大学、社会人となるに従い、さらに選別が行われていく。最後まで勝ち残った人々は、医者、弁護士、学者、高級公務員、大企業経営者、マスメディア幹部、政治家となっていく。いわゆる世間で勝ち組と言われているエリートであるが、エスタブリシュメントとしてこの国の舵取りをする人々でもある。所得も高く、社会的地位も得ているため、威張っている。個々人をみると、競争に打ち勝ってきただけあって、優秀な人が多いが、社会的地位を勝ち取るまで競争に晒されお疲れ気味のせいか、ポストを獲得した後の競争は比較的緩い。それに比べて、これらの勝ち組に入らなかった人々は厳しい環境下におかれ、処遇もけっして楽ではない。日本のエリート達が国際比較において、劣っているのは競争が厳しくないためであると考えられる。一度あるレベルまで駆け上がってしまうと、そこは平らな高原であり、社会全体を見渡せる快適な位置なのだ。天下り問題が社会から厳しく指弾されるのは、いつまでも特権に甘んじているためである。

 勉強のできる人は合理的思考に優れているのだが、その分、どこまで深読みしているのか見当が付かず、付き合うのが疲れる。でも、運動神経、芸術的感性、人格などの他の能力は普通レベルと考えられる。エリートが社会的問題を起こすのは基本的にこのような能力の欠如に負っているのだろう。マスメディアは彼らがエリートにもかかわらず事件を起こしたという報道の仕方をするが、そもそも社会人としてのバランスを欠いているのだから、問題を起こしたとしても不思議ではない。すべての面で優れている人物は稀である。
 運動のできる人は身体を動かしているときは美しい。でも、考えることが面倒で直観に頼ってしまうところに難がある。一般に内臓も強いため酒や女に強い。つまらないプライドを気にすることがないので、楽しい友達付き合いができる。
 芸術タイプの人はエネルギーを外部に発するのではなく、内面に向ける。自己表現と芸術的創造性の発揮に情熱を傾ける。このような人との付き合いは、彼が大切にしている芸術世界に関心を示せれば、難しくはない。心の交流には価値観に寄り添うことが大事だ。
 最後が面白い人だ。人生は結局のところ楽しく過ごさなければ意味がないという発想をする群だ。お金や地位があっても、それを守るためにストレスを溜め込んだり、ウソの自分を演じたり、厚い仮面を被っていても、辛いだけでつまらないと感じる人々だ。今日も楽しいことをやろうぜというラテン系の乗りである。彼らは開放的であるため、容易に仲間に入れてくれる。酒を飲み始めればみんな友達だが、楽しいことや面白いことをやらなくては評価されない。そこが凡人には辛いところだ。

 定年退職後は自由になる。どのような人と付き合うのが楽しいだろうか。勉強タイプとの付き合いには、日頃から読書を怠らず毎月文藝春秋を読み知識の流行を把握しておかなければならない。運動タイプとは、ゴルフ、ハイキング、ウォーキング、スイムで身体を鍛え、それなりのレベルを持っていないと尊敬されない。芸術家タイプとは、小説やエッセイを書いたり、デッサンや油絵を描いたりして、美的感覚を養う必要があるだろう。創造性は人間のもっとも優れた才能だから、磨きをかけておかなければならない。面白い人々との付き合いは、雑談力で自分のユニークさを表現しつつも、やはり誰も考えない愉快なことをやらないと説得力がないだろう。雑談ではメッキはすぐ剥げそうだ。独創的な生き方とは存外難しいに違いない。オンリーワンになるためには、自己は誰かを知らなければならない。やはり、生きていくのはここがスタート地点だ。

 でも、渡る世間は鬼ばかりと若いころは思っていたが、最近は世の中は仏様と楽しい人と事で溢れていると思うようになった。わたしも少しは成長したのかも知れない。

(2017年2月22日、寺岡伸章)
12345 (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

べき論と印象派絵画

 お酒を飲みほろ酔い加減で議論をするのは楽しい。抑えていた脳の理性が麻痺し、古い基層の本能に近いところから本音が現れて来る。TPOを度外視してつまりゼロベース(前提なし)で議論できるようになる。こうなると、日頃発言するのが憚られたアイデアの敷居が低くなる。
 思わず口に出て、周囲の同意が得られ、「いいじゃないか、それ」という風になる。人間とは変な動物で、一度いいね!を出すと、素面のときでも、反対はしにくくなる。こうやって、アイデアが実現する可能性があるのだから、優秀な経営者は社員をリラックスさせる雰囲気を作ろうとする。談話室を設けたり、おしゃべりをしたくなる芸術的な部屋を作ったり、サークルや同郷会の集まりを促す。議論を活発にする雰囲気作りは効率を飛躍的に上げるのに最適である。

 でも、飲み会であまり生産的でない議論もある。典型的な例は「べき論」だ。日本は政治家のここがダメだとか、誰々は何々しなければならない、我が社はこうあるべきだとかという議論だ。
 一見もっともらしく知的なのだが、長くそればかり聞かされると、だんだんうんざりしてくることがある。共産党ではあるまいし、批判ばかりしていても、解決に向けて前に進まないのだ。でも、このような議論を展開する人は少なくない。
 知識量が多く、異なる情報を交差させて分析し、議論してくるので、迫力がある。耳をそばだてていると、議論が循環していて展開が鈍いことが分かってくる。快適さはなくなり、雑音に聞こえ始める。「べき論」の語り部は物事を新鮮な目で切り取るのが不得手なのだ。物事が解決されずに残っているのは、それが難題であるからで、脱出方法が易々と見つかることは少ない。産みの苦しみや偶然の発見が必要なのだ。

 ヨーロッパの文化はキリスト教の影響を強く受けている。科学も、音楽も、絵画も例外ではない。文化は人の心の発現なのだから、宗教心から完全に自由であるのは容易ではない。それでも、難題に挑んだ人々はいる。印象派画家だ。
 彼らは写実的であることを放棄し、心に浮かぶありのままを表現することに忠実だった。池に浮かぶ蓮、踊り子、裸で日光浴をする女性。どこにでもあるごく日常の風景だ。退屈なくらいありふれた場面であり、それが何か特別な意味を持っているわけではない。それでも、印象派画家はそれらの取るに足らない一場面を切り取り、その心に浮かぶ印象をキャンバスに素直に描いてみせた。
 そこには神の教えや人生の教訓はかけらもない。ただ、日常であるがゆえに、人々の生活感がよく表現され、かえって人生の大切な場面が映し出されている。宗教性をまったく失うことで、神から自由になり、人間存在の賛歌が聞こえてくるようだ。
 印象派の独創性はこうやって生まれたのではなかろうか。新鮮な感覚で物事を観察することが大切なのだ。べき論とは対極的な位置にあると思う。

 絵画や音楽に親しむと、思いがけないところからヒントが得られることがある。人間の行為はすべてがつながっているのだ。飲み過ぎるのは良くないが、議論に力が入りすぎるのも良くないようだ。気をつけよう。

(2017年2月15日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

熊本城(復興)マラソン

 2月19日開催の熊本城(復興)マラソン大会の出場要綱が送られてきた。本番まで1か月となり、練習量を充実さないといけないところなのだが、2週間前に風邪を引き、さらに乾燥している北京出張で悪化させてしまった。まだ風邪の症状が抜けきれないなか、昨日の土曜日に1時間走2本、今日は4時間走を終えた。解放感のお風呂と美味しいビールをいただいた。体調は元に戻っていないが、久しぶりに走れたことを素直に喜びたい。

 熊本県はわたしの故郷だが、熊本地震が起こらなければ熊本城マラソン大会に出場しなかっただろう。地震復興支援のために、被災者に元気を送りたいと還暦に関わらず走ることを決意した。ランナーも見学者も一体となって、復興を盛り上げたいものだ。行政面の支援は当然としても、地元民の復興支援を盛り上げようという気持ちが大切だと思う。残り4週間、きちんとトレーニングし、当日はベストの状態で、目標の5時間をどうにか切りたいと思っている。

 文科省を局長で退職し、2か月後に早稲田大学に就職した吉田大輔氏は天下りあっせんに違反するとして批判され同大学を辞職した。国家公務員法に違反する。吉田氏は官僚組織の中で、お神輿のように支えられ、快適な思い通りの役人人生を送ったと思われる。どうすべきか部下が適切に「指示」してくれるため、基本的にその方向に従っていれば役人として大きな間違いはしない。
 しかし、再就職に際しても、世の中は何でも自分の好都合に動くと思い込んでいたのではないのか。局長として、政治家や大学幹部や役所OBから無理難題の要求を突き付けられ、それをうまく処理することに腐心していたに違いない。そんな苦労をしたのだから、大学教授という平凡なポスト?を獲得したとしても世間は関心を示さないと油断していたのだろう。

 英国のEU離脱、トランプ米大統領登場は社会が持てる者と持たざる者に分断していることの象徴として現れた。金持ちや政治家や役人やメディアや学者などのエスタブリッシュメントは事実かどうかはともかくとしても社会正義に関心を持たず、自己の利益を追求しているという庶民の怨嗟の声は大きくなっている。英国も米国も社会の上層部と下層部の分断は激しい。これでは不安定要因になるため、安心で安定した社会を作るために両者の融和が必要なのだ。

 このような背景があるなかで、日本社会も階級に分断していくのか、それとも日本らしい一体感を保持できるかが注目されていた。そのように考えると、今回の天下り醜聞はエリート層の独断は許さないという社会の声と言えなくもない。官僚はエリート公務員として模範を示す必要があろう。

 くだんの吉田氏は人生最初の挫折となったが、まだ若い。これからの人生もまだ長い。熊本県出身者として熊本地震復興ボランティアに参画するという発想もありうる。生まれ変わったつもりで、今までのキャリアを一掃して再起を図ったらいかがだろうか。行政の支援が及ばず困っている人々は少なくない。それらの人々のために活動し、感謝される人生も悪くはない。上から目線の役人生活では得られない充実感も得られるのだろう。人生の価値観は多様なのだ。
 落ち込まず、頑張ってもらいたいものだ。

(2017年1月22日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

外は広いぞ!

 北京出張の際に、かつて日本の大学に留学し、その後も含めて16年も日本に住んでいた崔さん夫婦と食事を共にした。崔さんは北京大学医学部で脳科学の最先端の研究を行っている教授だ。60歳の半ばだ。中華料理店で日本酒を飲みながら酔って来ると、崔さん夫婦は日本で出会った一線級研究者の思い出、日本文化、日本人の礼儀正しさなどについて止めもなく誉め言葉が口から機関銃のように出てくる。当時当時お世話になった先生方の身代わりに、わたしに感謝を捧げたいと言うのだ。恐縮してしまう。

 夢のように楽しかった青春の物語が続く。それを聴いていると、日本人として誇らしくなった。日本をこんなに愛している中国人がここにいるのだ。日本人が忘れたり、失ってしまった勤勉、優しさ、品格、民度の高さが思い浮かんできた。わたしは風邪を引いていて体調が思わしくなかったのだが、心から陽気なエネルギーが湧いているようだった。素直に楽しかった。

 崔さんは科学者として研究に勤しむだけでなく、日中両国の外交問題にも関心を持っている。日本に滞在してころには親中派の政治家とも交流があったようだ。政治家の名前が次々と口をついて出てくる。現在の日中両国民の険悪な感情にも心を痛めている。わたしは正直って解決の糸口は当面見出されないと諦めの心境にある。そんな文脈の延長線上で、日中協力の仕事からもうすぐ引退する旨の話をした。

 すると、突然崔さんの顔色が変わった。さらに早口で相手国をよく理解している専門家が頑張らなくてはだめだとしゃべりだし、挙句の果てには辞めるなと怒り出した。わたしはその後、言葉を多く語らなかった。崔さんという友人を失いたくなかったためなのだ。
 崔さんのように、今まで培った中国人との人脈や6年を超える北京駐在で得た中国や中国人に対する理解度を今後も生かすべきだとわたしを諭す友人は数人いる。特に、科学技術の分野で日本はまだ中国よりも進んでいると思い込んでいる(それはすでに過去のことだ)大多数の日本国民とそれに突き動かされている政治家やメディアに対して、正しい情報を提供すべきだと言うのだ。お世辞でもそう言ってくれる人がいるのは、正直嬉しい。
 それは一理あるが、わたし以外にも適任者は大勢いると思う。若い世代にその責務をバトンタッチしたい。だらだらやるのではなく、どこかでけじめを付けないといけないと思う。

 今日のトップニュースは、文科省元局長の有名私立大学への天下り醜聞だった。この件で組織としての責任を取り、事務次官が辞任するという。役所の人事制度は長い時間をかけて天下りを前提に成り立ってきている。利害関係のある利益集団への再就職斡旋、つまり天下りは禁止されているが、際どいケースは後を絶たない。人事制度の抜本的改正がなされないままの状況では、このような事案は根絶しないかもしれない。大学の教員や民間企業の研究者は第二の人生で活躍している。役人も今まで培った経験と知見を生かして、適切な場でもう一花咲かせるのは国民総活躍社会にとって大切なことである。

 崔さんの言われることはよく分かる。引退後も、機会があるたびに、日中両国のお互いのメリットのために発言したり、行動したりしようと思っている。しかし、それでも役所の関係するところで仕事を続けることはできない。仕事に就こうが就きまいが、まったく違う世界で生きて行こうと思っている。人生は短い。同じ価値観にばかりに縛られているわけにはいかないのだ。

 外は広い。窓を開けてみようではないか。そこには大空が開けている。

(2017年1月19日、寺岡伸章)
12345 (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

言葉は何のためにあるのか

 外国語の勉強は時間がかかる割には上達が遅い。特に、日本語は世界的にみると特殊であるため、数カ国語を話せる日本人はほとんどいない。せいぜい、二カ国語だ。わたしは英語、中国語に次いでスペイン語に挑戦しているが、どこまで話せるようになるか心許ないが、この言語が突破できれば、ラテン系言語のイタリア語、ポルトガル語、フランス語に手が届くようになると思い、頑張ろうとするのだが、発音を上達させようと何回も声を出して読んでいると、ストレスが溜まり、長続きしない。原点に戻って、いったい何を目論んで外国語の習得に励んでいるのかと疑問に思ってしまう。言語とは人間にとって何なのだろうか。

 ヒトは言語が話せるようになったため、類人猿と比べて飛躍的な発展を遂げることができたとされる。理性の中核に言語が位置していると考えられているため、近代以降、言語を駆使すれば社会は精密に設計され、正しく制御されると考えられてきた。言語は最強で最善のコミュニケーションのツールであるからだ。
 でも、よく考えて欲しい。SNSで知り合っても、その人に直接会わなければ、普通信用はしない。被害者には悪いが、振込詐欺にかかるのはコミュニケーション能力の減退が背景にある。健全なコミュニケーション力があれば、電話で人を信じ込むことはないはずだ。犯人が社会から孤立した高齢者を狙うのはその盲点を突いたものだろう。コミュニケーション弱者の狙い撃ちだ。

 忘年会や新年会シーズンには仲間と会って、飲み食いしたり、談笑したりする。新年には家族が再会し、お互いにお祝いをする。高校や大学時代の同窓会も楽しい。こうやって集団の団結が強まるのだ。これらの行為は決して言葉を介して行われるものではない。会って顔を見合わせれば、心が通じるのだ。飲んで歌えば、自己の壁を越えて、集団に帰属しているという安心感を覚える。幸福な瞬間だ。
 このような人間の社会性は言語よって獲得されたものではない。ヒトは進化の過程で、お互いの感情を読み合い、集団(社会)を形成し、うまく運用することを学んだ。社会の内と外を分ける方法を学んだのだった。その社会が国や民族の場合、内と外を隔てるのは言語である。同じ言葉を話すかどうかが、重要なファクターになってくる。言語は文化を形成する基盤だからだ。そう考えると、外国語を勉強することはその高い壁を乗り越えることだから、相当の努力を要することになる。母国語は苦もなく学べても、外国語は数年以上の年限が必要だろう。

 発想を変えよう。最近の学問では、人間の感情は言語や文化や国境を越えて共通であるという考え方が広がりつつある。ヒトの進化の過程で共通の感情が先に形成され、言語はむしろずっと後になって出現したというのだ。他の個体の感情を類推することができるようになって、個体間や集団内の秩序が保たれるようになったという。言語の登場はそれを強化していき、社会の高度化に寄与したというのだそうだ。
「先に言葉あり」と信じてきたキリスト教文化圏の知識人には受け入れがたいかもしれない。

 前述した仲間内の飲み会では言語はあまり意味がない。むしろ、表情、態度、行動、歌などの非言語的なものが重要である。そう考えると、外国語の習得は何のために行うのだろうか。情報の入手や交換なのか、それとも感情の共有化や交換なのか。事実、後者を目的にする場合がほとんどだろう。前者に重きを置いた日本の英語教育が大失敗だったといのは頷ける。そもそも、言語は媒体であって翻訳可能というのは、その言語で表される情報や感情はどんな文化圏の人々でも共通性が高いからであろう。

 ここまで来ると、外国語の習得は気が楽になる。言葉は手振りをしたり、飲み食いをしながら、感情を交換するための手段にしかすぎない。豊富な感情が重要であり、それを表現したり、相手の感情を理解するのが一義的なのだ。言葉は二義的にしかすぎない。

 外国語をどこで使い、何を表現したいのだろうか。それが明確に理解されていれば、その場に相応しい外国語の単語や表現を覚えればいいということになる。目標がハッキリすれば、それに必要なものだけを学習すれば、勉強は楽になり、習得も速いに違いない。

 わたしは今勉強しているスペイン語をどこで話すのだろうか。スペイン北部のサンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂へのスペイン巡礼で迷ったときに現地の人々に道を聞くとき、アルベルゲ(簡易宿泊所)やバル(居酒屋)でスペイン人とおしゃべりをするとき、電車やバスの切符を買うとき、小さい店で買い物をするときだろうか。

 次に何が共通の話題になるだろうか。なぜ長時間をかけて苦労する巡礼に参加したのか、人生に悩みはないか、あなたがもっとも大切にしているものは何か、スピチュアリティを信じるかなどが思いつく。何か心に引っかかるものがなければ、人は巡礼にはやって来ないだろう。これらの問いに納得感をもって答えられるようスペイン語を磨かなければならない。このようなある意味で人生にとってもっとも大事なことが表現でき、やりとりができれば、スペイン語の習得は終わりだ。そう断言してもよいだろう。スペイン語で言えれば、英語でも言えるはずだ。

 さらに、日本語の歌を覚えておき恥ずかしがらずにみんなの前で披露できること、さらには簡易宿泊所の台所で日本風の料理を作り、みんなに振る舞うことが必要だろうか。

 古代から、いや文明の前の時代から、同じ鍋の飯を食べながら、飲み喰いしゃべり、歌ってきたのが、人間の社会性の形成につながったのだ。その源泉に戻ることが国際交流の原点でもある。言語は薄っぺらな手段にしか過ぎない。もしろ、感情の共有化のためのワザを磨かなければならないのだ。人を楽しませるジョークも覚えなければならない。

(2016年12月6日、寺岡伸章)
12345 (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
読み込み中 ... 読み込み中 ...