メルマガ登録

 
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
twitter
facebook

スポーツ・健康

秘境・五家荘

 九州中央の山地の五家荘は平家落人の里と晩秋の紅葉で有名なのだが、まだ行ったことがなかった。平成合併で五家荘が八代市に組み入れられ、地元の一部になって以来いつかは訪問しないといけないという気持ちばかりが募っていた。今回の帰郷が大きなチャンスになった。

 八代市で5月12~14日開催された九州国際スリーデーマーチの初日の選択の一つは前泊し五家荘の新緑を楽しむウォーキングのため、妻と二人で出かけた。総勢22名の参加があったというが、昨年は熊本地震の影響で定員に達していなかった。北海道や福島などの遠来の客も含めてこれだけの参加者が集まったのは、熊本地震復興のために地元民を元気付けようというためである。ありがたいことである。

 五家荘は渓谷も深く、鬱蒼とした森林に覆われた自然が豊かなところだった。新緑が眩しい。山桜も最後の力を振り絞って咲き誇っていた。標高1000メートルに満たないが、市内とは別世界である。道路は舗装こそしてあるが狭く、対向車とのすれ違いは離合地点まで引き返さないといけない。街を悩ましている黄砂やオキシダントは無縁な世界だ。空気が澄んでいて、爽やかである。思わず笑顔が弾ける。眉間に皺を寄せている人はいない。

 民宿のような旅館の夕食も良かった。マスの刺身、鹿肉のたたき、鹿肉の天ぷら、新鮮なタケノコ、地元の特産の豆腐、山の幸が所狭しと並ぶ。ビールや焼酎を飲みながら初対面でもすぐに古い友人のように打ち解ける。食べきれないくらい料理が次々とやってくる。他愛のない話題も何だか深遠な意味を含んでいるかのように心に響く。受ける側も深い山奥で健康的な鋭敏な感覚になっているからだろう。会話はお風呂の制限時間まで続くが、また会いたいと思わせる人ばかりだ。良い人が集まっているのではなく、秘境の里が人を良くするのだろう。心も浄化してくれているような心地よさを感じる。

 強く印象に残ったのは70歳代の元気の良さだった。歩いていてもバスの中でも会話と笑いが途切れることがない。体だけでなく、心もすこぶる健康な人たちだ。団塊の世代は幸せだったという思いが湧いてくる。自信に満ち、結束が固い。なんでも制御できると思っているし、実際にやり遂げてしまう。

 ウォーキングの終盤、雨が降ってきたが、それでもゴール地点で鑑賞した「せんだんの轟」(滝の意味)は日本滝100選に選ばれているように、見ごたえがあった。高低差は70メートル前後という話だった。

 五家荘には紅葉の季節に再訪したい。カラフルな絨毯のような山奥はふたたび心を癒してくれるに違いない。

(2017年5月13日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

生活が第一

 定年を迎え仕事を辞めると、暇になると思っていたが、そうではないことが分かってきた。毎日の生活を送るうえで、結構忙しいのだ。
 昨日は電車に乗って、熊本市のデパートまで買い物に行った。ゴルフウェアのパンツ、半そでシャツ、アンダーウェアを買ったのだが、最終的な選択に行き着くまでどれが似合うかと妻と話し合いが続く。どれもこれも欲しいのだが、それなりの色とデザインのものに落ち着いた。
 今まで試着は面倒と思っていたが、やってみると面白い。ショッピングも楽しめるようになれそうだ。生活を充実させるための重要な要素であるにちがいない。仕事で何かを生み出すこととは異なる世界がそこにはある。仕事が価値があり、ショッピングは単なる消費にすぎないとは思えなくなってきた。それにしても、購入した3点の商品の価格はゴルフ会員権よりも高価であるのは複雑な気分だった。ゴルフは大衆のスポーツになったけれど、ファッション業界は新しいデザインと素材を創造し続けているということなのだろうか。

 わたしの買い物が終わると、妻の服を買うべく、婦人服売り場に向かった。妻のショッピングはまずフロワァー全体を一周して見渡し、その後気になったお店に入って自分のお気に入りのものを探し出そうというやり方だ。わたしも後ろから付いて歩き回ったのだが、婦人服は紳士服と違ってデザインも色彩もじつに豊富である。このような素敵な服を着た女性が街に溢れていたら、どんなに世の中は楽しいことだろうかと思った。一つ一つを念入りに見ると、デザイナーの工夫が偲ばれる。美的感覚に優れていないと気を引くものが作れない。わたしは最近絵画を描くようになったためか、構図や色彩に目が行くようになった。偏見があるかもしれないが、自分や他人の着る服に関心がないようでは、絵画は上達しないのではないかとさえ思う。
 美術クラブでも、美しい絵を描ける女性は美しい人が多いように感じる。美の追求が人生のワイフワークになっているのだろう。自分も化粧をして合致した服をまとい美しい女性でありたいし、自分の内面の感情もキャンバスに美しく描き出したいという一心なのだ。美こそ人生。なんと素晴らしいことなのだろうか。

 ショッピングを終えて、電車に乗って八代に帰ってきると、雨が降っていたが、フィットネスクラブに出かけることにした。最近は身体を柔らかくするストレッチと筋力増強の筋トレが面白い。まだ、クラブに通うようになって1か月足らずだが、少しだけ硬い身体が曲がるようになったと感じる。筋トレも負荷重量が増えて行くのは面白い。7つの筋トレマシーンで10回づつ、3セットやっている。楽と感じるマシーンは2.5キロづつ荷重を増やしていっている。限界はどこまで先にあるのだろうかと楽しみにしている。身体全体が逞しい筋肉で武装されていくような心地よい気分になる。でも、電車に乗ると席を譲ってもらうとき、複雑な気持ちになる。わたしは年寄りなのだろうか、それとも100キロを歩く超人なのだろうかと。

 ひと汗流して、帰宅すると、知り合いが新車の見積もりを持ってやってきた。わたしは運転しないが、運転手役の妻の気に入った車が決まった。トヨタのハイブリッド車のアクアにした。何回も販売店に足を運び試乗した後に、購買すべき車種が決まったのである。これで生活基盤がまた一つできたと言える。行動の範囲と機会がグンと増えることになるだろう。

 生活が第一である、と謳った政党があったが、まさにその通りである。仕事は生活に必要なお金を稼ぐ場でしかない。なるだけ多くのお金を楽して稼ぎたいのが人情であるが、どうせ拘束されるのであれば、自分の好みと能力に合ったものがいいに決まっている。でも、それが分からないのが課題である。多くの友達が定年退職のときに自分はこの仕事に合っていなかったので、ずいぶん苦労したとこぼしている。本当にそうなのかどうかは検証してみないと分からないが、人生は苦労はよく覚えているということなのかもしれない。
 他人と比較してはいけない。自分の人生は自分で切り開くしかないのだ。苦労も楽しみに変えていく柔軟な発想があるかどうかが多くのことを決するような気がする。
 今日一日はとても長かったが、でも充実していた。夢を抱いて前に進もう。

(2017年5月10日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

コーチング

 野球やサッカーの選手が上手くなるために、引退したベテランが技術を伝達するのをコーチングと呼ぶが、これはスポーツに限ったことではない。役に立たないコーチングもある。それは友人によるゴルフのコーチングかもしれない。言われるままにやろうものなら、スイングがバラバラにされて、ポイと捨てられるのが落ちだ。彼らにはこれぽっちも加害者意識がないのはさらに悪いのだが。

 仕事においては、効率的・効果的にに行うには、はやりコツみたいなものが存在する。業務を素早く終えて、早く帰りたいし、高いパフォーマンスを上げて出世したいと思うのは人情だろう。でも、その業務の背景や必要性や意義をきちんと理解していないと、どのように、どこまで課題を解決していいか分からない。ポイントを抑えていないと、無駄な作業をしたり、間違った判断をしてしまう恐れがある。だから、仕事のやり方に精通しているエキスパートに教えてもらえると、本当に有り難い。このようなノウハウにはお金を支払っても高くはなかろう。将来の自分への投資である。このような仕事上のコーチングは日本ではあまり普及していない。先輩や上司から指示されながら、仕事を覚えていくという風土が日本の会社にあるためと思われるが、先輩達がつねに正しいとは限らない。もっと合理的、科学的アプローチがある可能性は低くない。米国ではエグゼクティブ候補者を対象にしたコーチングが普及していると聞いたことがある。

 健康長寿は高齢者だけでなく若い人の高い関心事と言われるようになった。日本人の平均寿命は83歳と世界一を誇っているが、海外の大学の調査によると、2030年には韓国が世界一になり、日本は今よりは伸びるものの世界11位まで落ちるとの予想が最近発表された。理由はよく分からないが、日本人の平均寿命の伸びは勢いが鈍ってきているらしい。海外に比べて規制が緩い農薬や食品添加物の大量使用がじわりと効いてきているのかもしれない。ミツバチの減少で受粉が少なくなっているのは特定の農薬のためだとされるが、政府の腰は重い。

 話はコーチングに戻るが、健康増進コーチングがあってもいいと思うのはわたしだけではなかろう。体質に合った栄養と食事の摂り方、運動の量と質のメニューの提案、病気や医者との付き合い方、精神的生き甲斐探し、死ぬまでの人生設計、資産の運用はどれも健康に大きく影響している。これらを総合的に判断するには相当な知識と経験が必要であるが、不可能というものでもない。一人でコーチングできないのであれば、2~3人のチームを作ってその人に対してコーチングすればよかろう。会社組織にすれば、儲かるのではなかろうか。需要は確実にあると思う。かつては、このようなことは親がアドバイスしてくれたものだが、核家族化し関係が希薄になったこともあるが、最新の科学的知見を踏まえたコーチングとなると、専門家に依存しなければならない。金持ちはいつも得をするように世の中は作られている。

 もし健康コーチングの費用支出を防ぎたいのであれば、質の良い友人を持ち、お互いに経験や知識を交換し合い、自分に合ったものを積極的に取り入れていくことだ。飲み食いの費用だけで、ただの情報が得られるのが嬉しい。ただし、コーチングは権威があるのでその指示に従うが、友人からの忠告に素直になれるかは個人しだいということになる。自分に甘い人には馬耳東風だろう。豚に真珠かな。

 コーチングは突き詰めていくと、人生の何に価値があるということを自分で決められず、指示を待つ人が出かねない。ストレスを溜め、自分が見いだせないノウハウ重視の人には救いの手かもしれない。自分に合わないことに挑戦し続けて、失敗し、傷つくよりも楽しい人生を送れそうだ。そこまで極端でなくても、数百パターンの生き方の一覧表から自分に合った職業や趣味をコーチに選択してもらうというやり方もあるだろう。
 遺伝子分析や知能指数や運動能力を踏まえて科学的に分析すれば、高い確率で「正解」に当たるはずだ。そのようなコーチングは急速に発展している人工知能がもっとも得意とするところかもしれない。

 他人のことは客観的に判断できても、自分のことは分かりにくい。年齢を重ね智恵がつき自分を正しく理解できるころにはすでに手遅れの場合が大半だ。
 たかがコーチング、されどコーチングなのかもしれない。

(2017年3月3日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

肌年齢

 熊本城マラソン大会の前日、会場の花畑公園にゼッケンを受け取りに行った際、第一生命のブースでお肌年齢を計測をしてもらう機会があった。頬と掌をセンサーに当て、10秒ほどで結果が分かる。係の人の話では、肌表面の水分量や電導度で肌の若さを測定するという。肌の年齢は加齢とともに、緩やかなカーブを描いて衰えていく。平均的な計測値と年齢の相関のグラフは実測値をベースに完成しているので、被験者の計測値が得られれば、その人のお肌年齢が分かるという仕組みだ。

 列に並んで15分くらいだ過ぎた。二人前の女性はお肌年齢は50歳と計測器がはじき出した。でも、50歳よりは若く見える。本人はショックだったのだろうか、うつむき加減に会場を後にして行った。
 わたしの前の男性のお肌年齢は65歳と判断された。この男性も65歳よりもずいぶん若そうに見える。わたしは結果を恐れ、たじろぎ、その場から消え去りたかった。でも、そんな気持ちを隠すように、
「わたしのお肌年齢は100歳くらいかな」と独り言を言った。
「そんなことはないですよ。でも、この機械は実際よりも厳し過ぎる値が出るようなんです」と係の女性は慰めるように言った。
「手心を加えて、被験者が喜ぶような値を出さないと、第一生命の保険が売れませんよ」とわたしは強がりを言ったが、それには返答がなかった。

 測定の前に、年齢、身長、体重、運動頻度などの情報を入力する。それが終わると、左右の頬と掌の4カ所に金属センサーを当てて測定をするのだ。グラフが少しずつ描き出されていく。ドキドキする。
「いい結果かもしれませんね」係の女性の明るい声が飛び出す。それから、細長い紙が印刷されるのだ。女性はそれをちぎり取ると、
「凄い! A判定ですよ」と大きな声を出す。
 わたしは測定値の紙を受け取った、年齢よりも11歳も若い結果だ。心が跳ね上がった。思わず、
「第一生命に鞍替えしようかな」という軽口も飛び出す。
 わたしは年甲斐も無く、浮き浮きした気分でその場を離れた。

 お肌の大敵は紫外線と乾燥だと言われる。でも、屋外での活動が多い割には、紫外線対策はまったくやっていない(お陰でシミが増えた)し、化粧水を塗るなどの乾燥対策も皆無だ。それにもかかわらず、今回好成績が得られた理由はよく分からないが、よく運動をしているため代謝年齢が若いからではないだろうか。
 精神年齢はもっと若い(バカい)が、今回は測定対象外である。心の若さを測定する装置があってもよいと思う。身体の若さを左右するのは難しいが、心を操作する方が優しいかも知れない。
 自然や芸術を愛し感性を磨くこと、人の良い面を観察し褒めてあげること、そして努力を怠らず他人と比較せず誇りを持って生きること。これらが心の若さを決定つけているような気がする。
 そして、おそらく、お肌と心の年齢には強い相関関係があるのだろう。病気は気からと言うが、お肌年齢も気持ちからだ。厚く上塗りしても実態を覆い隠すことはできない。

 若いお肌年齢の測定結果のお陰で心も軽くなり、翌日のマラソンも気持ちよく走ることができた。長距離走もやはり心の状態が大切なのだ。

(2017年2月21日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

GDP27位の国

 東芝は解体的危機に瀕している。米の原子力事業会社買収はまったく間違った判断であった。7千億円規模の欠損を記録し、その重みのため債務超過になった可能性が高い。倒産だ。経営者はいったい何をしていたのだろうか。原子力ルネッサンスという言葉に惑わされたのか、買収先の経理情報が隠蔽されていたのか。それにしても、それを見破れなかった経営者責任は負うべきである。
 かつて日本型経営は長期的視点で投資を行う、株主でなく従業員やクライアントや取引先を大切にするなど好意的に評価されてきたが、雲行きは怪しい。三菱自動車、シャープ、三洋など経営が破綻し、外資に買収されているのではないか。もの作り日本の敗北であるが、大方の日本人はそれを認めようとしていない。

 日本のGDP規模は世界3位だが、一人当たりのGDPは世界27位(2014年)まで転落した。4万ドルを切る直前にある。シンガポールにははるかに及ばず、香港にも抜かれている。28位はイタリア、29位はスペイン、30位は韓国が迫っている。もはや経済は一流とはとても言えない。少子高齢化と格差拡大の厚い雲が日本を暗くしているが、国民は政府に対してデモを起こすでもなく静かにしている。自宅に引きこもり、自然死を待っているのだろうか。

 国力が衰えているこんな状態で科学技術力が維持できるはずがない。もはや博士号を取得できる層は金持ちの師弟になっている。普通のサラリーマンは子どもを28歳まで養えるお金がないし、国の支援も貧弱である。お隣の中国ではまだ貧乏な子どもでも優秀であれば、学者になる夢が叶えられるのだ。教育は国家百年の計と言うが、為政者の眼力が異なるようだ。

 マスメディアにも危機感がない。日本人は凄いぞという番組を垂れ流したり、魅力的な国ニッポンに外国人が押し寄せているニュースばかりだ。国民全体が国力の低下から目をそらしているのはわたしの偏見なのだろうか。負の側面を見せない国家レベルの情報統制が行われているのではないかと疑ってしまう。大陸の国を嗤う資格はないのだ。

 今年はスペイン巡礼で40日間以上を過ごす予定だ。物価は安いと聞いていたが、数年後には円がもっと安くなり、スペイン貧乏旅行はできなくなるかもしれない。
 16年前にバンコクに駐在していときには、老後はチェンマイに別荘を購入し、毎日ゴルフをやりたいと夢を描いていたが、今では日本の田舎の方が安い。4000円以内で1ラウンドできるコースも多々あるが、団塊の世代がゴルフを引退する数年後にはもっと価格は下がるだろう。タイ移住の夢はあっけなく消えた。ゴルフ場は大方外資に買収されているが、日本の田舎が一番だ。

 人口が減少し、平均年齢が上がる状況下で、国力を上昇させる妙案はない。政策ではどうにもなりそうもない。
 GDPは低くても、豊かな社会を目指すしかない。お金のかからない心が豊かに感じる活動を増やしていこう。発想を変えて、貨幣を使わないようにしよう。家庭の外へのアウトソーシングをやめるのだ 。
 お祭りに参加しよう、地方の歴史を勉強しよう、天気の良い日にはハイキングに行こう、絵を描いたり音楽を演奏したりしよう、仲間が集まって野外で料理をして笑顔で飲食しよう、早朝に散歩しラジオ体操をやろう、貧しい家庭の子どもには勉強を教えてあげよう、家庭菜園で余ったものは近所にお裾分けしよう、環境保護活動に参加しよう、無料の講演会に行って勉強しよう、防犯や防災も自分たちでやろう、毎朝笑顔で挨拶しよう。
 そうやればお金はなくても、楽しい人生を送れるはずだ。

 今までの価値観とやり方を捨てなければ、未来はやって来ない。

(2017年2月15日、寺岡伸章)
12345 (2 投票, 平均値/最大値: 3.50 / 5)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

スペイン語

 スペイン語を勉強し始めて、4か月が過ぎた。上達は若いころよりもずいぶん遅いが、それでも新しい言語学習は新しい世界を切り拓いてくれた。英語や中国語やタイ語を学んだとき、新しい文化や価値観を知ったのと同じだ。新しい言語に挑戦するのはたしかに骨の折れることだが、それでも投資した時間と手間に匹敵するものを得ることができる。

 ぼくがスペイン語を学ぶきっかけになったのは、北スペインのカソリックの聖地・サンティアゴ・デ・コンポステーラの大聖堂までの800キロを歩こうという目標を設定したからだ。それを設定したのは100キロウォーク大会に向けて適切な練習方法がないかと探していたのが動機だった。毎日10キロ近いリュックを背負い25キロ前後の田舎道を歩けば、足の筋力は強化されるに違いない。100キロウォーク大会を知ったのはネット上だったが、スペイン巡礼の存在を知るのもネットのお蔭だった。

 スペイン語の学習はNHKのラジオとテレビを視聴しながらのものだ。語学教室に行く時間もお金のもないためなのだが、それでも真面目にやればそれなりの効果がある。簡単な挨拶表現を覚え、知っている単語が増えてくると、学習意欲が増す。でも、覚えてもすぐに忘れてしまうので、忍耐が必要だ。新しい単語を小さいメモ帳に書き込み、飛行機や地下鉄の中や散髪屋で待っているときに、少しずつ覚えていく。まるで学生時代に戻ったような気分だが、新鮮な気持ちになれる。記憶力が落ち、覚えが悪い落第生かもしれないが。

 スペイン語学習は当然のようにスペインの文化、歴史、小説、絵画、音楽、映画、食文化の世界へと導いてくれる。スペイン巡礼を題材にした小説『星の巡礼』(パウロ・コエーリョ)は人生の道標を見つけるための著者の旅で非常に面白かった。実際にスペイン巡礼に出かけてもこの小説の世界を追体験することはあるまい。パウロの巡礼世界が凝縮している。この作品に導かれるように彼の『アルケミスト』も読んだ。少年の冒険小説として世界的なベストセラーになった作品だ。好奇心に溢れる少年に人生とは何だと教えてくれていると思う。

 スペイン巡礼の途上、パンプローナという街を通過する。これは命懸けの牛追い祭りで世界的に有名なのだが、最初に小説に書いたのはヘミングウェイの処女長編小説『日また昇る』だ。これも限りなく私小説に近いのだが、まだ読んでいないことに気が付いた。名作は大人になるまでに読まないと、その機会を永遠に失ってしまうものだ。
 詳細な描写を削り取ったヘミングウェイの作風は当時話題を集めたことであろう。酒、釣り、女、色沙汰、喧嘩、そして闘牛に身を任せたヘミングウェイの青春が再現されている。このような自由奔放な生き方は管理された現代では経験できないのかもしれない。熱気が漂う小説だ。なお、この小説の名前は当初『祭り(フィエスタ)』として出版されたらしい。途中から『日はまた昇る』に変更されたのだった。

 スペインは絵画の世界でも有名だ。マドリードのプラド美術館のベラスケスの絵画にはぜひ再会したいものだ。実現できれば35年ぶりの面会ということになる。今回は妻をこの名画の世界に案内する役も担うことになる。
 昨年観に行った六本木の美術館開催のダリ展も良かった。会場ではダリの世界が爆発していたのだが、でも何だか鬱陶しさを覚えたのはダリの創作エネルギーを受けとるエネルギーがぼくからすでに失われているからなのかもしれないと思った。

 スペイン語の成果を試すためにスペイン語の映画もいくつか観た。『ラスト・タンゴ』、『パコ・デ・ルシア』、『ミューズ・アカデミア』、『ジュリエッタ』、『トーク・トゥ・ハー』だ。いずれも駄作はなく、感銘を受けた作品群だ。分かりやすいハリウッド映画に毒されていたぼくの頭脳を新鮮にくれたのだ。映画の可能性は広い。
 スペイン語の聞き取りは少し成果があった。日本語字幕を見ながら聞くのだが、ときおり理解できるスペイン語が耳に飛び込んでくると心地よい。上達の証が見えた。そういえば、トランプ大統領がメキシコとの国境線沿いに壁を作り、それをメキシコに負担させると発言したとき、テレビでメキシコ大統領が反論していた。もちろん、スペイン語で。その一部を聴き取れたとき、素直に嬉しかった。

 言葉は文化の基層にある。言葉を勉強することはその国の文化に触れる直接的な方法である。
 Pasarlo bien.
 これは「楽しく過ごす」という意味だ。人生は楽しくなくては意味がないというラテン系の人々らしい考え方だ。6月上旬スペイン入国後の最初の宿泊予定地は美食の街・サンセバスティアンだ。バル巡りをしながら美味しい食事を楽しみたい。時差ボケで少し眠たいかもしれないが。

 眠気はスペイン語でsuenoと言うが、これが現地で最初に使うスペイン語になるのだろうか。それでも構わない。suenoには夢という別の意味もある。夢のようなスペイン巡礼を楽しみたいものである。

(2017年2月12日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...