メルマガ登録

 
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
twitter
facebook

八代市の再生

豊穣な不知火海

「う、うち、は、く、口が、良う、も、もとら、ん。案じ、加え、て聴いて、はいよ。う、海の上、は、ほ、ほん、に、よかった」

 水俣病は経済至上主義による不知火海沿岸住民の生活の侵略であり、ジェノサイドであった。筆舌に尽くしがたい苦しみと恨みを抱いて死んでいった水俣病患者と今なお理不尽な生と戦っている患者の存在は文明病の象徴である。

『苦海浄土』の筆者の石牟礼道子は今年2月亡くなった。詩を書くのが大好きだった彼女は水俣病と出会わなければ、平凡な主婦としてその一生を終えていたであろう。でも、石牟礼が語るように、彼女は語ることのできない死者や患者に捕まって、彼らの目に見えないもの、語り難いものを言葉で表現していった。

 水俣病の全貌はまだ解明されていないが、水俣病は近代化の醜い面を暴き出した。会社は原因が分かっていた排水を海に放出し続けた。行政はなかなか動こうとしなかった。市民は患者を辱め、差別し、忘れようとした。会社が潰れれば、水俣は黄昏の闇になるとチッソを擁護した。

 会社も行政もメディアも患者の病態のみに注視し、その魂には関心が向かない。私たちは群れると真実が見えなくなる。誰もが会社や行政の幹部であったならば、同じ振る舞いをしていたであろう。私たちはシステムの一員として存在しているからだ。何事でも真実を知りたければ、個になる必要がある。孤独を恐れてはならない。

 会社をモンスターにしたのは、私たちが豊かさと便利を求めているがためである。そういう意味では私たちはもう一人のチッソだった。

 患者の一部は激高し、「チッソの社長や幹部、さらにはその家族に工場廃液を飲ませて、水俣病にしてやる。同じ苦しみを味わわせてやる」と叫んだ、それは言ってはならない悪霊の言葉だった。無辜の民をここまで追いやった正体はいったい何なのか。冷静に見れば、社長も凡人で、普通の家族を持っているに過ぎない。けっして悪人ではない。

 患者は当たり前に生きることを閉ざされた。心を通わせて生きることを奪われた。たった一枚の桜の花びらを拾うのが患者の望みだった。苦しみと恨みに心を支配されていても、それでも彼らは「世界は美しい」と石牟礼に語らせた。

 石牟礼は豊穣で、美しい不知火海沿岸の人々を書き続けた。いのちの意味を問い続けた。生命、自然、歴史とのつながりを大切にしようとした。自然や患者とつながっていると感じた瞬間、人は他者に起こった出来事を我が事として考えるようになる。石牟礼が命を懸けた文学の意義はここにあったのではなかろうか。

 ある患者は「許すことにしました」と語る。「人を憎むのは心身によくない。チッソも私たちを蔑んだ人々も許します。全部引き受けます、私たちが」

 この人こそ、来世は観音様か仏様に生まれ変わるに違いない。

 「水俣病患者の存在が水俣を暗くしている」と嗤っていた看護婦たちは中年期になると、手の自由の効かなくなり、水俣被害者手帳を持つ羽目になろうとは想像だにしなかった。現在、水俣市民の50歳以上の半数以上は被害者手帳を持っている。水俣病は終わっていない。

「魚は天のくれらすもんでござす。天のくれらすもんを、ただで、わが要ると思うしことって、その日を暮らす。これより上の栄華のどこにゆけばあろうかい」

 水俣病発生の前の漁師の言葉である。私は水俣病患者のためにも、浄土であるこの世を一瞬たりとも無駄にせず生きていきたい。

 有機水銀を含んだヘドロの海を埋め立てた親水公園に立つと、恋路島の向こうに静かな八代海と天草の島々が見えた。八代海の底ではゆうひらと言う真水が海に栄養を与えていて、「魚湧く海」とも呼ばれている。そこには今でも美しい竜宮城が広がっているに違いない。(了)

野生の鹿発見

 先日、朝9時過ぎ山間を縫うように走る県道を歩いていたら、野生の鹿と遭遇した。鹿は作物に被害を及ぼすため、集落に降りてこないように網を巡らせてあるのだが、どういうわけか網の内側の街側にいて、山に戻ろうと網伝いに歩いているところだった。私が近づくと、焦ったように走り回るのだが、網が破れた穴は発見できないでいるようだった。目には焦りが感じられた。地元の人に見つかると、処分されるのだろうか。

 その数日後、今度は日の出前から山間の薩摩街道沿いに歩いていたら、何者かの足音が聞こえた。人間ではないらしい。音のするほうを見ると、鹿が2頭街道沿いに逃げて去っていくではないか。鹿は夜行性であるため、夜中と夜明け前に活発に活動すると聞いていたが、自然の恵みに立ち会うことになった。

 人口が減少し、人間活動が自然から退潮するに従い、その空白を埋めるように、自然が帰ってくる。野生動物もその一つなのだ。

 散歩道の途中、水無川で鴨5匹が遊んでいるのを見かける。今日はいるのかと再会を楽しみにしている。川の中で列をなして泳いだり、河川敷で休んでいたり、道路に上がって冒険に出かけたりしている。民家に入っていくのをみかけたこともあるが、誰かが餌付けをしているのだろうか。歩き方や仕草が可愛くて仕方がない。

 我が家でも自然を体験することが多い。庭では蝶や蜘蛛だけでなく、トカゲや蛇を見かけるだけでなく、それらを狙うカラスや大型の鳥類までやってくる。除草剤を使っていないため、生き物の天国なのだろうか。家の中にはゴキブリだけでなく、ヤモリ、蜘蛛まで住み着いている。もしかしたら、天井裏にハクビシンでも住んでいるのではないかという冗談まで家族の会話に飛び出す。

 それにしても、今年の夏は蝉が意外に少なかったことを思い出す。これも異変だったのだろうか。自然は人間の思い通りにはならない。うまく共存することが大切なのだろう。

 今夜は中秋の名月を愛でた。満月は2日後だが、十分美しい月を楽しむことができた。年を重ねるごとに月の美しさが身に沁みる。ありがたや、お月様。田舎生活は優雅で楽しい。

(2017年10月4日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

もったいなか箱

 毎朝私がやっていることは、1万歩歩くことと生ごみの処理である。生ごみの処理方法は、もったいなか箱と言われる縦横それぞれ50センチ、80センチくらいの微生物のいる土の箱に家庭で出た生ごみを入れ、土とよくかき混ぜるのだ。土の表面を6等分してあるから、毎日一か所づつ生ごみを捨てると、7日後には元の場所に戻ってくる。そこを掘り返してみると、一週間前に捨てた生ごみはほとんど元の形状をしていない。微生物の分解能力に驚いてしまう。

 もったいなか箱は一石二鳥の役割を担う。一石目は、生ごみを出さず、市の処理負担を軽減すること。二石目は、肥沃な肥料を作ることだ。1年後には優れた肥料が出きるというから今から楽しみである。自宅の猫の額ほどの畑に撒いて、家庭菜園をやってみたいものだ。きっと美味しい野菜や果物ができるに違いない。

 なお、八代市内で230個のもったいなか箱が使われているという。もっと多くのもったいなか箱が普及すれば、市民の意識も高まり、健康も向上するだろう。

 自然の物質循環力をフルに活用し、自然が生む作物を食すれば健康で頑丈な身体を維持できるはずだ。自然が発揮している生命力を精一杯吸収すれば、身体も精神も生き生きである。自然から切り離されたものも概念も本物にはなり得ない。
 これが本当の自然主義思想である。

(2017年10月2日、寺岡伸章)
12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

船出浮き

 地元八代に「船出浮き」という漁師によるイベントがある。小さい漁船を少人数で貸し切って、八代海(不知火海とも呼ぶ)に出航し、前日に仕掛けた網にかかった渡り蟹を引き挙げるのである。観光客は見ているだけなのだが、どれだけ大きい蟹がかかっているかと胸を膨らませるだけでも楽しい。

 そのあと、八代海に浮かぶ無人島に上陸し、漁師さんが作ってくれている料理を召し上がることになる。魚づくしだ。
 ヒラメの刺身、茹でた渡り蟹、イカの姿焼き、魚肉のハンバーガー、イカ飯、煮魚、南蛮漬け、エビの塩焼き、エビ天ぷら、エビの味噌汁などが出された。定員5名では到底食べられない。15人前にくらいあるほど大量の料理だ。
 網で獲れた渡り蟹やヒラメも持参した保冷パックに入れていただいた。当然、持ち帰りになるのだが、自宅で毎食茹でた渡り蟹を食べても2、3日かかった。私は蟹が大好物なのだが、食べ過ぎてお腹を壊しても、食べ続けたのだから我ながら呆れてしまう。

 持ち帰った食べきれそうもない魚料理は近所にお裾分けすることにした。すると、各家からお返しとして、苦瓜、スイカ、キュウリ、カボチャ、お菓子などをいただいた。魚介類が野菜に化けてしまった格好になる。まさに、物々交換だ。原始的な経済活動なのだが、なんだかほのぼのとして嬉しい。

 田舎の生活は近所との物々交換が楽しみの一つである。モノを交換しつつ、気持ちや配慮も交換していることになる。匿名性の人間関係の都会では味わえないものだ。

 また、来年も船出浮きに出かけたい。

(2017年9月21日、寺岡伸章)
12345 (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

人生100年時代

 ○○××博さま、いつも鋭いご指摘に感銘を受けています。 

 昨日は早朝からゴルフラウンド(スコアは秘密)、昼寝の後で地元の製紙工場見学、夕刻から工場主催の夏祭りを堪能してきました。福引では木下サーカスの無料券を2枚ゲットしましたので、良い一日となりました。

 今年4月の帰郷後は特定の活動に専念することなく、まずはできるだけ多様な活動に顔を出し、人的ネットワークの拡大を行っているところです。フィットネスクラブに週に2~3回、ゴルフ週に1~2回、美術クラブ週1回、文芸クラブの合評会月1回、小生主催の勉強会年数回、高校OBのハイキング月1回に参加しています。その他、市立博物館の友の会会員、商店街主催のウォーキングラリー、歩け歩け大会などにも参加。スポーツと芸術のバランスを上手く取るのに苦労しますが、優れた人材にも巡り合い、良い交流ができると楽しみにしています。

 毎朝NHKの語学講座で外国語の習得に励んでいますが、こちらは継続することに意味がありますので、ボチボチと言ったところです。海外駐在経験8年半の私にとって、海外は私のライフワークの一つですので語学学習は必須です。
 また、行政経験が長かったせいもあり、自治体の首長や議員をやったらどうかという誘いもありますが、カリスマ性に欠け、かつ実現すべき未来が「見えない」ため、うまく当選したとしても、特別にユニークなことはできないと思っています。政治や行政は権力が好きな人に任せましょう。

 それに今までの延長線上で人生を生きるよりは、学生の頃の気持ちに立ち返り、新しいタイプの人生を切り拓いていきたいものです。それがどのようなものであるかは、私にも具体的にイメージできませんが、少なくとも人類が遺してきた「遺産」は人生を豊かにするものばかります。それを十分享受しない手はありません。人生100年時代にふさわしい生き方とはどうあるべきか、模索と挑戦が続きます。自分にしかできないオンリーワンの生き方があるはずです。
 そうは言っても、まずは今日1日を大切にして有意義に生きることですが大切ですが。余談ですが、今秋四国のお遍路の「通し打ち」を企画中です。自由人の私には長旅が合っているようです。
 
 新時代にふさわしい後輩たちのモデルとなる生き方ができれば、最高ですね。

(2017年8月23日、寺岡伸章)
12345 (2 投票, 平均値/最大値: 3.00 / 5)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

八代市長選挙結果予想

 8月27日の八代市長選挙は現職の市長と「幸村かよこ」市会議員の一騎打ちとなる。
 8月10日八代ハーモニーホールで開催された幸村かよこ氏の総決起大会には500名近い支援が集い、暑い熱気に包まれた。現職市長がお盆休みの前の繁忙期に、嫌がる土建業関係者の組織動員によってやっと会場を満員にしたのに比べると、幸村かよこ氏の総決起大会は組織動員に頼らず、個人の意思でやってきて満員になったのは意義深い。「判断せず、決断できず、責任を取らない」市長の行政手腕に対する不満が市内に渦巻いているためである。

 幸村かよこ氏を市長選候補者として推挙したのは17名の市会議員である。その中には、市長の元支援者もいたのだが、あまりにも行政手腕のなさに憤慨し、野党の市会議員団に転じたものもいる。現在、八代市の市議会はねじれ現象にある。市長選と同時に開催される市議会議員選において17名の市会議員が結束すれば、八代市初の女性市長の誕生が実現する。

 熊本県第二の都市八代市の有権者数は10万8千人である。現職市長を押す保守系グループの過去3回の得票数は3万9千票で変わりはなく一定である。それに対抗する非保守系の候補者の成績は1勝2敗という結果である。つまり、投票率が高くなれば、非保守系の勝利に終わるのだ。その投票率の分岐点は73%となる。市長選及び市議会選に対する市民の関心が高くなれば、投票率は73%をゆうに超すに違いない。市会議員の定数は今回から削減される一方で、候補者数は増加する見込みだ。立候補者のうち9~10名は落選するという激戦が予想されるため、票の掘り起こしのため投票率はグンとアップすると言われている。

 では、投票率を高くするための方法は何か。
 幸村かよこ陣営は、業界や特定の利益団体に左右されている市の行政を市民のための行政に戻すべく「市民ファースト」を掲げている。選挙カーは小池ゆりこ都知事選候補が使用した総ガラス窓のクルマを用意していある。一部の業界に牛耳られている市政を是正し、透明性を高めようという狙いである。女性ならではの発想である。仙台市長も横浜市長も女性である。女性が当選するのは、女性の労働環境、子育てや介護の現場の実情を肌身で感じ取り、それを行政に反映しようという機運が盛り上がっているためと考えられる。女性の方が細かいところまで気配りができ、粘り強く問題に取り組む能力が備わっている。経済成長が見込まない中で、地道に発想する女性が主導して政治や行政を進めていく時代がやってきている。

 選挙に行こう。古いおじさんの発想を打ち破ろう。現役子育て世代や高齢者に優しい行政こそ時代の要請である。
 幸村かよこ氏の公約は次の三つだ。

〇八代港の充実を基盤とした経済浮揚-貿易の拡大と観光地の強化、地場企業と農林水産業の振興で雇用拡大
〇子育て支援強化と加速する高齢化社会の対応-学校給食費の無料化と学童保育に充実、予防医療と終末医療の充実
〇透明性のある市庁舎建設の推進-災害時の対応拠点の強化、地元業者を活用した建設計画の見直し

 大型クルーズ船の年間100回八代港着岸はすぐそこまで迫っている。八代が内外に開かれた街になる機会だ。活力があり、八代に生まれて、育って、死んでよかったと思える街作りを目指していきたいものだ。

(2017年8月13日、寺岡伸章)
12345 (6 投票, 平均値/最大値: 3.50 / 5)
読み込み中 ... 読み込み中 ...